HOME > mediasエリアニュース

情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【5月30日】奉仕活動 続けて10年

知多シニアライオンズクラブの設立10周年を記念するセレモニーが、5月29日、大府市勤労文化会館で開かれました。

ムービーを見る

 

【5月30日】ちぎり絵の魅力感じて

東海市で活動するちぎり絵グループ「ちぎり絵白美」の作品展が東海市役所2階の市民ギャラリーで開かれています。

ムービーを見る

 

【5月30日】畑の中のゴルフ場!?

メディアススタッフが地域の気になる話題をリサーチしてお届けするこのまちリサーチのコーナー。今回は、東浦町にあるゴルフ場を取材しました。

ムービーを見る

 

【5月29日】細井平洲の遺徳を偲んで

東海市荒尾町にある神明社で5月29日、東海市出身の江戸時代の儒学者、細井平洲を偲ぶ平洲祭が開かれました。

ムービーを見る

 

【5月29日】健康分野で協定締結

東海市役所で28日、東海市と大同特殊鋼株式会社が健康推進事業において連携して取り組むことになり、協定締結式が行われました。この協定は、東海市の都市宣言の一つである「生きがいがあり健康なまち東海市」の実現を目指して、健康推進と疾病対策などの分野でお互いに協力することを目的としたものです。

ムービーを見る

 

【5月29日】はじめての田植え体験

東浦町立緒川小学校の児童が5月28日、田植えを体験しました。この日は、5年生児童60人ほどが田植えに挑戦。地元老人会の東楽会の指導のもと素足で田んぼに入り「あいちのかおり」という品種の苗、5000本ほどを広さ26坪の田んぼに植えていきました。

ムービーを見る

 

【5月29日】東海市万歳保存会記念公演に向けて

この地方に古くから伝わる万歳の伝承・保存を行っている「東海市万歳保存会」が結成から45年を迎えるにあたり6月2日に記念公演を行います。

ムービーを見る

 

【5月28日】花壇で地域の安心を

知多市のボランティアグループ「長浦花ボランティア」が長年の活動を評価され「愛知県都市緑化功労者表彰」を受賞し、5月27日、報告のため知多市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【5月28日】横須賀の昔と今を歩く

東海市の元浜公園をスタートする「横須賀の昔と今を歩く」と題されたウォーキング大会が開かれました。主催したのは「楽笑クラブ」という市民団体です。今回は東海市横須賀町を中心に山車蔵などを見て回るおよそ4kmのコースに90人ほどが参加しました。

ムービーを見る

 

【5月28日】さつき花季と山野草展

5月25日と26日の2日間、東海市の上野公民館で東海さつき山野草会による盆栽や鉢植の展示会が行われました。

ムービーを見る

 

【5月27日】大府市文化の祭典

大府市勤労文化会館で5月25日と26日の2日間、「大府市文化協まつり」が開かれました。大府市文協まつりは大府市文化協会に加盟している団体の日ごろの成果を発表する場を設け、市民に市の文化活動を広く知ってもらおうと毎年この時期に開かれていて今回で37回目を迎えます。

ムービーを見る

 

【5月27日】ビーチをはだしで楽しもう!

知多市にある新舞子マリンパークで5月26日、「第8回ビーチライフin新舞子2013」が開かれ、多くの人で賑わいました。

ムービーを見る

 

【5月27日】活力ある地域を目指して

知多市市民活動センターで平成25年度の「大人の学校」開校式が行われました。大人の学校は、知多市が主催するまちづくり人材育成事業です。定年後の時間を活かして活動したい人や、地域のために何かしたい人などが集まりまちづくりや地域づくりを学びます。

ムービーを見る

 

【5月24日】団結力で全国優勝

今年の3月に三重県で行われた「第26回全国ジュニア王座決定戦ソフトテニス大会」で加木屋中学校テニス部が男子団体の部で優勝しました。

ムービーを見る

 

【5月24日】全国二連覇を目指して

自転車競技、ロードレースの全国大会に出場することが決まった大府市在住で、愛知県立大府東高校3年生の伊藤杏奈さんが、5月22日、出場報告のため、両親とともに久野孝保大府市長のもとを訪れました。

ムービーを見る

 

【5月24日】地域に花と笑顔を

知多市で緑化推進活動を続けている「旭桃花つぼみ会」が、「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰を受けました。

