HOME > mediasエリアニュース

情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

夢の実現に向けて

東浦町を拠点に活動している「知多サッカークラブ」のジュニアユースU−15のチームが、「第28回日本クラブユースサッカー選手権大会」出場権を手にしました。知多サッカークラブは、県大会で最大のライバルである名古屋グランパスユースを破り初優勝。東海大会では3位に入賞し全国大会出場を決めました。全国大会は8月15日から北海道で予選が行なわれ、予選リーグ上位2チームが本選に進むということです。

ムービーを見る

 

【7月31日】全国の舞台で輝け

小学生の水泳の全国大会「とびうお杯第28回全国少年少女水泳競技大会」に、東海市内のスイミングスクール「ビッグ・エス」に通う小学生が出場します。出場するのは、4年生から6年生までの13人。それぞれ、種目優勝や決勝進出、自己ベストタイム更新などの目標を掲げ、練習に励んでいます。大会は8月3日と4日に、静岡県浜松市で開かれます。

ムービーを見る

 

【7月31日】本を好きになろう

7月20日から8月4日まで、東海市立中央図書館で「子ども司書体験講座」が開かれています。この講座は、子どもたちに読書習慣を身に付けてもらおうと、2年前から始められました。対象は小学5、6年生。今年は1日5人、合計80人が参加します。この日は、本の配置を勉強し、与えられたテーマの本を探す体験をしたほか、本の修理なども体験しました。

ムービーを見る

 

【7月31日】きれいな三河湾を目指して

7月24日から始まった「三河湾浄化週間」。最終日の7月30日、イオンモール東浦で、クリーンキャンペーンが行なわれました。「三河湾浄化週間」は、三河湾浄化推進協議会が定めた7月の第4水曜日の「三河湾浄化の日」を始めとする1週間を指します。三河湾に面する東浦町では、毎年、生活排水による水質汚染防止を目的にキャンペーンを実施。この日は、家庭排水の浄化に使える啓発品やパンフレットを配り、水質浄化を呼びかけました。

ムービーを見る

 

【7月30日】東海市へようこそ

東海市の姉妹都市、山形県米沢市の中学生が、親善交流のため東海市を訪れています。東海市は、市の歴史や文化、産業を米沢市の中学生に知ってもらおうと、毎年米沢市の中学生の受け入れを行なっています。9回目となる今年は、米沢市の中学3年生16人が東海市を訪れ、7月29日、東海市の中学生と夕食会で交流を図りました。米沢市の中学生は31日まで滞在し、地元の中学校の訪問や新日鐵の工場の見学などを行ないます。

ムービーを見る

 

【7月30日】力作がズラリ

大府市勤労文化会館で、7月27日から29日までの3日間、「大府市四中学校美術部合同作品展」が開かれました。この作品展は美術部にも夏の大会を作ろうと、大府市内の中学校教員が協力して毎年開いているものです。今年は絵画、写真、自刻像、ガラス細工など約230点が展示されました。

ムービーを見る

 

【7月30日】八幡台夏まつり2013

知多市にある八幡台中央公園で、7月27日、八幡台自治会の「八幡台夏まつり2013」が開かれました。この夏まつりは、毎年地元住民の有志で組織される「夏まつり実行委員会」が企画や運営を行なっていて、今年で11年目を迎えます。会場ではステージイベントが行なわれたほか、ゲームや食べ物の屋台が並び、多くの人が地域の夏まつりを楽しんでいました。

ムービーを見る

 

【7月30日】地域の伝統行事 盆踊り

東海市の横須賀小学校のグラウンドで、7月27日と28日、高横須賀町内会の夏祭りが行なわれました。この夏祭りは、町内の親睦を図り結束を高めようと、40年以上前から続けられています。会場にはPTAや子ども会、商工会青年部、町内会役員OBなどが出した出店が並んだほか、盆踊りも行なわれ、2日間で約1500人が訪れたということです。

ムービーを見る

 

【7月29日】見事な瓢箪がズラリ

大府市にあるげんきの郷で、7月28日、全日本愛瓢会愛知県支部による瓢箪の作品展示が行われました。この展示は、6月に埼玉県で行われた「第38回全日本愛瓢会展示会」において、愛知県支部のメンバーの作品が「素瓢」部門で内閣総理大臣賞を受賞したことを記念して行われたものです。

ムービーを見る

 

【7月29日】ボールを追いかけ熱戦

7月28日、知多運動公園陸上競技場で、知多市内の少年サッカーチームが出場する「第35回ジュニア・カップ 少年サッカー大会」が開かれました。この大会は、知多市体育協会サッカー部が毎年夏と冬に開いているもので、知多市内の少年サッカーチーム全6チームが、学年ごとにチームをつくって戦います。選手たちは、暑さにも負けず熱戦を繰り広げていました。

