HOME > mediasエリアニュース

情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【11月30日】紅葉ウォーキング

東海市の聚楽園公園で11月29日現在、見頃の紅葉を楽しみながらウォーキングを学ぶ講座が開かれました。講座には東海市に住む人を中心に12人が参加し、運動士の指導のあとにつづいて歩く姿勢や速さに気をつけながら公園内を歩いて回りました。

ムービーを見る

 

【11月30日】ステージで魅せます!

12月8日、東海市富木島町にあるダンススタジオフローレスの教室の発表会「JOY TO DANCE」が開かれます。これを前に11月29日、発表会の会場となる東海市立文化センターで本番を想定した通し稽古が行われました。

ムービーを見る

 

【11月30日】知多市ゆかりの画家 展示会

知多市歴史民俗博物館では「嶋谷自然と一采社の仲間」と題された企画展が開かれています。会場には知多市にゆかりのある日本画家、嶋谷自然と嶋谷自然が参加していた日本画の研究グループ「一采社」のメンバーが描いた日本画24点が展示されています。企画展は12月16日まで開かれます。

ムービーを見る

 

【11月29日】卓球の全国大会へ

東海市に住む真子美代子さんが、来月12月に岡山県で開かれる卓球の全国大会に出場します。この報告のため、11月28日、鈴木淳雄東海市長のもとを訪れました。

ムービーを見る

 

【11月29日】一流のオーケストラの生演奏!

11月28日、知多市立南粕谷小学校に、日本フィルハーモニー交響楽団がやってきました。これは、文化庁が行っている「次代を担う子どもの文化芸能体験事業」の一環として行われたものです。

ムービーを見る

 

【11月28日】相手の気持ちを考えよう

知多市立旭南小学校で11月27日、12月4日からはじまる「人権週間」を前に人権について考える授業が行われました。

ムービーを見る

 

【11月28日】額の中に広がる立体クラフト

名鉄尾張横須賀駅の高架下にある化粧品店ニシマルヤで「シャドーボックス」の作品展が開かれています。「シャドウボックス」とは紙に描かれた絵の切り抜きを何枚も重ねて組み合わせることで立体感や遠近感を表現する立体クラフトです。作品展は12月2日まで開かれます。

ムービーを見る

 

【11月28日】働く、ということ

11月22日、「働く、ということ 十九歳で社長になった重度障がい者物語」が出版されました。この本の著者は、東海市加木屋町に住む佐藤仙務さん21歳。10万人に1人の難病といわれる脊髄性筋萎縮症を患いながらも19歳でウェブサイト制作会社を立ち上げた若き社長です。

ムービーを見る

 

【11月29日】誰もが働ける社会を目指して

大府市梶田町の国道366号沿いに精神障がい者の生活支援や就労支援を目的とした「多機能型事業所ライム」が完成し、11月29日、開所式が行われました。この事業所は大府市を拠点に福祉事業を展開する社会福祉法人憩いの郷が運営する施設です。

ムービーを見る

 

【11月27日】里山について体験して学ぶ

東浦緒川にある東浦自然環境学習の森で、11月25日、里山づくり講座が開かれました。この講座は、東浦町が「自然環境学習の森保全育成の会」の協力を得て、昨年度から始めたものです。3回目のこの日は、実地実習として竹林の手入れと竹炭作りを体験しました。

ムービーを見る

 

【11月27日】落語会を続けて35年

知多市佐布里にある佐布里ダム記念館で11月24日、アマチュア落語家による落語会が開かれました。「佐布里落語会」と題されたこの会は、知多市に住む小林幹政さんがより多くの人に落語を楽しんでもらおうと始めたものです。年に2回開かれていて、今回で70回目、35周年を迎えました。

ムービーを見る

 

【11月27日】手作りちりとり大事に使って

東海市の男性が11月26日、一斗缶で作ったちりとりを東浦町に寄贈しました。東浦町役場を訪れたのは、東海市名和町に住む小島治男さん、73歳です。農業と建築関係の仕事をしてきた小島さんは、そこで得た技術を生かし、2年前から一斗缶を使ったちりとり作りを始めました。