ムービーを見る

 

【5月24日】安全なレースのために

6月9日行われるトライアスロンの全国大会「アイアンマン70.3セントレア知多常滑ジャパン」のコースの安全点検が行われました。

ムービーを見る

 

【5月23日】金メダリストのパネル完成

大府市役所地下多目的ホールで5月22日、大府市に縁のある金メダリスト5人のパネルが完成し除幕式が行われました。スペシャルゲストとして柔道の吉田秀彦さん、大石道場の大石康さん、レスリングの吉田沙保里選手、栄和人監督が登場しました。

ムービーを見る

 

【5月23日】米づくり体験スタート

知多市立新知小学校5年生の児童が、学校の敷地内にある田んぼで田植えに挑戦しました。

ムービーを見る

 

【5月23日】ハンドメイド作家のグループ

スタッフがメディアスエリアの気になる情報をリサーチしてお届けするこのまちリサーチのコーナー。今回は、ママ友のある活動を紹介します。

ムービーを見る

 

【5月20日】質の高いレッスンを

大府市にある総合レジャースポット、「大府グリーン」の敷地内にプロゴルファー江連忠さんが主宰する「江連忠ゴルフアカデミー愛知校」が開校するのに合わせ5月21日、アカデミー契約プロを招いてのチャリティイベントが開かれました。江連忠ゴルフアカデミーは、日本のトップクラスのプロゴルファー、片山晋呉さんや上田桃子さんなどを教え子に持ちプロを教えるプロとしてゴルフ界で有名な江連忠さんが開いています。

ムービーを見る

 

【5月22日】ダンスで世界一

5月21日、大府市に住む高校生がアメリカで行われたダンスの世界大会で優勝し、報告のため、チームの監督と共に大府市役所を訪れました。報告に訪れたのは至学館高校3年生の泉風香さんと泉さんが所属する至学館高校ダンス部の顧問で監督の泉恵美さんです。

ムービーを見る

 

【5月22日】シビックガーデンコンテスト表彰式

5月20日、大府市役所で今年度のシビックガーデンコンテストの表彰式が行われました。8回目を迎えた今回のコンテストでは、家庭緑花の地植えの部、家庭緑花の鉢植えの部、店舗・事業所・共同緑花の部の3部門で行われました。

ムービーを見る

 

【5月20日】花しょうぶ咲き始める

東海市にある大池公園では、花しょうぶが咲き始めました。公園内の花しょうぶ園には、128種類8000株の花しょうぶが植えられています。先週から花が咲き始め、6月上旬に見ごろを迎えるということです。

ムービーを見る

 

【5月21日】空手の全国大会で優勝

東海市横須賀小学校3年生の岩田航くんが第15回オープントーナメント全日本ジュニア空手道選手権大会で優勝を果たし、5月20日、報告のため東海市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【5月21日】心あたたまる絵本を寄贈

大府市在住のみやしたかみゑさんが自身が執筆した絵本32冊を大府市に寄贈するため5月20日、大府市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【5月21日】地域のみんなで運動会

大府市長根町にある東山小学校で5月19日、東山コミュニティ推進連絡協議会が主催する区民運動会が行われました。

ムービーを見る

 

【5月21日】オーストラリアでの体験報告

東海市役所で5月18日、東海市海外体験事業の報告会が開かれ市長や教育長、保護者らを前に派遣された生徒たちが報告を行いました。

ムービーを見る

 

【5月20日】ちた塾で生涯学習

市民の生涯学習の場「市民大学ちた塾」の平成25年度前期開講式と、I周年記念式典が、5月19日に開かれました。市民大学ちた塾は、市民が主体となって運営する大学で、平成15年に開校し、今年で10周年を迎えます。

ムービーを見る

 

【5月20日】とうちゃんソフトボール オールスター大会

5月19日に東海市の新宝緑地運動公園で東海市とうちゃんソフトボール連絡協議会のソフトボール大会が開かれました。今回の大会は「東海市TBSオールスターソフトボール大会」という大会で東海市にある4つある北部同好会、南部TKS会、ふれあいリーグ、加木屋リーグのとうちゃんソフトの各リーグから選手を選抜して2チームつくりトーナメント方式で戦うというものです。

ムービーを見る

 

【5月20日】アート作品や雑貨がズラリ

名鉄太田川駅前のイベント広場で、5月18日と19日の2日間、アート&クラフトフェア「アル・トゥ・エン」と題された催しが行われました。このイベントは、駅前イベント広場の活性化のために、東海市と、常滑市を拠点に各種イベントなどを手がけている「MALUTO企画」が雑貨店などを協働で、今回初めて開いたものです。

ムービーを見る

 

【5月20日】どこまでも続くよ!

