HOME > mediasエリアニュース

情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【12月28日】仕事納め

12月28日、東海市役所で仕事納め式が行われました。この日は、全国の市役所や役場などで仕事収め式が開かれ、このうち、東海市役所では、およそ300人の職員が式に参加しました。

ムービーを見る

 

【12月28日】ニューイヤー駅伝 力走誓う

来年元旦に行われる駅伝最高峰の大会「全日本実業団対抗駅伝競走大会」通称「ニューイヤー駅伝」に、東海市に本社を置く愛知製鋼陸上競技部が出場します。会場となる群馬県入りを前にこの日は、地元で最終調整が行われました。

ムービーを見る

 

【12月28日】特集 ありがとう どんでん広場

今回の特集では、年内で営業が終了するどんでん広場のこれまでの歴史を振り返ります。

ムービーを見る

 

【12月27日】みんなで食べるとおいしいね

大府市横根町にある高齢者施設「デイパーク大府」で、12月27日、餅つき大会が開かれました。デイパーク大府は、特別介護老人ホームやケアハウス、デイサービスなどを備える高齢者施設で、現在は、およそ200人の利用者がいます。この日は、地域の子どもたちや高齢者、近隣の障がい者施設の利用者などを招いて開かれ、みんなで餅つきを楽しみました。

ムービーを見る

 

【12月27日】中心街の活性化のために

東海市の市民活動センターで、12月26日、名鉄太田川駅周辺における大規模小売店舗の新規出店などに関する住民説明会が開かれました。これは愛知県が開いたもので、大きな小売店舗が中心市街地に出展する際、手続きが簡単になるという「特定区域」の説明が行われました。

ムービーを見る

 

【12月27日】おおぶふれあいバザール

12月26日に大府市役所地下多目的ホールで「おおぶふれあいバザール」と題されたイベントが開催されました。このイベントは地域に根ざした各商店を市民にアピールし、交流を深めるために大府商工会議所が開催しました。

ムービーを見る

 

【12月27日】箏曲4人のアンサンブル

12月24日、知多市の佐布里緑と花のふれあい公園内の梅の館で「ゆく年箏演奏」と題されたコンサートが開かれました。コンサートを開いたのは、愛知県を中心に活動している邦楽グループJI-ONのメンバーです。この日はクリスマスイブということもありクリスマスソングやコンドルは飛んでいくという耳なじみのある曲が演奏されました。

ムービーを見る

 

【12月26日】全国大会出場します

東浦町役場で12月25日、来年開催されるスポーツの全国大会に出場する3人の激励会が行われました。東浦町森岡に住む愛知県立刈谷工業高校、2年の磯谷裕介さんと、1年の神野勇貴さんは、男子ソフトボールの全国大会に出場します。一方、緒川小学校6年の岡本悠作くんは、フットサルの全国大会に出場します。

ムービーを見る

 

【12月26日】年末年始も安全運転で

12月25日、高齢者を対象とした自動車の安全運転に関する講習会が開かれました。この日の講習会では、参加者それぞれが自分の車を運転し、障害物が設置してあるコースを走ったり、急ブレーキを踏むことにより機能するABS装置を体験したりしました。

ムービーを見る

 

【12月26日】街頭インタビュー「漢字で振り返る2012」A

今年一年を振り返る街頭インタビュー。テーマは「今年一年を漢字一文字で表すと?」

ムービーを見る

 

【12月25日】今年最高の演技を

12月23日と24日の2日間、大府市民体育館を会場に「新体操ジュベナイルギャザリング」と題された新体操の大会が開かれました。23回目となる今年は、関東から九州までの広い範囲から集まった34チーム、およそ400人が出場。2日目のこの日は、中学3年生以上が対象のシニアの個人競技が行われ、レベルの高い演技が繰り広げられました。

ムービーを見る

 

【12月25日】合唱で魅せるステージ

東海市を拠点に活動している東海児童合唱団の定期演奏会が12月24日、知多市勤労文化会館で開かれました。13回目となる今回は、4部構成で開かれ、4部では合唱ミュージカルが披露されました。

ムービーを見る

 

【12月25日】街頭インタビュー「漢字で振り返る2012」

今年一年を振り返る街頭インタビュー。テーマは「今年一年を漢字一文字で表すと?」

ムービーを見る

 