ムービーを見る

 

【11月27日】押し花で新年のご挨拶を

知多市総合ボランティアセンターで、11月26日、「押し花で年賀状作り」と題したミニ講座が開かれました。この日、講師を務めたのは、知多市で活動する「押し花グループちた」です。押し花グループちたは、花を育て、押し花を作るメンバーと押し花の作品づくりを地域で教えるメンバー、合わせて13人が所属していて、小学校や高齢者福祉施設などで講座を開いています。

ムービーを見る

 

【11月26日】各市町の文化協会が一堂に

知多半島5市5町の文化協会が出演する芸能大会が11月25日、大府市勤労文化会館で開かれました。舞台の上では、各文化協会が、日本舞踊や民踊、三味線などを次々と披露しました。

ムービーを見る

 

【11月26日】こんな道具あったらいいな

知多市東部コミュニティが主催する「子どもの声」作文コンクールが11月25日、知多市東部公民館で開かれました。10回目を迎える今年は、「ドラえもんに出してもらいたい道具」をテーマに作文を募集。新田小学校と東部中学校から過去最高数となる580の力作が集まりました。この日は、580点の中から優秀作品に選ばれた23人が審査員の前で自分の書いた作文を発表しました。

ムービーを見る

 

【11月26日】結成10周年記念コンサート

大府市長草公民館で、週に1回、ハーモニカを楽しんでいるグループ「フレンズハーモニカ大府」が今年で結成10周年を迎えます。これを記念したコンサートが、11月25日、日ごろの練習場所である長草公民館で行われました。

ムービーを見る

 

【11月23日】げんきの郷 開業周年フェア

大府市吉田町にあるげんきの郷が、来月開業12周年を迎えます。 これに合わせて23日から開業周年フェアが始まりました。 げんきの郷は農と食の交流複合拠点として平成12年12月にオープン。 厳選された知多半島の農畜産物などが人気を集め、毎年200万人以上の人が訪れています。

ムービーを見る

 

【11月23日】「喜樂座」ふたたび

知多市の岡田小学校で17日「なつかしの喜樂座」が行われ、まつり囃子や落語、万歳が披露されました。 入り口には岡田小学校の児童らが手作りした「招き看板」などが飾られ当時の演芸場を思わせる雰囲気を醸しだしていました。

ムービーを見る

 

【11月23日】全知多珠算競技大会

全知多珠算競技大会が23日、大府市役所地下多目的ホールで開かれました。この大会は知多半島のそろばん塾に通う人や学校のそろばん部に所属する人たちが日ごろの練習の成果を競う場として、東海市・大府市・半田市の商工会議所などが合同で毎年開いているものです。

ムービーを見る

 

【11月22日】「整膚」で健康と美肌を

東浦町文化センターで11月21日「健康と美肌のための整膚(せいふ)教室」が開かれました。東浦町では、町民が習いたいことを自分で企画・運営する「マイスタディ講座」と町民が教えたいことを自分が講師となって企画・運営する「マイプロディース講座」を平成21年から開いています。今年度は9つの「マイプロディース講座」を開催。このうち、東浦町石浜に住む整膚師、中村直子さんが講師を務める「整膚教室」が全4回コースで始まりました。

ムービーを見る

 

【11月22日】人を助ける力をつけて

知多市立旭北小学校で、11月21日、知多市赤十字奉仕団による炊き出し訓練と救急法講習会が開かれました。知多市赤十字奉仕団では、「いざというときに人を助けることのできる力をつけて欲しい」との思いから、市内の小学校を順にまわって講習会を開いています。

ムービーを見る

 

【11月22日】初のミュージカル公演 大盛況

東海市の市民劇団「木曜座」は市の演劇講座で学んだ受講生によって27年前に発足。現在、演劇が好きな50歳代から80歳代までの男女11人が所属しています。年に一度、この時期に単独公演を行っているメンバーは今年、発足以来初めてミュージカルに挑戦しました。