東海市のしあわせ村で5月18日、東海ロールアクション2013が行われました。今回で5回目となるこのイベントはスイーツで東海市を盛り上げようと東海あま〜いシアワセ♪アカデミーが企画したもので、市内の洋菓子店6店舗が協力しています。

ムービーを見る

 

【5月17日】読み聞かせをして31年

子どもを対象とした読み聞かせボランティアを31年間続けてきた男性が、このほど、文部科学大臣表彰を受けました。東海市加木屋町に住む、澤田修一さん、61歳。小学校教諭である澤田さんは、昭和57年から、毎月1回、東海市立中央図書館で、子どもを対象とした読み聞かせ活動を続けています。

ムービーを見る

 

【5月17日】ホタル見えたかな?

大府市立柊山保育園でホタルの観察会が開かれました。観察会を開いたのは、大府市に住む深谷豊さんです。深谷さんは、愛知ホタルの会に所属していて、ホタルを飼育しているほか、ホタルについての研究をしています。

ムービーを見る

 

【5月17日】楽しみながら30年

東海市内で活動する水彩画グループ「稲穂会」の作品展が、東海市立文化センターで開かれています。稲穂会は昭和57年、文化センターで開かれた水彩画講座の受講生を中心に結成され、今年で30周年を迎えました。

ムービーを見る

 

【5月17日】おいしいブルーベリーに笑顔

東浦町にある「外山農園」でブルーベリー狩りが行われています。東浦町緒川と森岡に3か所、合わせて60アールのブルーベリー農場を持つ「外山農園」では、ハウス栽培と露地栽培のブルーベリー13品種、およそ2000本を栽培しています。

ムービーを見る

 

【5月16日】長年の消防活動を称え

知多市金沢に住む、元消防司令官、松浦政典さん67歳が危険従事者叙勲で瑞宝単光章を受章し、報告のため知多市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【5月16日】緑のカーテンをつくろう

東浦町にある於大公園内「このはな館」で、緑のカーテンの作り方を学ぶ実演講習会が開かれました。

ムービーを見る

 

【5月16日】多彩なバラを見に来てね

東浦町にある於大公園内のバラ園が、まもなく見頃を迎えます。バラ園は、2年前にリニューアルされ、現在は、45種類48本のバラと20種類の草花が植えられています。4月末には、多くの蕾が色づきはじめ、5月7日、早咲きのバラから咲き始めました。

ムービーを見る

 

【5月16日】眠りの店ってどんな店

メディアススタッフが地域の気になる情報をリサーチしてお届けするこのまちリサーチのコーナー。今回は眠りに関する専門店をスタッフが取材しました。

ムービーを見る

 

【5月15日】看護の心を胸に

大府市にある愛知県立桃陵高等で5月14日、戴帽式が行われました。桃陵高等には衛生看護科があり、病院での本格的な臨床実習を前に生徒に看護を学ぶ意思を深め、自覚と責任を改めて認識してもらうため戴帽式を行っています。

ムービーを見る

 

【5月15日】ロボットに情熱を

東浦町尾張森岡駅すぐ西にある学習塾の一角で、子どもを対象としたロボット工作の教室が開かれています。この教室は全国展開されているフランチャイズのロボット教室のひとつで、4年前から開かれています。

ムービーを見る

 

【5月15日】安心して暮らせるまちづくりへ

東海市役所で、5月14日、東海市防犯・青少年健全育成・交通安全推進大会が開かれました。東海市と警察、事業者、地域住民で組織する東海市防犯・青少年健全育成・交通安全推進協議会では、今年度行う事業内容を確認するとともに、防犯・青少年健全育成・交通安全に対しての意識を高める目的で毎年この時期に推進大会を開いています。

ムービーを見る

 