【12月24日】院内クリスマスパーティー

大府市森岡町にある産婦人科医院「産院いしがせの森」で12月23日、クリスマスパーティーが開かれました。 院内ではチェロコンサートやバレエの発表、ケーキバイキングや生まれてくる赤ちゃんへのクリスマスプレゼント作りなど様々な企画が用意され、妊婦やその家族らが互いに交流を深めながらイベントを楽しんでいました。

ムービーを見る

 

【12月24日】駅前にサンタがやってきた

東海市の名鉄太田川駅前イベント広場で12月23日、「駅前にサンタがやってくる」と題されたイベントが開かれました。このイベントは東海商工会議所青年部の有志が企画したもので、広場には手づくりのログハウス「サンタの家」が建てられ、中ではサンタクロースが子どもに綿菓子をプレゼント。その他の会場ではキャンドル作りのブースも設けられ人気を集めていました。

ムービーを見る

 

【12月24日】楽しくクリスマス料理を作ろう

知多市の旭公民館で12月22日に、小学生がクリスマス料理を作る講座が開かれました。この講座は旭公民館が主催したもので子どもの食育をテーマに年に2回ほど開いている料理教室で、チキンカレーピラフとスープ、クリスマスケーキ作りに挑戦しました。

ムービーを見る

 

【12月24日】叩き続けて五周年

大府市を中心に活動する和太鼓グループ「一会」が結成5周年を迎え、12月22日に大府市勤労文化会館で記念公演を行いました。 1部では一会の兄弟チーム篠笛の風月や女性グループ煌が登場。2部では一会の主宰者、清武司さんやプロの和太鼓演奏者、笛木良彦さんが登場して演奏を披露しました。

ムービーを見る

 

【12月21日】2学期 終業式

12月21日、愛知県内の小中学校で2学期の終業式が行われました。大府市立石ヶ瀬小学校では終業式の後、石ヶ瀬地区の新たな取り組みである「石ヶ瀬愛のこえかけ隊」の発足式が行われました。これまで石ヶ瀬地区内では、各団体が個別で見守り活動やあいさつ運動を行ってきましたが、地域一体となった活動を行おうと、このほど、石ヶ瀬愛のこえかけ隊を発足させました。

ムービーを見る

 

【12月21日】大野谷虫供養 始まる

愛知県の無形民俗文化財に指定されている「大野谷虫供養」が、12月20日から始まりました。虫供養は、田畑で殺した虫の供養と五穀豊穣を願って行われるもので、この地方でもおよそ400年前から虫供養が行われています。

ムービーを見る

 

【12月21日】世界大会で優勝しました!

東海市大田町にある極真館愛知県支部知多分支部は、5年前に設立され、現在は、小学1年生から60才までのおよそ40人が所属。分支部長の五十嵐智さんの指導の下、日々練習に励んでいます。このうち、横須賀中学校1年の五十嵐太輔さんと、名古屋市内の中学校に通う新谷真生さんの2人が、今月12月8日にロシアで開かれた「2012全世界青少年空手道選手権大会」に出場し、見事優勝しました。

ムービーを見る

 

【12月20日】もちつきで交流しよう

12月20日、東海市にある大同特殊鋼元浜寮で、横須賀保育園の園児を招待した餅つきが行われました。この餅つきは、およそ40年前から毎年行われている恒例行事です。

ムービーを見る

 

【12月20日】憧れの大舞台に立ちます!

東海市役所で12月19日、スポーツの全国大会に出場する2人の激励会が行われました。東海市荒尾町に住む名古屋市立西陵高校3年の青山健太さんは、全国高等学校ラグビーフットボールに出場します。一方、東海市立横須賀小学校5年の加藤流功くんはフットサルの全国大会に出場します。

ムービーを見る

 

【12月20日】燃料電池をつくってみよう

愛知県立知多翔洋高校で、12月18日「燃料電池講座」が開かれました。知多翔洋高校は、知多半島で唯一の総合学科の学校で、特色ある63の学校設定科目が用意されています。この日は、大同大学の燃料電池研究センターの研究員や大学院生を講師に招き、「環境科学基礎」を選択している2年生の生徒が「燃料電池講座」を受講しました。

ムービーを見る

 

【12月20日】あったか〜いニット展

知多市岡田にあるちっちゃな美術館ミュゼで「北海道のニット展」と題された作品展が開かれています。作品を展示しているのは、北海道の清里町で活動している「きよさと手紡ぎ愛好会」です。展示は12月28日まで行われます。

ムービーを見る

 

