HOME > mediasエリアニュース

 2017年12月 (50)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (84)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【2月28日】佐布里池梅まつり開催中!

メディアスのスタジオを飛び出して、知多市で開かれている佐布里池梅まつり会場の佐布里緑と花のふれあい公園から 梅の開花状況やまつりの内容など生中継でお届けしました。

ムービーを見る

 

【2月27日】世界の舞台で輝く13人

大府市をはじめ、県内に6つの教室をもつダンススタジオ 「SPGチアダンスプロジェクト」の選抜チーム 「H☆BEAT☆BEANS」が チアダンスの世界大会で2位になりました。 初出場の世界大会で、見事2位の座を勝ち取りました。

ムービーを見る

 

【2月27日】学校と警察の連携体制を

知多警察署と知多市教育委員会が 「知多市学校警察連携制度」に関する協定を締結しました。 知多市内の小中学校の児童生徒の犯罪被害の防止と健全育成を目的としています。

ムービーを見る

 

【2月27日】手作りの愛情を込めて

知多市文化協会による「第32回手工芸作品展」が 知多市勤労文化会館で開かれています。 この作品展は、知多市文化協会教養趣味第一部門に所属する 5つのグループと個人による合同の作品展で、 毎年一回この時期に開かれています。 会場には、押し花や手芸作品など訪れた人を楽しませる多種多様な作品が並びます。

ムービーを見る

 

【2月27日】今年も自慢の一枚です

東浦町で活動する写真グループによる写真展が イオンモール東浦で開かれています。 写真を展示しているのは、東浦町の緒川公民館で開かれた 写真教室をきっかけに結成されたグループ「サークル・フォト」です。 今年の写真展には、地域のまつりやイベント、風景や植物など 自分のお気に入りの写真を一人3枚展示しました。

ムービーを見る

 

【2月26日】知多市議会 今日から始まる

平成26年第1回知多市議会定例会が 2月26日から3月25日までの28日間の会期で始まりました。 初日の26日は、宮島寿男知多市長が 去年9月に行われた知多市長選挙で当選し 就任から5か月ほどが経ったことなどを踏まえ 平成26年度の所信を述べました。

ムービーを見る

 

【2月26日】桃の節句をお祝いしよう

3月3日の桃の節句を前に、 大府市立吉田保育園の園児たちが「おこしもの」づくりを 体験しました。 参加したのは、年長園児31人。 地域の老人会「吉田若葉会」のメンバー11人が 園児たちに「おこしもの」づくりを教えました。

ムービーを見る

 

【2月26日】地域を菜の花でいっぱいに

大府市を拠点に活動するNPO法人東知多菜の花プロジェクトが 菜の花を使った活動の成果発表と交流会を行いました。 4月6日には菜の花プロジェクトが主催する 「おおぶ菜の花まつり」がげんきの郷北側で開かれるということです。

ムービーを見る

 

【2月26日】慰霊と復興を願って

常滑市にある中部国際空港セントレアで 東日本大震災の慰霊と復興を願うイベントが行われました。 オープニングでは、大府市の共和保育園の鼓笛隊39人が かわいらしい演奏を披露しました。 また、オカリナの伴奏に合わせて出演者全員による 慰霊奉詠も行われ、訪れた人たちは心穏やかに祈りをささげていました。

ムービーを見る

 

【2月25日】更なる連携強化を

知多市と、東海市にある星城大学が 「包括連携に関する協定」を結びました。 この協定は、知多市と星城大学が 相互の密接な連携と協力により 活力ある個性豊かな地域社会を作ることを目的に締結されました。 星城大学は、去年5月に東海市と同様の協定を結んでいて、 今回の協定は2市目となります。

ムービーを見る

 

【2月25日】朝食の大切さを実感

東海市のしあわせ村にあるガーデンレストラン 「しあわせ村じゅらく」で2月22日と23日の2日間、 東海市立富木島中学校の生徒が考案した朝食メニューが提供されました。 メニューは、和定食の「富木島中健康和風定食」と 洋定食の「富木島中モーニング」です。

ムービーを見る

 