ムービーを見る

 

【7月29日】はじめての夏まつり

東浦町緒川にある葵ノ荘団地で、7月27日、「新・東浦葵ノ荘夏祭り」と題されたまつりが開かれました。葵ノ荘団地では、一昨年まで盆踊り大会を開いていましたが、都合により大会が取りやめられた去年は、葵ノ荘団地としての夏のイベントは一度も開かれませんでした。団地に住む住民の交流の場がなくなることは寂しいと、東浦葵ノ荘団地自治会は、今年「夏祭り」という形で新たに夏のイベントを開催。ステージイベントを企画したほか、以前よりゲームの種類・屋台の数を増やしました。訪れた人たちは地元の手作りの夏祭りを通して地域の輪を広げていました。

ムービーを見る

 

【7月29日】今年はどんな仮装?

東海市の加木屋コミュニティの盆踊り大会が、7月27日、地区内にある多目的広場で開かれました。加木屋コミュニティの盆踊り大会の目玉は、仮装大会です。毎年、様々なキャラクターやアイドルの格好をしたグループが一般の人に混ざって盆踊りに参加します。今年は加木屋地区の子ども会やボーイスカウト、加木屋小学校PTAなど、4グループが仮装して参加。楽しそうに踊っていました。

ムービーを見る

 

【7月26日】光る太鼓で慰問!

大府市の和太鼓教室に通う小学生が25日、追分デイサービスセンターを慰問に訪れ、和太鼓の演奏を披露しました。 演奏を披露したのは、大府市横根町にある横根藤井神社で練習している和太鼓教室「つるちゃんファミリー」の7人です。 演奏中に、太鼓や衣装が光るというオリジナルの演出もあり、利用者を楽しませました。

ムービーを見る

 

【7月26日】知多半島のエネルギーを学ぼう

東海市にあるガスエネルギー館で25日、現場見学ツアーが開かれました。 東海市では、自ら進んで環境問題に取り組める人づくりを目指し、平成20年に東海市エコスクールを開始。この日の見学ツアーはその一環として開かれ、「知多半島のエネルギーを学ぼう」をテーマに、環境問題に取り組んでいることや地球温暖化について紹介されました。 参加した親子は、楽しみながら身近なエネルギーについて学んでいました。

ムービーを見る

 

【7月26日】オム二キン!

東海市民体育館で25日、ニュースポーツ「キンボールスポーツ」の体験会が行われました。 「キンボールスポーツ」はカナダで生まれたボールスポーツで、直径122センチ、重さわずか1キロのボールを4人1組のチームで打ち合います。 東海市、大府市、知多市、東浦町のスポーツ推進委員は、スポーツの普及を目的に、「キンボールの日」と題した体験会を開いていて、回を重ねるごとに参加人数も増え、人気を集めています。 この日は約20人が参加し、仲間と楽しそうに汗を流していました。

ムービーを見る

 

【7月26日】知多半島をPR

中部国際空港セントレアで20日と21日の2日間、「知多半島観光物産展」が開かれました。 会場では、物産の販売やステージイベントが行われ、イベントの最後には、知多半島PRキャラクターの「知多娘。」が登場。今月13日に行われたオーディションで選ばれた新メンバーのお披露目も行われ、会場を盛り上げました。

ムービーを見る

 

【7月25日】自分との闘いの果てに

ワープロの全国大会「第60回記念全国高等学校ワープロ競技大会」への出場を決めた、愛知県立東海商業高校ワープロ部が、東海市役所に報告に訪れました。 東海商業高校は、6月に行なわれた県大会速度の部で団体優勝を果たし、8月に行なわれる全国大会に挑みます。

ムービーを見る

 

【7月25日】姉妹都市との素敵な交流

大府市とオーストラリアのポート・フィリップ市の姉妹都市提携20周年を記念し、大府市民訪問団がポート・フィリップ市を訪問します。これを前に24日、市民訪問団への説明会が行なわれました。 大府市は平成5年にポート・フィリップ市と姉妹都市提携を結んでいて、中学生の海外派遣事業や、市民訪問団の相互交流などを通して友好交流を続けてきました。 今回の訪問は、11月9日から16日の8日間が計画されていて、植樹などを行なう予定です。

ムービーを見る

 

【7月25日】縄文時代を知ろう

知多市歴史民俗博物館では現在、縄文時代の遺跡に関する企画展「知多×縄文 〜見て触れて体験する縄文の暮らし」と題された企画展が開かれています。 知多半島にある遺跡の出土資料が展示されているほか、資料を見ながら答えるクイズラリー、縄文時代の生活を体験するコーナーなどが設けられています。 この企画展は、9月1日まで開かれています。

ムービーを見る

 