【12月19日】大府の郷 来春オープン

大府市長草町に新たに、特別養護老人ホーム「大府の郷」が完成しました。これに合わせて12月19日、関係者らが集まり、竣工式が行われました。大府の郷を運営するのは、春日井市に本部を置く社会福祉老人恩賜財団愛知県同胞援護会です。この日の竣工式には、施設関係者のほか、大府市の関係者などおよそ150人が集まりました。

ムービーを見る

 

【12月19日】保育園にクリスマスソング響く

2歳児から5歳児までの園児243人が通う東浦町立石浜保育園で、12月18日、クリスマス会が開かれました。会では、園児たちの前にプレゼントを持ったサンタクロースが登場したり、みんなで大きな声でクリスマスソングを歌ったりして、一足早いクリスマスを満喫しました。

ムービーを見る

 

【12月19日】公用自転車の使用開始

東浦町では、12月1日から、自転車のまちづくり推進の一環として公用自転車の使用を開始しました、町職員が業務で移動する際には、できる限り自転車を使用し、自転車利用の拡大を図ります。

ムービーを見る

 

【12月19日】人気店の店を味を振舞います!

大府市にある障がい者施設「東あけび苑」と「あけび苑」で、12月17日、市内のラーメン店「麺の坊 晴レル屋」と安城市のラーメン店「麺やOK」のスタッフが出来たての温かいラーメンを利用者に振る舞いました。

ムービーを見る

 

【12月19日】憧れの高平慎士選手が来た!

日本を代表するアスリート、高平慎士選手が、12月15日、知多市を訪れ、知多市体育協会に所属する「JACちた」の子どもたちと交流しました。高平選手は、2004年にオリンピック初出場。2008年のオリンピックでは、200mのほか、400mリレーに出場し、銅メダルを獲得しました。この日は、ランニングや短距離走の練習をしたほか、高平選手への質問コーナーも設けられました。

ムービーを見る

 

【12月18日】全国表彰式で活動発表

ボランティア活動に参加して学んだことを発表する「ボランティア・スピリット・アワード」の全国表彰式に、東海市立富木島中学校3年の森竹壮汰郎さんが出場することになりました。これを前に12月17日、鈴木淳雄東海市長のもとを訪れました。

ムービーを見る

 

【12月18日】ニューイヤーに愛三の新風!

来年の元日に行われる「全日本実業団対抗駅伝競走大会」通称「ニューイヤー駅伝」に向けて、大府市に本社を置く愛三工業の陸上競技部が練習に励んでいます。

ムービーを見る

 

【12月17日】好天の下4000人が走る

今年で38回目を数える東浦マラソンが、12月16日、あいち健康の森公園周辺で開催されました。東浦マラソンは毎年この時期に開かれている東浦町の冬の一大イベントです。今年は県内外からおよそ4000人のランナーが参加しました。

ムービーを見る

 

【12月17日】落語を楽しむ会

東浦町文化センターで、12月15日、「東浦寄席三遊亭とん馬の落語を楽しむ会」が開かれました。落語会では、とん馬さんのほか、地元東浦町出身の落語家、立川平林さんも登場し、「今日はお客さんの9割が、顔見知りです」と登場早々笑いを誘っていました。

ムービーを見る

 

【12月17日】おいしいおもちで地域交流

大府市に本社を持つ愛三工業が12月16日、毎年恒例となるもちつき大会を開催しました。39回目を迎える今回は、のし餅470kg、もち米3俵が用意され、およそ50臼の餅がつかれました。

ムービーを見る

 

【12月17日】若者たちのイベント賑わう

東海市立青少年センターで12月16日、「第40回東海ヤングフェスティバル」が開かれました。東海ヤングフェスティバルは、東海市と東海市教育委員会が、若者の活動発表の場、また、交流の場として毎年この時期に開いているものです。イベントの企画、運営は、東海市内の企業の若手社員などが中心になって行います。

ムービーを見る

 

【12月14日】小学生7人 バドミントン全国大会へ

大府市内の小学生7人が、バドミントンの全国大会に出場します。この報告のため、12月13日、久野孝保大府市長のもとを訪れました。全国大会に出場するのは、石ヶ瀬小学校、大府小学校に通う小学4年生から6年生までの7人です。

ムービーを見る

 

【12月14日】去年よりもいい成績を!