【2月25日】木目込み人形 会場彩る

知多市にある梅の館で 「木目込み人形展」が開かれています。 木目込み人形は、木彫りの人形に布をはり その端を掘った溝に糊とともに埋め込んで 衣装を着ているように仕立てて作る人形です。

ムービーを見る

 

【2月25日】癒しの花をご覧あれ

知多市岡田にあるギャラリー「ちっちゃな美術館ミュゼ」で 「和の布で創る花々」と題された手芸品展が開かれています。 会場には、布で精巧に作られたヒマワリやアジサイの花や 干支などの小物、およそ100点が所狭しと並べられました。

ムービーを見る

 

【2月24日】春を呼ぶどぶろくまつり

大府市の長草天神社でどぶろくまつりが行われました。 どぶろくまつりは、500年以上前の室町時代から 長草地区に伝わる祭りで、平成4年には大府市の無形民俗文化財に指定されています。 今年どぶろくづくりを担当したのは、本郷組。 この日のためにアルコール度数14.5度の甘口のどぶろくを 650リットル、およそ5000人分用意しました。

ムービーを見る

 

【2月24日】20年間支えてくれた人々に感謝

東海市にあるダンススタジオ「スタジオフローレス」が 開設20周年を迎えたことを記念し、記念式典を開きました。 スタジオフローレスには、現在、 3歳から60歳代までのおよそ150人が所属していて、 ストリートやジャズなどさまざまなジャンルのダンスレッスンを開いています。 挨拶に立った及川代表は、 「作品を作る中で、地域とのつながりを深めることができ、 それが私の一番の財産です」と話しました。

ムービーを見る

 

【2月24日】練習重ねたオペラ披露

大府西パレット幼稚園の園児による 「第12回オペラコンサート」が開かれました。 体操の時間や国際クラスの時間などを設けている 大府西パレット幼稚園が特に力を入れているのが 「オペラ教育」です。 園児たちは、元気よく歌を披露し、 駆けつけた保護者たちに笑顔を見せていました。

ムービーを見る

 

【2月24日】北粕谷山車「花王車」修理終わる

知多市にある八社神社の春の祭礼に登場する山車の修理が 半年ほど前から進められてきました。 先週末の22日には、修理されたパーツの組立作業が行われました。 これまで、祭礼では、神社の境内でのみ山車が引き回されていましたが、今年から町内を引き回されることとなり、 傷みが激しい山車を補強するため、 愛知県や知多市の文化振興事業に関する補助金制度を利用して今回の修理が行われました。

ムービーを見る

 

【2月21日】東浦町 平成26年度予算案を発表

東浦町が平成26年度の予算案を発表し、予算案の詳細や来年度の事業を説明しました。 東浦町の平成26年度の予算総額は前年度から3.4%減の234億3420万3000円です。 また、予算案のほか平成26年度の主な事業も発表されました。

ムービーを見る

 

【2月21日】かるた大好き3兄弟!

知多市に住む3兄弟が東京都で開かれた漢字かるたの全国大会で準優勝などの成績を収めました。 長男の小野春輝くんは知多市立新田小学校のA年生、次男の拓未くんは@年生、三男の優人くんは東海市にある明佳幼稚園の年中園児です。

ムービーを見る

 

【2月21日】社会人の話を聞こう

東海市立加木屋中学校で「社会人の話を聞く会」が開かれました。 この会は様々な職業の話を聞くことで、働くことについて考えてもらおうと毎年この時期に開かれています。 参加したのは1年生の全生徒およそ190人です。

ムービーを見る

 

【2月21日】キングペンギン仲間入り

美浜町奥田にある「南知多ビーチランド」に新しくキングペンギンがやってきました。 仲間入りしたのは静岡県下田市にある下田海中水族館からやってきたキングペンギン5羽です。

ムービーを見る

 

【2月20日】労働災害防止のために

平成27年度の開院を予定している東海市と知多市の両市民病院を統合して作る「西知多総合病院」の建設地に半田労働基準監督署などがパトロールに訪れました。 訪れた監督署の職員らは足場の安全性や危険箇所の確認を行いました。

ムービーを見る

 

【2月20日】子どもたちの成長と明るい未来のために

知多市の子ども会の新世話人研修会が開かれました。 10校区からなる知多市にはおよそ80の子ども会があります。この日は400人の新世話人が研修会に参加し、子ども会のあり方や子どもに接する際の注意点を聞いたほかドッヂビーを体験しました。

ムービーを見る

 

【2月20日】森岡保育園CDデビュー?!