【7月24日】勝利に向かって

全国大会で優勝した実業団ハンドボールチーム「大同特殊鋼フェニックス」と、全国大会出場を決めた「東海ハンドボールスクール 男子チーム」が、報告のため東海市役所を訪れました。 フェニックスは、7月3日から行われた「高松宮記念杯第3回全日本社会人ハンドボール選手権大会」で日本一に輝きました。 一方、フェニックスが指導する小学生チーム「東海ハンドボールスクール」は、6月に行われた県大会で優勝し、8月1日から始まる全国大会への出場を決めました。

ムービーを見る

 

【7月24日】全国大会で力発揮します

夏休み中に行われる、スポーツの全国大会への出場を決めた小中学生が、知多市役所に報告に訪れました。 卓球、剣道、水泳、空手、サッカーに出場する23人がそれぞれ全国大会に向けた抱負を述べ、加藤功知多市長がエールを贈りました。

ムービーを見る

 

【7月24日】かわったブドウ「○○○○玉」

メディアススタッフが気になる話題をリサーチしてお届けする「このまちリサーチ」 今回は、東浦町にあるぶどう農園におじゃまし、収穫前に見られるという変わったぶどうを紹介してもらいました。 協力:杉原ぶどう園    東浦町緒川桐池壱区14-1    0562-83-4324    

ムービーを見る

 

【7月23日】ボランティアで竹林整備

東浦町の少年野球チーム「ホワイトベアーズ」が、東浦町自然環境学習の森の竹林を整備するボランティアを行いました。 自然環境学習の森では、生えすぎた竹林を伐採し、広葉樹林が広がる里山を再生・保存しようと、地域住民からなる「自然環境学習の森保全・育成の会」が竹林の整備を進めています。 少年野球チーム「ホワイトベアーズ」は、3年前から毎年、切った竹を運ぶボランティアをしています。 この日は41人の野球少年が参加し、約500本の竹が運び出されました。切った竹は火にかけられ、畑にまく肥料用の竹炭として再利用されるということです。

ムービーを見る

 

【7月23日】一緒に考えよう!

子育てする女性の社会復帰を支援するプロジェクト「NECワーキングマザーサロン」が大府市で開かれました。 産後女性の心身のヘルスケアに取り組む全国規模の団体「NPO法人マドレボニータ」と「NEC」が主催したもので、大府サロンには6人が参加。「母となって働く私」をテーマに、職場復帰への不安や仕事と子育てを両立する難しさなど、日頃の悩みや考えを語り合いました。

ムービーを見る

 

【7月23日】いざという時に備えて

東浦町立石浜小学校の体育館で、外国人住民のための防災訓練が行われました。 訓練には、フィリピンやブラジル、韓国、ネパールなど65人の外国人が参加。東浦町通訳ボランティアの協力のもと、英語、ポルトガル語など5か国語の資料が用意されました。 訓練では、身近なものを使った応急手当の指導や、非常持ち出し品ゲームなどが行われ、参加した外国人住民は熱心な様子で取り組んでいました。

ムービーを見る

 

【7月23日】いっぱいすくえたよ

東海市しあわせ村の温浴プールでは、毎年夏休みが始まるこの時期に、夏休み特別企画「スーパーボールすくい」が行われています。 子供たちは用意された3000個のボールを夢中になってすくっていました。 スーパーボールすくいは、8月12日と26日にも開催される予定です。

ムービーを見る

 

【7月22日】宇宙を体験!

東浦町にあるあいち健康プラザでは現在、夏休みの企画展示「宇宙とからだの神秘をめぐる 出発!!!こども宇宙探検隊」が開かれています。 宇宙を疑似体験できるという企画で、会場には月面にいるかのような体験ができるロープの遊具や、火星探査機を模したラジコンを操って遊ぶコーナーなどが設置されているほか、宇宙にまつわるパネルや模型も展示されています。 この企画展示は9月1日まで開かれています。

ムービーを見る

 

【7月22日】夏休み最初のなつまつり!

知多市地域文化センターでなつまつりが開かれました。 今年は「ちぶんサファリであそぼう」をメインテーマに、スタッフ手作りの動物の展示がずらりと並べられました。 まつりには、知多中と旭南中の生徒がボランティアとして参加し、遊びに来た子供たちを楽しませていました。 夏休み最初の休日とあって家族連れも多く、約4,000人が来場したということです。

ムービーを見る

 

【7月22日】夏越の祓 茅の輪くぐり

東浦町緒川にある入海神社で天王祭がおこなわれました。 入海神社で毎年開かれているこのまつりでは、「夏越の祓」と呼ばれる厄除の行事が行われ、直径約2mの茅の輪が設置されます。 来場者は茅の輪を八の字を描くように3回くぐり、これから半年間の安全と健康を祈願していました。