ムービーを見る

 

【11月22日】お薬師さんに感謝を伝える

東海市にある医王山薬師寺で11月21日、八日薬師が行われました。この縁日は、毎年旧暦の10月8日と12日に行われます。それぞれ八日薬師、十二薬師と呼ばれ、多くの地域住民で賑わう一大行事です。

ムービーを見る

 

mediasエリアニュース 再放送 20121122(木)

ムービーを見る

 

mediasエリアニュース 再放送 20121122(木)

ムービーを見る

 

【11月21日】オーストラリアで学ぶ?

東海市から中学生を海外へ派遣する「東海市海外体験学習事業」の結団式が11月20日、東海市立商工センターで開かれました。今回は、来年3月17日から26日までの10日間、市内6中学校から26人の生徒を東海市と交流を続けているオーストラリアのマセドンレンジズ市へ派遣します。

ムービーを見る

 

【11月20日】秘仏45年ぶりの御開帳

知多市岡田にある慈雲寺の本尊がまつられている観音堂のお堂と仏像の修復、そして石段を登ったところにある白山宮の修理がこのほど完了し、これを記念する法要が11月18日、地域住民らの参加のもと執り行われました。これに合わせて本尊の「千手千眼観世音菩薩」がこの日、一日限りで45年ぶりに一般公開されました。

ムービーを見る

 

【11月21日】大規模震災を想定した初動訓練

知多市にある愛知県知多保健所で大規模震災の発生を想定した初動訓練が行われました。訓練には東海市、大府市、知多市、常滑市の保険センターのスタッフをはじめ、知多半島の災害拠点病院である半田病院の職員など20人が参加しました。

ムービーを見る

 

【11月21日】駅前イルミネーション復活!

名古屋鉄道朝倉駅前の西側ロータリーでこのほど、駅前を電飾で彩るイルミネーションが始まりました。イルミネーションのテーマは「市民の希望の星」。白いイルミネーション電球を満点の夜空「スターダスト」に見立てて、およそ4万6000個の電球が設置されました。イルミネーションは、12月25日まで、午後5時から10時まで点灯されます。

ムービーを見る

 

メディアスからのお知らせ

ムービーを見る

 

【11月20日】あいちの文化探し隊が来町!

東浦町役場に昨日19日、愛知県が実施する地域文化発掘のキャンペーン隊「あいちの文化探し隊」が訪れました。このキャンペーン隊は、地域で継承されてきた伝統芸能や歴史文化、取り組みなどを発掘・再発見し県民にPRしようと愛知県が今年度はじめた事業です。この日は、神谷明彦東浦町長と東浦町商工会の手づくりよろいの会、そして東浦町の観光マスコット「おだいちゃん」がキャンペーン隊の取材を受けました。

ムービーを見る

 

【11月20日】ウォークラリーで魅力再発見

健康都市をかかげる大府市で11月18日、「おおぶ・夢ウォークラリー」と題したウォーキングイベントが開かれました。大府市では毎年この時期に市民の健康づくりを目的としたウォーキング大会が開かれますが、今年は大府商工会議所青年部の10周年記念事業と共同でウォークラリーが行われました。

ムービーを見る

 

【11月20日】野の風景「野色」を描く

東海市高横須賀町にある「ギャラリーdZi」で東海市に住む画家、松谷慶子さんの作品展が開かれています。今回の展示テーマは野の風景を現す「野色(やしょく)」。数ある作品の中から秋に合う作品をピックアップしたといいます。作品展は11月23日まで開かれています。

ムービーを見る

 

【11月19日】もみじまつり始まる

11月19日から12月2日まで「聚楽園公園もみじまつり」が開かれています。現在は、まだ色づき始めた状態ですが例年、12月上旬になると真っ赤に染まったもみじが見られるといいます。11月25日には聚楽園公園でもみじまつりの催しが開かれ、茶会や東海市文化協会による合同発表会などが行われる予定だということです。