今回は東浦町の森岡保育園が保育園オリジナルCDを作った話題です。

ムービーを見る

 

【2月19日】柔軟な災害時の支援体制を築くために

大府市は災害時の福祉避難所施設として市内の企業や特定医療法人、社会福祉法人が持つ10の施設と「福祉避難所協定」を結びました。 この協定は地震や水害など大規模な災害が発生したときに大府市が指定する一次避難所では避難生活が困難となった高齢者や障がい者などの要援護者が民間の社会福祉施設を利用できるというものです。

ムービーを見る

 

【2月19日】虫歯ゼロを目指して

東浦町立片葩小学校が「全日本学校歯科保健優良校表彰」で奨励賞を受賞しました。 片葩小学校では給食後、音楽に乗せて全児童で歯みがきを行ったり、保健委員会の児童が歯みがき指導や歯ブラシ点検を行ったりしています。 これらの取り組みが優良と評価され今回の受賞となりました。

ムービーを見る

 

【2月19日】若者のパワー溢れるステージ

大府市の若者たちによるステージイベント「パフォーマンスライブ2014」が大府市勤労文化会館で開かれました。 21回目となる今年は「New Challenge」をテーマに初出演3組を含む8団体が和太鼓やロック、ダンス、鳴子踊り、お笑いなどバラエティに富んだステージを繰り広げられました。

ムービーを見る

 

【2月19日】素敵な子育てをしよう

子どもが持っているといわれる胎内記憶の話と子育てについてのDVD鑑賞会が知多市地域文化センターで開かれました。 企画したのは知多市のボランティア団体「きらりんママ応援隊」です。 参加した13組のママ達は子どもたちに感謝して楽しく子育てできるヒントを得たようでした。

ムービーを見る

 

【2月18日】東海ハンドボールスクール男子優勝!

小学生を対象にしたハンドボール大会「大同フェニックスカップ」が行われました。 14回目となる今回は中部地区を中心におそよ10府県から過去最多となる50チームが集まり、日頃の練習成果を競い合いました。

ムービーを見る

 

【2月18日】よい子のつどい

知多市勤労文化会館で来年度小学校へ入学する子どもたちを対象とした小学校生活体験イベント「よい子のつどい」が開かれました。 中日新聞社が主催する「よい子のつどい」は、明るい小学校生活を送ってもらうため、地域の警察が安全な登下校の仕方を教えたり、小学校生活をアニメ映像で紹介したりする催しです。 毎年愛知県や岐阜県などおよそ30会場で開かれています。

ムービーを見る

 

【2月18日】ファミリーで楽しむ音楽会

大府市石ヶ瀬会館で大府市民吹奏楽団の「ファミリーコンサート」が開かれました。 この日は聞き馴染みのあるクラシック曲やTVドラマの主題歌など12曲が披露されました。 訪れた人たちは音楽の魅力に触れ、楽しいひと時を過ごした様子でした。

ムービーを見る

 

【2月18日】美味しいうどん召し上がれ

東海市富木島町の富田公民館で、富田地区で活動する老人会が手作りうどんを振る舞う「うどんの会」が開かれました。 富田地区の老人会は前日に準備を進め、この日のために90食用意しました。 参加者は、仲間が一生懸命作ったうどんを美味しそうに食べていました。

ムービーを見る

 

【2月17日】知多の梅 これから見頃

知多市にある佐布里緑と花のふれあい公園で、毎年恒例の梅まつりが始まりました。初日の15日には、開会式が行われたあと、今年新設された知多市ふるさと観光大使の委嘱式が行われました。梅まつりでは、旬の野菜を販売する朝市や出店なども並んでいます。

ムービーを見る

 

【2月17日】東海市社協 県内初の協定締結

東海市社会福祉協議会と東海市の姉妹都市である岩手県釜石市の社会福祉協議会が、「災害時における相互応援及び地域交流に関する協定」を締結し、今月15日、調印式が行われました。

ムービーを見る

 

【2月17日】楽しくなくちゃオーケストラじゃない!