【5月15日】地域で育てるさつまいも

大府市にる吉田保育園の園児と吉田地区の住民が5月14日、さつまいもの苗を植えて地域交流をしました。苗植えは大府市吉田町の地域住民でつくる吉田まちづくり協議会ふれあい部のメンバーが中心となり企画されました。

ムービーを見る

 

【5月14日】春の叙勲受章報告

知多市新舞子在住の長坂壽子さんがこのほど春の叙勲で瑞宝章を受章し、報告のため市役所を訪れました。長坂さんは現在71歳。昭和45年の国勢調査をはじめとして工業統計調査や家計調査など国や県が実施する様々な統計調査に携わってきました。

ムービーを見る

 

【5月14日】猫の飼い方 知ってるかにゃ?

大府市森岡公民館で5月11日「猫の飼い方講座」が行われました。これは、野良猫を減らす活動をしている「おおぶ地域ねこの会」が森岡地区を拠点としていることや、猫に関する問題を地域の環境問題ととらえ猫の飼い方や知識を地域住民に普及させる目的で今回公民館が、初めて企画しました。

ムービーを見る

 

【5月14日】古谷禎朗 木工芸展

東海市名和町にある企画画廊ギャラリートータクで現在「古谷禎朗木工芸展」と題された展示が行われています。古谷さんは京都在住の39歳。15年ほど前から木を使った家具などを製作し、国展や大阪工芸展など様々な展示会で受賞暦のある木工作家です。

ムービーを見る

 

【5月14日】響け!市民の歌声

大府市勤労文化会館で5月11日、大府市第九合唱団の結団式が行われました。この合唱団は、2000年に大府市制施行30周年を記念し初めて結成され、4回目となる今回は文化協会音楽祭が30回目の年にあたることから開催されることになりました。

ムービーを見る

 

【5月13日】咲かせよう!復興の輪 地域の輪

東浦町の卯ノ里コミュニティが5月12日、東浦町緒川の名鉄河和線東側の道路沿いの敷地でひまわりの種まきを行いました。この日は、卯ノ里コミュニティの親子をはじめ、東浦町と知多市の一部をエリアとするガールスカウト第98団員合わせておよそ100人が参加しました。この取り組みは東日本大震災後、福島県の有志が、復興のシンボルとしてひまわりを植えようと始めた「福島ひまわり里親プロジェクト」の一環で行われました。

ムービーを見る

 

【5月13日】20年の節目に大作を披露

大府市勤労文化会館で5月12日、大府市楽友協会管弦楽団の創立20周年記念演奏会が開かれました。

ムービーを見る

 

【5月13日】1300年の歴史を伝える

知多市八幡の法海寺に隣接する吉祥院で5月12日、記念法要が行われました。この記念法要は、法海寺の本堂と書院が平成17年に完成したのを記念して毎年この時期に行われているもので今年で8回目になります。

ムービーを見る

 

【5月13日】お母さんへ心をこめて

母の日の前日の5月11日、知多市にある佐布里緑と花のふれあい公園で母の日のプレゼントを作るクラフト講座「母の日にフラワーボックス」が開かれました。

ムービーを見る

 

【5月10日】食の大切さを楽しく学ぶ

児童にバランスよく食べることの大切さを伝える食育劇が知多市立旭南小学校で行われました。劇の主役は、主食、主菜、副菜、牛乳・乳製品、果物という健康的な食生活のために必要な組み合わせの5項目から生まれた「食まるファイブ」というキャラクターです。

ムービーを見る

 

【5月10日】地域で防災体制を確認

大府市では、大雨、洪水、暴風などの警報が発令された時や震度5以上の地震が発生した時など大府市役所には「災害対策本部」が設置され、また地域には本部と地域住民との連携を図る「災害対策支部」が公民館など10箇所に設置されます。市では、水害などが起こりやすい梅雨の時期を前に毎年、地域の防災対策の拠点となる災害対策支部の総点検を行っています。

ムービーを見る

 

【5月10日】気軽にアートを楽しもう

大府市共和町にある東鮓共和店で5月9日、ぬりえアート教室が開かれました。東鮓共和店では、お客さんとコミュニケーションを図る場所を作るため、月に1回ほど様々なイベントを行っています。

ムービーを見る

 

【5月10日】お母さんいつもありがとう

東海市内にある各児童館で母の日プレゼント作りが行われています。これは5月12日の母の日を前にお母さんへの日頃の感謝の気持ちを手作りのプレゼントを添えて伝えようと企画されたもので毎年この時期に行われています。

ムービーを見る

 

【5月9日】自転車の乗り方大丈夫?