知多市立新田小学校の6年生種村奈純さんが、今月25日に神奈川県で開かれるピアノの全国大会に出場します。この報告のため、12月13日、知多市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【12月14日】小型家電 無料で回収します

大府市で今月12月から使用済み小型家電の再利用に関するモデル事業が始まりました。宅配便による不要になった小型家電の回収サービスが、試験的に実施されています。

ムービーを見る

 

【12月14日】イルミネーションに誘われて

エリア内のイルミネーションスポット ◆スィートウィンターイルミネーションin太田川 ◆名鉄朝倉駅前イルミネーション ◆JR共和駅前イルミネーション ◆大府市深谷さん宅

ムービーを見る

 

【12月13日】年末の特別警戒

大府市で12月12日、「年末特別警戒」と題した啓発活動が行われました。啓発活動には行政関係者、警察署員、地域住民ら合わせておよそ250人が参加しました。

ムービーを見る

 

【12月13日】パンで作るクリスマスリース

東浦町体育館に隣接するはなのき会館で12日、「飾りパン講座」が開かれました。講師を務めたのは、東浦町生路に住む、水野佐智子さんです。水野さんは町内の公民館や自宅で20年ほど前からパン教室を開いています。この日は、8人の参加者が「クリスマスリース」のパン作りに挑戦しました。

ムービーを見る

 

【12月13日】読み聞かせで交流を

知多市立新田小学校で、12月11日、地域の保育園児、幼稚園児を招いた交流会が開かれました。この日は、1年生の児童たちが、園児たちを招待して、絵本の読み聞かせを行いました。

ムービーを見る

 

【12月13日】大府商店街の活性化を願って

12月1日、「大府市街今昔物語」と題した写真集が大府市の男性によって自費出版されました。30年前に撮影されたとされるJR大府駅周辺の商店の写真と現在の同じ場所の写真が縦に並び、30年前と現在が比較できるようになっています。写真集を出版したのは、自身も大府駅周辺に商店を構える深谷静也さん、79歳です。

ムービーを見る

 

【12月12日】紙芝居で人権啓発

東海市立平洲中学校に東海地区人権擁護委員のメンバーが訪れ、人権の大切さを呼びかける啓発活動を行いました。12月4日から10日までの人権週間に合わせて、行われたこの活動では「人権紙芝居」が上演されました。紙芝居は全国中学生人権作文コンテストで入賞した東海市内の生徒の作文を美術部の生徒などが紙芝居にしたものです。

ムービーを見る

 

【12月12日】憧れの山崎武司選手から表彰

東海市にゆかりのあるプロ野球選手、山崎武司選手が名誉会長を勤める「第5回山崎武司杯東海市少年軟式野球大会」の表彰式が11日東海市役所で行われ、上位3チームに山崎選手本人から盾とメダルが贈られました。

ムービーを見る

 

【12月12日】東京打撃団がやってきた

東浦中学校に12月11日、東京都を拠点に活動している和太鼓演奏グループ「東京打撃団」が訪れ、公演を行いました。これは、文化庁が行っている「次代を担う子どもの文化芸能体験事業」の一環として行われたものです。

ムービーを見る

 

【12月11日】日本文化に触れて

12月10日、愛知県立大府東高校にアジア、オセアニアなど8カ国から11人の学生訪問団が訪れました。この訪問団は、およそ670人の団体の1グループで、外務省が実施する海外の青少年プログラムの一環で10日間、日本に滞在します。大府東高校は国際交流に力を入れるいることから今回の訪問団の受入を表明。訪問団の11人は通常授業を見学したほか書道を体験しました。

ムービーを見る

 

【12月11日】正月用しめ縄作り

12月9日、知多市にある日長神社で正月用のしめ縄作りが行われました。しめ縄作りは日長神社奉賛会の総代によって毎年この時期に行われています。この日はおよそ20人が集まり、朝8時30分から昼過ぎにかけて大小あわせておよそ100本のしめ縄が作られました。

ムービーを見る

 

【12月11日】来年の干支はヘビ

知多市総合ボランティアセンターで12月10日、来年の干支の置物を作る講座が開かれました。ちりめんやネクタイをほどいた布で柄を上手に活かして作る来年の干支ヘビの置物です。講師は知多市内の福祉施設などでボランティア活動を行っている「やまもも会」のメンバーが務めました。

ムービーを見る

 

あま〜いイルミネーション

名鉄太田川駅の東にある「駅前イベント広場」で今月12月8日、スイーツをテーマにしたイルミネーション「ウィンターイルミネーションin太田川」が始まりました。会場には高さ10メートルにもなる3段のデコレーションケーキやショートケーキなどスイーツをかたどったイルミネーションが並んでいます。来年1月25日まで毎日、日没から午後10時30分まで点灯されます。