ムービーを見る

 

【7月22日】ハス見頃

あいち健康の森公園で現在、ハスの花が見ごろを迎えています。 あいち健康の森公園の南に位置する「いのちの池」には、約1,000株のハスの花が植えられています。現在、白や淡いピンクのハスの花が池一面に見られます。 ハスの花は、今週いっぱいまで見頃だということです。

ムービーを見る

 

【7月19日】いよいよ明日から夏休み

今日、愛知県内の小中学校で1学期の終業式が行われました。 全校生徒367人が通う東浦町立生路小学校では延永保二校長先生が夏休みの約束の話をしました。 また、夏休みに児童を代表して広島と神戸に国内研修に行く児童や消防署で一日入署体験をする児童などの紹介もあり、児童たちは明日からの夏休みに胸を弾ませている様子でした。

ムービーを見る

 

【7月19日】楽しく きっともっと体操!

東海市内で健康体操体操教室を開いている「東海市健康づくりリーダー連絡協議会」が今年6月に完成した「きっともっと体操」を地域の子どもに知ってもらおうと市内の小学校や保育園での指導を始めました。 初回となるこの日は、メンバーが加木屋南小学校を訪れ全校生徒823人と体操をしました。 児童たちは初めて見た体操にも関わらずすぐに覚え楽しそうに体を動かし笑顔を見せていました。

ムービーを見る

 

【7月19日】1人じゃないよ

知多市市民活動センターで引きこもりの若者を支援しようと「知多市青少年居場所づくり事業実行委員会」と題された協議会が開かれました。 協議会では不登校の子どもや引きこもりの若者がいる家庭に元教員や保育士、大学生などのボランティアを派遣する支援事業を今年7月から始め、これまで相談窓口や家庭サロンや進路相談会を開いたりしてきました。 今回は、相談窓口に足を運べない人もいるため若者支援市民団体「まなざし」と「トゥモローネット」と一緒に訪問活動を始めることになりました。

ムービーを見る

 

【7月19日】冷たい抹茶はいかが?

東海市のしあわせ村にある茶室「嚶鳴庵」で冷たい抹茶の販売がスタートしました。 冷たい抹茶はのどごしが良い上、甘味が引き立ちます。 冷抹茶とセットの饅頭も季節によって変わるため四季を楽しむことができるとのことです。

ムービーを見る

 

【7月19日】反射材の着用を!

東浦町役場東の交差点で「夏の交通安全キャンペーン」が行われました。このキャンペーンは夏の交通安全県民運動の一環として行われ、東浦町を管轄する半田警察署の署員や交通指導員、地域で交通安全に関する活動を行う団体など合わせておよそ20人が参加しました。 東浦町内では今年に入って交通死亡事故は起きていないものの、反射材を着用していなかったために起きた2年前の死亡事故を教訓に、今回「反射材を着けよう!光があなたを守る」をスローガンに反射材とチラシを配布しました。

ムービーを見る

 

【7月18日】1歳からの○○ 背筋も心もピンと!

東浦町で1歳の子どもも参加した、 子どもたちの「茶会」が開かれました。 主催したのは「協育NPO母里ん子ちた」。 遊びなど様々な体験を通して子どもの体力や能力、人間性を育む活動をしています。 この茶会は日本文化に親しみ技術を身につけてもらおうと毎月1回の茶道の稽古と共に年に数回行われています。 子どもたちは、大人よりも薄くたてられた抹茶を美味しそうに飲んでいました。

ムービーを見る

 

【7月18日】安全運転お願いします!

7月11日から愛知県下で一斉に始まっている夏の交通安全県民運動。 東海市内で交通安全レディースによる啓発運動が行われました。 今回の啓発ではうちわとウェットティッシュなどが用意され東海市所西側の市道に一列に並び、停止した車のドライバーに声をかけながら啓発物を手渡しました。

ムービーを見る

 

【7月18日】海辺で出会った2人は…

梅雨も明けて夏本番を迎える新舞子マリンパーク。 多くの人が集まるこの海辺でボクシングの練習をしている風景が! コーチの横井 雪美さんとボクサーの城内 詠子さんの2人は、オリンピック出場を目標に二人三脚でトレーニングを行っていました。

ムービーを見る

 

【7月17日】目指せ いきいき百歳

東海市にあるしあわせ村で、市内で活動している健康体操教室のメンバーが集う交流会が開かれました。 東海市では大堀、富貴ノ台、緑陽、高横須賀、下名和の5つの地区で「いきいき百歳体操教室」と題した健康教室が開かれています。 しかし、これまで地区を越えての交流の場がなかったことから今回、5つの地区があつまる交流会が初めて開かれました。 交流会に参加した人たちはともに健康長寿を目指す仲間と一緒におしゃべりを楽しんだり、体を動かしたりして交流を深めていました。