知多市立旭東小学校で、5月8日、安全な自転車の乗り方を学ぶ交通安全教室が開かれました。教室には、5、6年生の児童104人が参加し、知多警察署の署員と地域の交通指導員3人が指導にあたりました。

ムービーを見る

 

【5月9日】地域をつなぐ さくらんぼ

東浦町緒川に住む國分勝治さんの庭には、1本のさくらんぼの木が植えられています。現在、木には、真っ赤に輝くさくらんぼが鈴なりに実っています。この木は、地域の交通指導員を26年間続けた妻、美智子さんが地域の子どもたちと楽しく交流するきっかけになればと20年ほど前に植えたものです。以来、実のなるこの時期にはさくらんぼ狩りを楽しんでもらおうと、地域の保育園児や小学生などを招待する活動を続けています。

ムービーを見る

 

【5月9日】不定期な自宅SHOP 雑貨屋GWL

メディアススタッフが気になる話題をリサーチしてお届けするこのまちリサーチ。今回は、「不定期な自宅ショップ」を開いているご夫婦のお宅に伺ってきました。

ムービーを見る

 

【5月8日】ホタル元気に育ってね

知多市佐布里地区にホタルを復活させようと活動している「ふれあい佐布里ホタルの会」が、5月8日、地元の園児と一緒にホタルの幼虫の放流を行いました。

ムービーを見る

 

【5月8日】ろうそくの灯に誓う

知多市立看護専門学校で5月7日、宣誓式が行われました。宣誓式は、看護学生としての自覚と向上心を高めるため、臨床実習を控えた2年生を対象に毎年この時期に行われています。今年は男子学生3人を含む10代から30代までの2年生29人が宣誓者として参加しました。

ムービーを見る

 

【5月8日】スポーツで国際交流

東海市の姉妹都市スポーツ振興交流事業で東海市の姉妹都市であるトルコ共和国ブルサ市ニルフェル区に派遣されることになった東海市交流団の結団式が5月7日、東海市役所で行われました。

ムービーを見る

 

【5月8日】青空の下で駆け回れ

JAあいち知多が主催する少年サッカー大会が、5月5日、あいち健康の森公園で開かれました。この大会は、青少年の健全育成と地域社会貢献を目的に開かれていて、今年で14回目になります。参加するのは、小学4年生以下の子どもたち。今年は、知多半島内で活動する少年サッカーチームから合わせて34チームが参加しました。

ムービーを見る

 

【5月7日】ゴールデンウィーク最終日賑わう

知多市佐布里台にある佐布里緑と花のふれあい公園で、5日と6日の2日間、「佐布里緑と花のふれあい公園フェスティバル」と題されたイベントが開かれました。 和太鼓やダンス、よさこい踊りなどが披露されたステージイベントのほか、ポニーがひく馬車に乗るイベントや、ふれあい動物園、佐布里朝市、クラフト体験コーナー、フリーマーケットなどたくさんのイベントが開かれ、訪れた人を楽しませました。

ムービーを見る

 

【5月7日】みどりを育もう

知多市にある知多電力館では、5日と6日の2日間、ガーデニングをする際に手にはめるオリジナルのガーデニンググローブを作るイベント「みどりを育もう」が開かれました。 オリジナルガーデニンググローブは、好きな形に切ったフェルトを市販の軍手に貼り付けて作ります。イベントには、未就学児から小学校低学年の子どもとその親を中心に2日間で283人が参加しました。

ムービーを見る

 

【5月7日】よろいかぶとでカッコよく!