ムービーを見る

 

【12月10日】5500人が東海市を駆け抜ける

「東海シティマラソン」が12月9日、名鉄尾張横須賀駅を発着点にして開催されました。今年で28回目となった東海シティマラソン。市内外から6千人近くの申込みがあり、マラソンやジョギングの部、13種目で競われました。

ムービーを見る

 

【12月10日】まだまだ見ごろ四季桜

知多市大興寺で12月9日「四季さくらまつり」が開かれました。このまつりを企画したのは、大興寺周辺で里山整備を行っている地域住民グループ「山法師の会」です。四季桜は山法師の会が、およそ9年前に大興寺東の竹林を整備する際、植樹したものでおよそ560本が植えられています。四季桜はこれから2週間程は楽しめそうだということです。

ムービーを見る

 

【12月10日】歩いて餅つき楽しんで

「ふれあい健康歩け歩け&もちつき大会」と題されたイベントが12月9日、大府市吉田地区で開かれました。この日は、子どもから高齢者まで320人が参加し、およそ5キロのウォーキングに挑戦しました。一方、公民館駐車場では、もちつき大会が行われ、ウォーキングから戻った人につきたての餅が振舞われました。

ムービーを見る

 

【12月7日】地域の発展のために

東海市と常滑市を結ぶ自動車専用道路「西知多道路」の都市計画の検討が進められています。

ムービーを見る

 

【12月7日】自分ってなんだろう

東海市立横須賀中学校で人権集会が開かれました。人権集会は毎年、様々な講師を迎えて開かれています。今年の講師は、横須賀中学校の「おやじの会」の紹介で兵庫県神戸市に住む品田奈美さんが勤めました。品田さんは、兵庫県神戸市に本部をおくミロスアカデミーの認定講師で、ミロスアカデミーでセミナーを開くほか、全国各地で講演会を開いたり、いじめや不登校、DVなどの相談業務を行ったりしています。この日は、全校生徒およそ900人に向けて自分とはなにかについて話しました。

ムービーを見る

 

【12月7日】駅前を照らすイルミネーション

大府市のJR共和駅前のロータリーで12月1日からイルミネーションが始まりました。共和まちでは、共和地区にゆかりのある金メダリストが多いことから、地元が誇る金メダリストを応援し商店街活性化につなげようと、「金メダルのまち共和」というスローガンを掲げています。今年は大府市の至学館大学出身の吉田沙保里選手がオリンピックと世界選手権合わせて13連覇を果たしたことから、イルミネーションの中に13個の光り輝くボールがちりばめられました。イルミネーションは、来年2月末まで、楽しめるということです。

ムービーを見る

 

【12月7日】今年の新酒できました

東浦町生路にある原田酒造は創業150年以上の歴史を持つ老舗の酒蔵です。原田酒造では12月9日、一般客に酒蔵を開放し今年の新米からつくった新酒を初披露する「蔵開き」が行われます。今年は例年に比べ米の収獲が1週間ほど遅れたものの、米自体の品質は良く、酒の出来も期待できるといいます。

ムービーを見る

 

【12月6日】年末は防犯意識を高めて

12月5日、知多市で一日女性警察官による地域安全キャンペーンが行われました。一日女性警察官に任命されたのは、知多古見郵便局や、名古屋銀行知多支店などに勤める女性5人です。啓発活動にはこのほか、知多市内のコミュニティ関係者や市職員なども参加しました。

ムービーを見る

 

【12月6日】震災からよみがえった文化財展

大府市横根公民館で「震災からよみがえった東北の文化財展」と題された企画展が開かれ、最終日の12月5日には、文化財の展示解説が行われました。文化財の解説をしたのは、岩手県遠野市の遠野文化研究センターと遠野市博物館の職員2人です。この日は、来場者に向けて、展示されていた文化財を1つ1つ紹介していきました。

ムービーを見る

 

【12月6日】五角形のお守りの意味は?

学問の神様と言われる大府市の長草天神社で、オリジナルグッズが、完成しました。このほど完成した長草天神社のオリジナルグッズ、その名も「合格王手」。種類は、ストラップと置き物の2種類あります。

ムービーを見る

 

【12月5日】デートDVを知って

12月4日から10日までの「人権週間」に合わせて、知多市のショッピングセンターで市内の中学生が「デートDV防止」を呼びかける啓発活動を行いました。知多市は、今年度、愛知県教育委員会が進める「愛知人権教育推進のための調査研究」の委託を受けていて、中学生を対象にデートDVの防止と啓発に取り組んでいます。

ムービーを見る

 

【12月5日】手づくり作品ズラリ!