ムービーを見る

 

【7月17日】地元企業から学ぼう

東海市新宝町でナイロンの原料などを作っている東レ株式会社東海工場が、社会貢献活動の一環として水の濾過などに使用される水処理膜を使った理科実験教室を東海市立平洲小学校で行いました。 実験教室では、ろ紙では濾過できない色の付いた水溶液を東レが開発した水処理膜を使って濾過する実験などが行われ、実験に参加した6年生の児童たちは夢中になって実験に取り組んでいました。

ムービーを見る

 

【7月17日】全国大会がんばります

ソフトテニスと剣道の種目で夏に全国大会へ出場することが決まった加木屋南小学校と三ツ池小学校の児童4人が出場報告のため東海市役所を訪れました。 ソフトテニスの全国大会「第30回全日本小学生ソフトテニス選手権大会」に出場する加木屋南小学校6年の佐古香織さんと藤城みちるさんは5月に行われた「第31回愛知県小学生選手権大会」においてそれぞれ1位、2位という成績を収め全国大会の出場を決めました。 剣道の全国大会「第48回全国道場少年剣道大会」に出場する加木屋南小学校6年柳沢玲希さんと三ツ池小学校の久野綾香さんは、4月に行われた県大会で所属する東海市の剣道教室「修徳館日比野道場」がベスト8入りを果たし全国大会の出場を決めました。

ムービーを見る

 

【7月17日】知多半島をPRします!

東海市立勤労センターで知多半島PRキャラクター「知多娘。」の声優オーディション最終審査が行われました。 今回は新キャラクター2人を含む6人の新メンバーを投票で決めるオーディションが行われ、200人以上の応募の中から1次審査を通過した19人がこの日の最終オーディションに臨みました。 会場に集まった250人の観客と審査員による投票の結果5人が新メンバーに選ばれ喜びの表情を浮かべていました。

ムービーを見る

 

【7月16日】地域の人に愛されて

東海市の循環バス「らんらんバス」の乗客数が、7月12日200万人を突破しました。 東海市はこれを記念し、小さいころからバスに慣れ親しんでもらおうと、市内の全保育園にらんらんバスのイラストを描いた段ボールの遊具をプレゼントしました。 バスの停留所が目の前にある三ツ池保育園では16日、年少園児17人がプレゼントされたバスの遊具で遊びました。

ムービーを見る

 

【7月16日】心と体に響く太鼓の音色

7月15日、東海市内で活動する9つの和太鼓演奏団体が出演する「東海市和太鼓演奏会」が、東海市立文化センターで開かれました。 この演奏会は、各団体の日ごろの成果を発表する場として毎年1回開かれています。 この日の演奏会では、9団体あわせておよそ100人が出演。多くの観客を前に、それぞれ迫力ある和太鼓の演奏を披露しました。

ムービーを見る

 

【7月16日】遠野に思いを馳せる

大府市勤労文化会館で7月15日、大府市の友好都市、岩手県遠野市を舞台とした歌舞劇「遠野物語」の公演が行なわれました。 大府市と遠野市は平成20年に災害相互応援協定を締結し、3年前には友好年提携も結んでいます。 遠野物語の世界を、東北地方を拠点として全国で活躍する劇団「わらび座」が舞台化し各地で公演を行なっていて、大府市では初めて披露されました。

ムービーを見る

 

【7月16日】科学の力にビックリ!

7月15日、知多市にある学習塾高木ゼミ知多本校で、科学実験サークル ガリレオ・クラブ「炭酸ガスで遊ぼう!」と題されたイベントが開かれました。 33回目となる今回は、ゼミの講師が扮する「はかせ」と「じょしゅ」によって炭酸ガスを使った実験が行なわれ、ゼミに通う塾生をはじめ近隣に住む小学生およそ30人とその保護者が参加しました。

ムービーを見る

 

【7月15日】今日は海の日

7月15日の海の日、新舞子マリンパークは多くの海水浴客で賑わいました。新舞子マリンパークは名古屋市から1番近い海水浴場として、毎年10万人以上が訪れる人気スポットです。 新舞子海水浴場の今年の遊泳期間は、6月15日から9月1日までで、期間中は様々催しが行なわれる予定です。

ムービーを見る

 

【7月15日】パスを繋いで優勝目指せ!