東海市では、平成27年に開館予定の東海市の新文化施設を広く知ってもらおうと、文化や芸術をテーマとしたプレ・オープニング事業を行っています。15日は、プロオーケストラ「名古屋フィルハーモニー交響楽団」による「楽しくなくっちゃオーケストラじゃない」と題されたコンサートが開かれました。

ムービーを見る

 

【2月14日】バレンタインに向けてスイーツ作り

知多市民活動センターでチョコシフォンケーキを作る「バレンタインスイーツ教室」が開かれました。 この日作ったケーキはココアとプレーンの生地をいちまつ模様にしたもので切り口も可愛く仕上げました。 参加者は仲間と会話を弾ませながら楽しくお菓子作りを行っていました。

ムービーを見る

 

【2月14日】自分たちで育てたもち米で

大府市立北山小学校で子どもたちが育てたもち米を使った餅つき大会が行われました。 餅つきに使用されたのは、地元生産農家などおよそ30人の協力のもと、5年生が田植えから収穫・脱穀まで行ったもち米20キロです。 この日は5年生の児童114人が保護者の協力を得ながら杵と臼を使い餅つきを行いました。

ムービーを見る

 

【2月14日】研究の成果を発表

愛知県立東海商業高校で3年生が商業に関する課題に取り組む「課題研究」の発表会が行われました。 課題研究は3年生全員が商品開発や商業に関する調査などを行う21の講座から1つを選択して受講し1年かけて研究するという取り組みです。 この日はそのうちの7講座の成果発表が行われました。

ムービーを見る

 

【2月14日】本戦出場者決まる

知多メディアスネットワーク主催のイベント「メディアスボーカルコンテスト」と「メディアスダンスコンテスト」の出場者を決める2次審査が行われました。

ムービーを見る

 

【2月13日】大府市 看護系大学を誘致

大府市が、市内に看護系大学の誘致を予定していると発表しました。 大学の誘致が計画されているのは、大府市江端町三丁目。 岡崎市に大学を持つ学校法人と 愛媛県にある学校法人が法人を統合し、大府市へ新たに 看護学部と大学院を設置する予定となっています。

ムービーを見る

 

【2月13日】東海市と知多市 ごみ焼却施設統合に向けて

東海市と知多市はごみ焼却施設の統合を進め、 平成35年に新たな施設の完成を目指しています。 ごみ焼却施設の統合に関する協定の締結式が行われました。

ムービーを見る

 

【2月13日】豪華絢爛おひなさま

知多市歴史民俗博物館で、 「ひなまつり展」が開かれています。 会場には、江戸時代から昭和時代にかけて制作されたひな人形など340体が展示されました。

ムービーを見る

 

【このまちリサーチ】あのキャラクターのパンが誕生!

あのキャラクターのパンが誕生したということで、 知多市内のパン屋さんにお邪魔しました。

ムービーを見る

 

【2月12日】双子姉妹 初出場で快挙!

第22回全国小学生バドミントン選手権大会で大府市立大府小学校の5年生、山本鈴乃さんと山本琴乃さんのペアが準優勝しました。 山本鈴乃さんと琴乃さんは、双子の姉妹。 去年9月に行なわれた東海大会で優勝し全国大会に初出場。全国大会では目標としていたベスト8を大きく上回る結果となりました。

ムービーを見る

 

【2月12日】和が輪になって 広がる仲間づくり

知多市の南粕谷コミュニティが「愛知県地域づくり活動表彰」を受賞しました。 これは創意工夫を活かした地域づくりをすすめる団体に贈られる賞です。 南粕谷コミュニティは住民同士が助け合う「南粕谷おたすけ会」や多世代交流サロン「南粕谷ハウス」を立ち上げ、これらが評価され今回の受賞に至りました。

ムービーを見る

 

【2月12日】みんなで音楽を楽しもう!