布小物やアクセサリー、木工雑貨やフラワーアレンジなどおよそ90人の手づくり作家の作品を一堂に集めたイベント「ハンドメイド+αフェアー MADE IN わたし」が、12月2日、東海市勤労センターで開かれました。今年で5回目の開催となるこのイベント。年々人気を集め、この日は朝から会場の外に長い列ができました。

ムービーを見る

 

【12月5日】たすけあいの心で30年

知多市八幡にある吉祥院が昭和58年から続けている「寒行托鉢」が、12月1日から7日までの1週間行われています。

ムービーを見る

 

【12月5日】歌声響かせ40年

東海市で活動する女声合唱団「葵コーラス」が、創立40周年記念となる「第6回コンサート」に向けて練習に励んでいます。葵コーラスは、東海市にある葵名和幼稚園に通っていた園児の母親たちを中心に、1972年に結成されました。現在は、50歳代から70歳代まで19人のメンバーが所属していて、講師と指揮を務める知多市在住の鳴海卓さんのもと、週1回、上野公民館で活動しています。コンサートは熱田文化小劇場で来年1月12日に開かれます。

ムービーを見る

 

【12月4日】たくさん交流した4日間

11月30日から12月3日までの4日間、沖縄市・東海市の親善交流事業が行われました。沖縄市・東海市親善交流事業は、昭和62年から始まり、今年で26回目を迎えます。今回は沖縄市の代表生徒20人が東海市を訪れ、交流を深めました。

ムービーを見る

 

【12月4日】みんな手づくり!芸能祭

大府市役所で12月2日、「第5回子ども芸能祭」が開かれました。このイベントは落語や日本舞踊、詩吟などさまざまな芸能を学んでいる大府市内の子どもたちが、日頃の練習の成果を披露する場、また、団体を超えた交流の場として2008年に始まりました。5回目を迎える今年は大府市内で活動する7グループ、合わせておよそ70人が出演し、会場を盛り上げました。

ムービーを見る

 

【12月4日】年末は気を引き締めて運転を

12月1日から10日までの10日間は、「年末の交通安全県民運動」の期間です。これに合わせて、12月3日、東海市役所近くの市道名和養父線で、交通安全啓発運動が行われました。参加したのは、交通安全レディースに任命された市職員や市内にある企業の職員など合わせておよそ70人です。

ムービーを見る

 

【12月4日】洋ランの展示即売会始まる

東海市にある「どんでん広場」が土地の利用期限の関係などにより12月30日で営業を終了します。営業終了まで残り1ヵ月を切った今月12月からは、最後の洋ラン展示即売会が開かれています。洋ランの展示即売会は毎週土日に開催されます。(25日で終了予定)

ムービーを見る

 

【12月3日】人権について考えてみて

12月4日から10日までの「人権週間」に先駆けて、12月2日、東海市にあるショッピングセンターで人権啓発活動が行われました。啓発活動を行ったのは、東海地区人権擁護委員が「一日擁護委員」に委嘱した東海市立名和中学校の生徒と上野中学校の生徒、合わせて15人です。

ムービーを見る

 

【12月3日】大府市文化協会35周年

大府市文化協会の創立35周年記念式典が12月2日、大府市勤労文化会館で行われました。昭和52年に28団体、955人の会員でスタートした大府市文化協会。35周年を迎えた現在では、文芸部門、美術部門、歌謡部門などの10部門に、58団体、およそ1300人が所属しています。

ムービーを見る

 

【12月3日】日長神社 紅葉見ごろ

知多市にある日長神社の裏山にある紅葉谷の紅葉が見ごろを迎えています。紅葉谷は明治42年に名古屋鉄道の前身である愛知電機鉄道が開通するのに先立ち、およそ100本の紅葉の木が植えられてできた知多半島の紅葉の名所です。紅葉は12月中旬ごろまで楽しめるそうです。

ムービーを見る

 

【12月3日】熱戦の愛知駅伝

愛知県内の54市町が参加する「第7回愛知県市町村対抗駅伝競走大会」通称「愛知駅伝」が12月1日長久手市の愛・地球博記念公園で開催されました。町村部の部では、東浦町が愛知駅伝3連覇、4度目の優勝をかざりました。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