知多市内の小学生が出場する「ドッヂビー中央大会」が開かれました。この大会は、知多市子ども会連絡協議会が毎年この時期に開いているもので、各地区の予選を勝ち上がった29チーム、約440人が参加。保護者や友人など多くの観客が見守る中、参加した子どもたちはチームメイトとパスを繋ぎながら、優勝目指して一生懸命プレーしていました。

ムービーを見る

 

【7月15日】書の力作揃う

東海市書道連盟の会員による作品展が開かれました。 今年で設立44年目を迎える東海市書道連盟には現在、東海市や知多市に住む会員、約60人が所属しています。会員のなかには日展作家や書道教室の講師もいて、普段は会員が各自で活動していますが、年に一度、東海市書道連盟として作品を持ち寄り、作品展を開いています。 今年は37人がひとり一点ずつ、力作を持ち寄りました。

ムービーを見る

 

【7月15日】駅西整備 本格的に始まる

名鉄太田川駅西地区の整備を進める東海市と再開発組合、民間事業者らによる合同記者会見が開かれ、駅西の詳しい整備計画が発表されました。 太田川駅の西側には文化施設やマンション、大型商業施設、大学のキャンパス、幅30メートルの歩道や公園が建設されます。 大学の開設と駅西の整備完了は、2015年春の予定です。

ムービーを見る

 

【7月12日】世界での活躍誓う

7月10日、インディアカの世界大会に出場することが決まった大府市在住の塚本ひで子さんと川口美代さんの2人が、報告のため大府市役所を訪れました。 2人は大府市内で活動するインディアカチーム「ARPC」に所属し、2011年、2012年と全国大会を2連覇するなど優秀な成績を収めました。

ムービーを見る

 

【7月12日】緑化都市を目指して

「二ツ池公園の森づくりパートナーシップ協定」の締結式が11日、大府市役所で行なわれました。 今回、大府市が協定を結んだのは大府市社会福祉協議会と大府市シルバー人材センターです。 式では協定書にサインをし、協定が取り交わされました。

ムービーを見る

 

【7月12日】新美南吉 直筆の手紙を展示

東浦町緒川にある東浦町中央図書館で「新美南吉からの手紙〜久米常民先生に宛てた6通の手紙〜」と題された展示が行なわれています。 展示されているのは、6通の手紙。半田市出身の児童文学作家、新美南吉がしたためたもので東浦町出身の国文学者、久米常民に宛てたものです。

ムービーを見る

 

【7月12日】地中海の風を感じて

東海市荒尾町にある紙の専門店東堂の一角、ギャラリースペース「手々」で、「煌めきの地中海」写真展が開かれています。 この写真展は東海市に住む写真家、廣瀬美笑子さんが地中海クルーズで訪れたイタリア、スペイン、チュニジアの街角や人物などを切り取った写真、およそ40点が並んでいます。

ムービーを見る

 

【7月11日】夏の交通安全週間始まる

今日、7月11日から夏の交通安全県民運動が始まりました。 これに合わせ東海市で今日11日、重点テーマの一つであるシートベルト・チャイルドシート着用を呼びかける運動が行なわれました。 シートベルト・チャイルドシート着用率100%を目指し、「着用関所作戦」と題してキャンペーンが行なわれ、 参加した東海警察署の署員や東海市と大府市の地域交通安全指導員などおよそ80人は、ドライバーにうちわやチラシを手渡し着用を呼びかけました。

ムービーを見る

 

【7月11日】相撲の歴史を知って

東浦町にある郷土資料館「うのはな館」では、現在「相撲錦絵と番付展」が開かれています。 この展示は今月7日から開かれている大相撲名古屋場所に合わせて日本の国技「相撲」の魅力を多くの人に知ってもらおうと開かれました。 錦絵と呼ばれる江戸時代に流行した相撲力士の取り組みなどを描いた絵のほか、力士の手形などおよそ40点が飾られています。

ムービーを見る

 

【7月11日】あなたの手で生きがいづくり

難病を乗り越え、お年寄りに生きがいを届ける大府市高丘町に住む杉本純子さんは、追分デイサービスセンターで「一閑張り教室」を開いています。 和紙を張り重ね、表面に漆を塗った伝統工芸品「一閑張り」を作るこの教室は利用者にとって月に1度の楽しみだといいます。 杉本さんはただ時間を過ごすだけの場所でなく、ここで生きがいを見つけてほしいと話していました。

ムービーを見る

 

【7月10日】海猿から着衣泳を学ぶ

東海市立明倫小学校では毎年夏休みが近づくこの時期に、 着衣泳の訓練を行っています。 今年は、10日に行なわれ、5年生の児童40人が参加。 名古屋海上保安部の警備救難課のメンバーを中心に6人が指導を行ないました。

ムービーを見る

 

【7月10日】東海市から世界へ

バトントワリングの世界大会「第7回WBTFインターナショナルカップ」出場の切符を手にした、 東海市立加木屋中学校3年の松浦美南さんが、 9日、出場報告のため東海市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【7月10日】忘れないで