ムービーを見る

 

【11月19日】一丸となって備える

知多市八幡地区で11月18日、総合防災訓練が行われました。訓練は午前8時20分、マグニチュード9の地震とともに大雨による土砂災害警戒情報が発表された想定で行われました。

ムービーを見る

 

【11月19日】ビストロおぶちゃんグランプリ決定

大府市が主催するこども料理コンクール「ビストロおぶちゃん」の実技審査が11月18日、大府市内の調理室で行われました。コンクールのテーマは「大府市産のおいしい野菜を好きになろう!魚をもっと食べよう!」というもので、大府産の野菜と魚介類を1品以上使うことがレシピの条件です。審査の結果、石ヶ瀬小学校6年の村家雛子さんが考えた「グリーンハンバーグ」が最優秀賞のビストログランプリ賞を受賞しました。

ムービーを見る

 

【11月16日】全国2位に笑顔キラリ

知多市を拠点に活動しているチアダンス教室「ピーチチアーズ」のメンバーが、全国2位に輝きました。発足10年目を迎える「ピーチチアーズ」には、現在、知多市や東海市、常滑市に住む園児から小学6年生までの160人が所属しています。教室には、7つのチームがあり、このうち、選抜チームである「ピーチチアーズラブ」が、11月11日に行われた「第12回全国チアダンス選手権大会」の「PON部門ジュニアLARGE編成」で、見事、準優勝を収めました。

ムービーを見る

 

【11月16日】卒園の思い出にチューリップ

大府市内の保育園児たちが、11月15日、大府ライオンズクラブのメンバーと一緒に、チューリップの球根を植えました。大府ライオンズクラブでは、木や花を大切にする心を育んでもらうとともに卒園の思い出になればと、毎年、市内の幼稚園や保育園の年長園児へチューリップの球根をプレゼントしています。

ムービーを見る

 

【11月16日】手作り作品「干支」の企画展

東海市加木屋町にある手づくりの店「ラスカル」で作品展が開かれています。この店舗は加木屋町に住む原田ます子さんが地域の作家の作品を展示するとともに憩いの場所になればと12年前に開いた店舗です。現在、東海市や大府市など近隣に住む作家15人が作品を定期的に搬入し展示しています。そのうちの1人、加木屋町に住む中村明子さんが、今週から「干支まつり」と題した企画展示をはじめました。

ムービーを見る

 

【11月15日】災害時の安否確認は近隣住民で

愛知県から今年度の防災貢献団体として岡田コミュニティ防災会が表彰されました。岡田コミュニティ防災会は、平成22年に、組織を改編し、7つに分けた地区それぞれに防災長と防災係を配置。防災訓練では、地区ごとに安否確認訓練を行うなどして防災体制を強化してきました。平成21年には、住所や氏名、要支援状態といった基本情報をもとに、職業経験や資格、災害時に役立ちそうな機材の有無を記した「防災台帳」を作成しました。

ムービーを見る

 

【11月15日】1000人コンサート

東海市立横須賀小学校で、11月15日、「1000人コンサート」と題された全校児童が歌声を披露するコンサートが開かれました。4、5、6年生の学年発表では、指揮者と伴奏者を児童が務めたほかパートごとに分かれて歌うなどして美しい歌声を響かせました。最後は、全校児童による大合唱が行われました。

ムービーを見る

 

【11月15日】震災からよみがえった文化財展

大府市横根公民館で「震災からよみがえった東北の文化財展」と題された企画展がはじまりました。この企画展は、岩手県遠野市の遠野文化研究センターなど岩手県5市2町と1団体共催で国の補助金を受けて開催されるもので、静岡県、愛知県、兵庫県で順番に開催されます。愛知県の会場は遠野市と防災協定を結んでいる大府市が選ばれ11月15日から展示がはじまりました。展示は12月5日まで行われます。

ムービーを見る

 

【11月14日】愛知県自主防災貢献団体〜石ヶ瀬自主防災会〜

地域住民が自主的に防災活動をする自主防災会。このほど、防災貢献団体として大府市の石ヶ瀬自主防災会が県から表彰を受けました。石ヶ瀬自主防災会は、平成16年度に設立。石ヶ瀬地区の防災訓練を毎年開くほか、平成20年度には、東海豪雨の被害状況なども載せた水害てづくりハザードマップを作成しました。

ムービーを見る

 

【11月14日】リズム体操で健康づくり!