知多市の歴史民俗博物館で、6日、「よろいかぶとを着てみよう」と題されたイベントが開かれました。 用意された試着用のよろいは、4年前に市民から寄贈された工芸品で、大人用サイズ、重さはおよそ10キロあります。 子どもたちは、重そうにしながらも一生懸命ポーズをとっていました。

ムービーを見る

 

【5月7日】ゴールデンウィーク思い出インタビュー

ゴールデンウィーク思い出インタビュー

ムービーを見る

 

【5月6日】一緒に竹トンボを作ろう

大府市にある自然環境学習施設二ツ池セレトナで「竹細工で遊ぼう」と題された体験講座が開かれました。 この体験講座は大府市内の老人クラブ「北山さくら会」が開いたものです。

ムービーを見る

 

【5月6日】愛するクレマチス展

大府市吉田公民館で「花とみどりの会」の会員によるクレマチス展が開かれています。 クレマチスはつる性の植物で自生種は300以上あるといわれているほど種類が豊富な植物です。

ムービーを見る

 

【5月6日】ゴールデンウィークインタビュー

ゴールデンウィークインタビュー

ムービーを見る

 

【5月6日】ゴールデンウィークの賑わい

大府市にあるげんきの郷では4月27日から5月6日までふれあいフェスティバルが開かれました。会場ではフリーマッケトやコケ玉づくり、施設の周りの畑をめぐるウォーキングなど様々なイベントが行われ多くの家族連れで賑わいました。

ムービーを見る

 

【5月3日】新茶の季節にいかが

東浦町にあるあいち健康プラザで、ゴールデンウィークに合わせて、健康茶フェアとパンケーキフェアが開かれています。このフェアを企画したのは「株式会社アクト未来」です。

ムービーを見る

 

【5月3日】当時の暮らしを懐かしむ

日用雑貨や化粧品などを扱う東海市にある西丸屋が、これまでの資料などを展示した史料館をつくりました。西丸屋は明治20年、当時の知多郡高横須賀村に創業。126年目を迎える今年、現代の代表取締役である佐野学さんの提案で史料館をつくることになりました。史料館には明治から昭和にかけて西丸屋で取り扱っていた日用品など数多く展示され、当時の暮らしぶりを伺うことができます。

ムービーを見る

 

【5月3日】絵を通じた出会いを大切に

東海市立市民活動センターで現在、春の花などを描いた水彩画の作品展が開かれています。作品展を開いているのは東海市に住む武下久美子さんです。武下さんは難病と闘いながら動かせる右手を使って日々絵を描いています。

ムービーを見る

 

【5月2日】大府を舞台に時代小説

大府市若草町に住む、廣江安彦さんがこのほど昔の大府村を舞台にした時代小説を完成させました。

ムービーを見る

 

【5月2日】健やかな成長を願って

知多市歴史民俗博物館では、5月5日の端午の節句に合わせ毎年、五月人形やこいのぼりなどを展示する収蔵品展を開いています。

ムービーを見る

 

魚好き少年の特技!?

メディアススタッフが気になる情報をリサーチしてお届けする「このまちリサーチ」今回は魚が大好きな少年を紹介。変わった特技にも注目です!

ムービーを見る

 

【5月1日】更なる連携強化を

1日、東海市と東海市にある星城大学が、地域の活性化などを目的とした相互の連携に関する協定を締結しました。今回締結された協定はまつづくりや、人材の育成、大学の施設開放と、自然災害及び緊急事態の発生に関することなど9つの項目で連携を図るという内容です。

ムービーを見る

 

【5月1日】知多市観光ガイドブック完成

知多市はこの度、市の観光スポットや飲食店、お土産などを紹介する観光ガイドブック「ちたびより」を新しく作成しました。市役所をはじめ様々な場所で手に入れることができます。

ムービーを見る

 

【5月1日】植樹を通じて明るい社会づくり

大府市立大府小学校で4月29日、「明るい社会づくり運動知多地区推進協議会大府地域」によるハナモモの苗木の植樹が行われました。明るい社会づくり運動は31年まえから続けられていて、2007年まで4月29日が「みどりの日」だったことから、毎年この日に植樹を行っています。この日の植樹にはおよそ60人が参加、樹齢3年高さ1.5mほどのハナモモの苗木20本を大府小学校の敷地に植樹しました。

ムービーを見る

 

【5月1日】ハウスいちじく出荷スタート

東海市大田町にある美馬園芸フルーツファームでは、4月中旬からハウス栽培のいちじくの出荷が始まっています。ハウスいちじくは露地ものに比べ4か月ほど早い時期から収穫できますが、全国的にも生産者が少なく贈答用として人気があります。今年は4月18日から出荷が始まり、1日に180gほどの大玉のいちじく200玉ほどが出荷されています。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