9日、大府市役所で「東日本大震災に66日間派遣された元自衛官が語る被災地の真実」と題された講演会が開かれました。 これは、防災力強化を図るため大府市が今年初めて開いたものです。 大府市は防災力強化のため今年度から元陸上自衛官の防災専門員を配置していて、この日は防災専門員の大西喜隆さんが講演を行ないました。

ムービーを見る

 

【7月10】自分たちの手で作る鑑賞会

知多半島を拠点に活動する「ちた半島演劇鑑賞会」が7月14日に開かれる鑑賞会に向けて準備をすすめています。 ちた半島演劇鑑賞会は2010年に発足した会員制の会で、年に4回ほど演劇を観る例会を企画しています。 7月14日は「どろんどろん」の公演が行なわれます。準備に向けて熱く議論を交わしていました。

ムービーを見る

 

【7月9日】缶めし炊いて備えよう!

大府市立共長小学校で6日、アルミ缶を使ってご飯を炊く方法を親子で体験する「缶めし大会」が開かれました。 これは災害時などで調理器具がない場合に、身近にあるアルミ缶を使ってご飯を炊く方法を親子で学ぶとともに、近所の人との交流の場になればと開かれていて、今回で8回目を迎えました。

ムービーを見る

 

【7月9日】日本に学ぶ 健康の大切さ

国際協力機構JICAの研修で来日した外国人研修員9人が、昨日8日 大府市立若宮保育園を視察しました。 JICAは、開発途上国の人に日本の技術を学んでもらおうと 様々な研修プログラムを用意していて、 今回の研修は日本の学校における衛生教育や子どもの健康管理などを学ぶ「学校保健」のコースとして開かれました。

ムービーを見る

 

【7月9日】父ちゃんと清掃活動

東浦町立緒川小学校で6日、児童と父親の有志らが「おがわっ子サポーター」活動の一環として、校内の清掃をしました。 この「おがわっ子サポーター」は緒川小の児童らが授業以外の場で奉仕の心を育む機会として数年前から取り組んでいる活動で 児童の父親らで作る「父ちゃんサポーター」も一緒に参加します。 この日はおがわっ子サポーターと父ちゃんサポーターの有志合わせて60人ほどが集まり、中庭の「せせポン」と呼ばれる人工の川を掃除しました。

ムービーを見る

 

【7月9日】幻想的な光に感動

大府市にある二ツ池セレトナで7日、ホタルの鑑賞会が開かれました。 大きさ6畳ほどの部屋に蚊帳を張りヘイケボタル300匹が放たれ、240人もの家族連れが鑑賞しました。

ムービーを見る

 

【7月8日】七夕まつりin太田川

東海市の名鉄太田川駅前イベント広場「どんでん広場」で6日、7日の2日間、七夕まつりin太田川が開かれました。 まちづくり東海主催のこのまつりはどんでん広場の活用と中心市街地に賑わいをもたらすことを目的としていて、今年で2回目となります。

ムービーを見る

 

【7月8日】歴史ある街並みをPR

知多市岡田にある「木綿蔵ちた」を会場に岡田街並フェスティバルが開かれています。 これは岡田の歴史ある街並みをPRすることを目的に毎年行われているもので今年で13回目を迎えます。

ムービーを見る

 

【7月8日】深みある染め作品、堪能できます

大府市勤労文化会館で草木染めの作品展示会「第22回 藍の会ろうけつ草木染展」が開かれています。 藍の会では真っ白な布地にろうを塗り、薄い色から順に染めていくことで模様をつけていく「ろうけつ」という手法を用いて独特の風合いに仕上げています。

ムービーを見る

 

【7月8日】花たより スイレン

大府市長草町にある白魦池で現在、スイレンの花を楽しむことができます。 水上デッキの両脇およそ1500平方メートルに広がった一面緑色の葉と葉の間に見られるピンク色の花。7月に入り咲き始めました。

ムービーを見る

 

【7月5日】ようこそOBUへ

日本の教育現場や家庭事情について知ろうと、昨日4日から7日までの4日間アメリカの教員からなる視察団が、大府市を訪れています。この研修旅行は、日本史や地理など日本にかかわる科目を教えているアメリカの教員などを対象に、1995年から毎年1回実施されています。

ムービーを見る

 

【7月5日】試して考えよう!

東海市立横須賀小学校で昨日4日、リアルサイエンスモデル授業と題された体験型の授業が行われ、2年生の児童が算数の「かさ(体積)」について学びました。

ムービーを見る

 

【7月5日】七夕会にハンダシオン登場!