東浦町にある健康体操教室「ハローフレンズ イノア」で、11月13日、リズム体操講習会が開かれました。この日は、デンマークの体育学校で体操教師を務め、デンマーク代表チームのヘッドコーチも務めているヘリエ・フィスカーさんを講師に招き講習会が行われました。

ムービーを見る

 

【11月14日】匠の家づくり支援事業

大府市森岡町の新築住宅に、岐阜県高山市で作られた高級家具が届けられ、高山市長ほか関係者が集まり贈呈式が行われました。これは高山市が進める「匠の家づくり支援事業」の取り組みの一つです。匠の家づくり支援事業とは、高山市産の木材の需要拡大と地場産業の活性化を狙った事業で、住宅を建設するときに高山市産の木材を使うことなどの条件を満たせば、50万円を上限に「飛騨の匠」の名で知られる職人の手による高級家具などが受け取れる制度です。

ムービーを見る

 

【11月13日】岡田の街並みと門付万歳

知多市岡田で11月10日、国の重要無形民俗文化財に指定されている「尾張万歳」と岡田の町並みを鑑賞するツアーが行われました。

ムービーを見る

 

【11月13日】震災を風化させないために

大府市役所で11月12日、おおぶ女性連絡会が主催する講演会が開かれました。おおぶ女性連絡会は、毎年テーマを決めて、学習会を開いています。この日は、今年のテーマの1つである「震災」に合わせた講演会が開かれました。

ムービーを見る

 

【11月13日】みんなが楽しめる演奏会に

東海市で活動する新日鐵住金名古屋合唱団が、11月18日に開かれる定期演奏会に向けて、現在、練習に励んでいます。新日鐵住金名古屋合唱団は、合唱が好きな新日鐵住金の社員やその家族を中心に結成された混声合唱団で、今年で結成27年目を迎えています。定期演奏会は知多市勤労文化会館で開かれます。

ムービーを見る

 

【11月12日】秋まつり盛大に

東海市で11月10日と11日の2日間、東海秋まつりが開かれました。今年は「ひと まち きらり 東海秋まつり」を統一テーマに元浜公園や市民体育館周辺など5つの会場で開かれました。元浜公園即売会場では東海市内の団体による様々な出店のほか、沖縄市や米沢市、釜石市など姉妹都市からも出店されました。

ムービーを見る

 

【11月12日】東浦町産業まつり賑わう

東浦町文化センター周辺で10日と11日の2日間、東浦町の商業・工業・農業を一堂に集めた東浦町産業まつりが開かれました。第34回目となった今年のテーマは「見つけよまい 楽しもまい 産業まつり」隣接するそれぞれの会場にはたくさんのブースが並び多くの人で賑わいました。

ムービーを見る

 

【11月12日】国民栄誉賞おめでとう!

大府市に住む女子レスリングの吉田沙保里選手が国民栄誉賞を受賞したことを受け、地元の共和商業協同組合が11月11日、受賞を祝う記念マドレーヌを無料配布しました。

ムービーを見る

 

【11月9日】地域住民に守られて

春のお馬頭まつりで知られる知多市の日長神社にこのほど、車イスでも参拝できるようスロープが取り付けられました。

ムービーを見る

 

【11月9日】東浦町から県代表ランナー

東浦町森岡に住む江本悟司さん40歳が今月11日に開かれる都道府県対抗全日本マスターズ駅伝大会に出場することになりました。

ムービーを見る

 

【11月9日】畑中の美術小屋で個展

畑の中に建てられた手づくりの小屋で大府市の男性が作品展を開いています。作品展を開いているのは、大府市北崎町で運転手派遣業を営む山田勝清さん、73歳です。

ムービーを見る

 

【11月8日】未来のために選挙へGO!GO!