東浦町立森岡保育園の七夕会に半田市のニューヒーロー「ハンダシオン」が登場し園児たちと触れ合いました。

ムービーを見る

 

【7月5日】バザーで被災地支援

東浦町にある喫茶「風見鶏」で昨日4日から10日まで、東日本大震災チャリティーバザーが開かれています。バザーで販売されているのは、かばんや皿、コップなどの陶磁器類、着物で作った巾着など様々なジャンルの品物300点以上です。

ムービーを見る

 

【7月4日】風鈴の音色よ、街に届け

今年で30回目を迎える「吉田まちづくりサマーフェスティバル」を前に 実行委員である地元の中学生が大府市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【7月4日】うたって若返り!

知多市内で活動する詩吟サークル「煌旭吟詠会」をご紹介します。毎週火曜日19:00〜21:00 旭公民館 問合せ:0569-42-3290(皆川)

ムービーを見る

 

【7月4日】痛車のコンテストで優勝!

メディアススタッフが気になる話題をリサーチしてお届けする「このまちリサーチ」のコーナー。今回はアニメや漫画のキャラクターで装飾された車、「痛車」のコンテストで優勝した東海市に住む男性をご紹介します。

ムービーを見る

 

【7月3日】芝田山親方 交通安全呼びかけ

大相撲名古屋場所に向けて、大府市に宿舎を構える 「芝田山部屋」の12代目芝田山親方が、 大府市を管轄する東海警察署の一日警察署長に就任し、 交通安全広報キャンペーンを行ないました。 朝からにぎわうげんきの郷で、親方、力士、地域の交通安全指導員ら あわせて40人ほどが来場者にうちわやタオルを配布し、 一人ひとりと会話しながら交通安全を呼びかけました。

ムービーを見る

 

【7月3日】ケガに強くなる!予防と対処法

東海市立加木屋中学校で、「ケガに強くなる!予防と対処法」と 題された総合的な学習の授業が行なわれました。 講師を務めたのは、東海市名和町にある「とうかいうえの接骨院」の 新井勉トレーナーです。 最後には、新井さんがチームサポートトレーナーを務める プロフットサルクラブ「名古屋オーシャンズ」のゴールキーパー 川原永光選手がゲストとして登場し、プロスポーツ選手の立場から アドバイスしました。

ムービーを見る

 

【7月3日】もうすぐ七夕だね

7月7日の七夕を前に、東海市にあるしあわせ村の展望ラウンジに 七夕の笹が飾られました。 しあわせ村では、毎年、七夕祭りを開いていて、 今年は6月中旬から短冊を用意。 訪れた人に願いを綴ってもらい、現在、1000人以上の来館者の願いが 笹に飾られています。

ムービーを見る

 

【7月3日】自然のほたるを写真におさめて

大府市にある幸齢ゆめハウスで、現在、 ほたるの写真展が開かれています。 写真展を開いているのは、大府市に住む深谷豊さんです。 写真撮影を趣味に持つ深谷さんは、 30年ほど前からほたるの写真を撮り始めたといいます。 今月12日まで開かれています。

ムービーを見る

 

【7月2日】国民安全の日 交通防犯キャンペーン

7月1日の「国民安全の日」に合わせて、元F1レーサーの中嶋悟さんが知多市の一日警察署長に委嘱され交通安全キャンペーンが行われました。

ムービーを見る

 

【7月2日】勇気ある行動に感謝状

大府市米田町で発生した車両火災現場で運転手を救出した2人に7月1日、大府市長から感謝状が贈られました。

ムービーを見る

 

【7月2日】安心・安全な食べ物を

6月29日、東海市内で食の安心・安全について学ぶフォーラムが開かれました。

ムービーを見る

 

【7月2日】大人も子どもも笑顔の運動会!

東海市民体育館で6月29日、横須賀コミュニティ主催の運動会が開かれました。およそ7300世帯が住む横須賀コミュニティは東海市最大の地区です。

ムービーを見る

 

【7月1日】大府支店リニューアル!

JAあいち知多の大府支店が7月1日、複合施設として整備され、新築オープンしました。

ムービーを見る

 

【7月1日】武道の精神に触れる

大府市民体育館で、6月29日、柔道や空手などの武道に触れるイベント「2013武道フェスティバル」が開かれました。

ムービーを見る

 

【7月1日】届け!道代の思い

生まれつきの脳性まひによる重度身体障がい者で2年前に55歳で他界した深谷道代さんの本「道代からの手紙」がこのほど出版され東浦町内で6月29日、出版を記念して深谷さんを偲ぶ会が開かれました。

ムービーを見る

 

【7月1日】支援活動へ向けた研修会

大府市民などで組織されるボランティアグループが、東日本大震災の復興支援のため、7月4日から7日までの4日間、岩手県大槌町を訪れます。これを前に6月29日、参加者を対象とした事前研修会が開かれました。

ムービーを見る

 

【7月1日】アイドル声優目指して

知多半島PRキャラクター「知多娘。」の声優オーディションの一次審査が知多メディアスネットワークで行われました。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