東浦町立北部中学校で、11月7日、「選挙出前トーク」が行われました。愛知県選挙管理委員会では、未来の有権者である子どもたちに選挙の重要性を知ってもらおうと、平成17年度から県内の小中高生を対象に「選挙出前トーク」を開いています。

ムービーを見る

 

【11月8日】県所蔵の名品が東浦町に

東浦町郷土資料館「うのはな館」で、愛知県美術館・愛知県陶磁資料館 移動美術館「日本洋画と近代陶芸の名品」と題された秋の企画展が開かれています。会場には、明治期から昭和半ばまでの日本の近代洋画の名品4点も展示され、名画や名器を間近でじっくり見ることができます。企画展は12月2日まで開かれています。

ムービーを見る

 

【11月8日】豪華な菊がズラリ

東海市しあわせ村で、「東海菊花会」による「菊花展」が開かれています。「東海菊花会」は、上名和公民館のサークル活動として菊の花が好きな人が集まり昭和51年に発足。現在は、東海市に住む60歳代から80歳代までの男女11人が所属していて月に1回、会員の菊を持ち寄って品評しあう例会を開いています。

ムービーを見る

 

【11月7日】栄養いっぱい木の山芋

大府市共和町の北部に位置する木の山地区で栽培されている大府の特産品「木の山芋」。毎年、春に苗を植え、つるが枯れる10月下旬に収穫期を迎えます。25軒ほどある生産農家のうち山口桂史さんの畑では、11月に入り、本格的な収穫を開始。今日も、晴れ渡る空の下、収穫が行われました。

ムービーを見る

 

【11月7日】女子大生 空手世界大会へ

東海市内に住む大学2年生の増田彩乃さんが、11月10日に開かれる空手の世界選手権大会に出場します。これを前に11月5日、出場報告のため、鈴木淳雄東海市長のもとを訪れました。

ムービーを見る

 

【11月7日】いざという時に備えて

10月6日と7日の2日間、東海市消防署の署内警防技術訓練が行われました。訓練には東海消防署の本署、北出張所、南出張所から48人の隊員が参加し8人を1チームとし6チームに編成。本番さながらの真剣な訓練が行われました。

ムービーを見る

 

【11月7日】私たちの演奏 聴いて

第20回大府小中学校音楽会が、11月3日、大府市勤労文化会館で開かれました。この音楽会は、大府市教育委員会と大府小中学校校長会が毎年開いているもので、市内全ての小学校の金冠バンドクラブと全ての中学校の吹奏楽部が出演します。20回目の今回は、今年度開校した大東小学校が加わり、小学校9校、中学校4校が出演しました。

ムービーを見る

 

【11月6日】早寝早起き朝ごはん

早寝早起き、朝ごはんを食べる生活習慣の重要性を伝える「早寝早起き朝ごはんキャラバン隊」が東海市立横須賀小学校を訪問しました。 キャラバン隊は平成20年7月から全国各地の学校や国立青少年教育施設などを巡回し、これまでにのべ1万人以上に規則正しい生活習慣の大切さを伝えています。

ムービーを見る

 

【11月6日】知多半島内の選手が集結

「第36回全知多バドミントン大会」が3日と4日の2日間、知多市民体育館を会場に開かれました。この大会は36年前に知多市民体育館が完成した当初から知多市体育協会が毎年この時期に開いているものです。

ムービーを見る

 

【11月6日】自然といっぱい触れ合ったよ

大府市にある二ツ池セレトナで自然と触れ合ったり環境について学んだりするイベント「セレトナフェスタ2012」が開かれました。セレトナフェスタは毎年この時期に開かれているイベントで、どんぐりを使った工作体験や薪割り体験など様々なブースが用意されました。

ムービーを見る

 

【11月5日】甘くて美味しいみかん 採れたよ

東浦町立緒川保育園の園児たちが、11月5日、町内にあるみかん畑で、みかん狩りを体験しました。みかん狩りを行ったのは、東浦町緒川にある水野泰徳さんのみかん畑です。水野さんは、およそ30年前から毎年、みかんが実るこの時期に、緒川保育園の年長園児をみかん畑に招待しています。

ムービーを見る

 

【11月5日】笑顔を収めた写真ズラリ

大府市勤労文化会館で、10月5日から、「第1回笑顔フォトコンテスト」の応募作品が展示されています。このコンテストは、大府市にある産婦人科、広川レディスクリニックの職員や、至学館大学付属幼稚園の職員で組織される「大府 あたたかい心を育てる会」が今回初めて実施したものです。

ムービーを見る

 

【11月5日】手作りの学園祭 大盛況!

東海市高横須賀にある児童養護施設「暁学園」で、昨日4日、「第33回暁学園祭」が開かれました。東海市内唯一の児童養護施設である暁学園は、今年で設立54年を迎え、これまでに、およそ500人の卒園生を送り出しています。

ムービーを見る

 

【11月5日】現場に安全に向かうために

東浦町営北部グラウンドで昨日4日、東浦町内の消防団による緊急車両の運行訓練が行われました。東浦町消防団実戦訓練と名付けられたこの訓練は、狭い道路などにおける緊急車両の安全走行などを目的に、毎年この時期に行われ、今年で4回目を迎えます。

ムービーを見る

 

【11月2日】地元に伝わる伝統芸能を学ぶ

今年9月に制定された法律により11月1日は「古典の日」となりました。 古典の日にちなみ知多翔洋高校で古典芸能鑑賞会が開かれ、地元につたわる「尾張万歳」が披露されました。

ムービーを見る

 

【11月2日】カフェメニューを提案

大府市にある至学館大学の健康科学部の学生たちが、大府市にオープンする予定のカフェで提供するメニューの開発に協力することになり、開発したメニューを発表するプレゼンテーション会が開かれました。

ムービーを見る

 

【11月2日】初のミュージカル公演に向けて

東海市を拠点に活動している、劇団「木曜座」が11月18日に披露する演劇「十一ぴきのネコ」の最終調整を行っています。

ムービーを見る

 

11月のメディアスインフォメーション

ムービーを見る

 

【11月1日】観光物産プラザオープン

11月1日、名鉄太田川駅の東側に「東海市観光物産プラザ」がオープンしました。高架下に完成した東海市観光物産プラザの敷地面積は、200u。東海市や知多半島の名産・銘菓がならぶ「物産コーナー」と観光情報が観覧でき喫茶スペースもある「観光交流コーナー」が設けられています。

ムービーを見る

 

【11月1日】自転車等放置禁止区域に

11月1日、太田川駅の高架下に駅南自転車駐車場がオープンしました。高架下駐輪場は先月1日にオープンした駅北自転車等駐車場につづき2ヶ所目です。駅南駐輪場オープンに伴い、太田川駅周辺の仮自転車等駐輪場は廃止され太田川周辺は自転車等放置禁止区域となりました。放置自転車は小島病院近くの保管場所に移動されるということです。

ムービーを見る

 

【11月1日】町民の力作129点がズラリ

東浦町文化センターで、11月1日から4日までの4日間、「第35回東浦町美術展」が、開かれています。今年は、水墨画や洋画、日本画、工芸品など合わせて129点が展示されています。

ムービーを見る

 

【11月1日】今年もやります!イルミネーション

大府市半月町にある深谷久夫さんの自宅で、毎年恒例となっているイルミネーションが、今年も11月1日から始まりました。イルミネーションは、来年1月3日まで毎日、午後5時30分から11時頃まで点灯されます。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