大府市勤労文化会館で「おぶちゃんと行くタイムトラベル音楽会」が開かれました。 これは音楽会に劇と映像を組み合わせたもので大府市の健康づくりマスコットキャラクターの「おぶちゃん」が昭和8年の大府市にタイムトラベルしてしまうという内容です。 観客参加型の音楽会となった今回の公演。参加者は楽しみながら音楽に触れていました。

ムービーを見る

 

【2月12日】一枚の革を十二分に使い切る

東海市のギャラリートータクで革細工職人の親子、保田芳文さんと徹さんのバッグ展が開かれています。 会場には保田さん親子が丹精込めて作ったカバンや財布などの小物、およそ100点が並べられました。

ムービーを見る

 

【2月11日】プロ棋士と囲碁フェスティバル

知多市勤労文化会館で「プロ棋士と一緒に三世代囲碁フェスティバル」と題されたイベントが開かれました。このイベントは、日本棋院知多支部の創立40周年を記念して行われたもので、知多支部出身のプロ棋士が登場しました。この日は、3歳から94歳までの130人ほどが参加し、プロ棋士による公開対局や自由対局などを行い、交流を図っていました。

ムービーを見る

 

【2月11日】餅投げで厄払い

東浦町の緒川地区で毎年恒例の初午祭が行われました。この祭りは、古くからこの地域に伝わる行事で、厄年や還暦、古希をむかえる人が、お祝いと厄払いの意味を込めて、パレードやお菓子お酒の振る舞い、餅投げなどを行います。今年は厄年や還暦の人など、合わせて65人が参し、パレードや餅投げなどを行いました。

ムービーを見る

 

【2月11日】健康な体は食事から

食を通した健康づくりを考えるWHO健康づくり講演会が8日、大府市の石ヶ瀬会館で開かれました。これは、大府市健康づくり食生活改善協議会と大府市健康づくり推進員協議会が毎年この時期に開いているものです。講演会では、始めに、2つの会の活動発表が行われ、今年は楽しみながら知ってもらうと、寸劇などで発表しました。その後の講演会では、「大府発!幸せに年を重ねる黄金食事術」をテーマに、日本食の欠点などが紹介されました。

ムービーを見る

 

【2月11日】寸劇で振り込め詐欺を未然に防ぐ

大府市の吉田公民館で9日、地域住民が特技を披露しふれあいを図る「吉田まちづくり芸能祭」が開かれました。31回目を迎える今年は、民謡やカラオケなど様々な演目に300人ほどが出演しました。この芸能祭の中で、吉田まち青パト隊は、振り込め詐欺の被害を防ごうと、寸劇を披露しました。メンバーたちは時折笑いを交えながら、なりすまし詐欺の手口などを紹介していました。

ムービーを見る

 

【2月10日】丹精込めて育てた盆梅集う

大府市の恒例行事「大府盆梅展」が、10日から始まりました。梅の盆栽を展示する盆梅展は、全国的にも数少なく、毎年、県内外から多くの盆栽愛好家が訪れます。今年は、比較的暖かかったこと、そして会員1人1人が最適な温度で盆梅を管理していたため、例年よりも10日ほど早く開花し良い出来だといいます。今年は過去最も古い、樹齢300年の盆梅も展示されました。

ムービーを見る

 

【2月10日】トルコからようこそ東海市へ

発展途上国の国際協力を行なうJICAの取り組みの一つ、「青年研修」に参加するトルコ人研修生が、8日と9日の2日間、東海市を訪れました。今回の研修は、20歳代から40歳代までの14人が参加し、1月27日から2月12日までの日程で、全国各地を回ります。このうち東海市は、トルコのブルサ市ニルフェル区と姉妹都市であることから、今回の研修場所の一つに選ばれました。1日目のこの日は、ホストファミリーの東海市国際交流協会のメンバーによる歓迎会が開かれ、一緒に食事をしたり、踊りを踊ったりして交流を深めました。

ムービーを見る

 

【2月10日】今年はあの人に贈ろう!

東浦町のはなのき会館で、8日、町内の小中学生を対象にした「子どもバレンタイン講座」が開かれました。講座では、ホワイトチョコレートを使った「ファッジ・ショコラ・ブラン」とミルクチョコレートを使った「マドレーヌ・オ・ショコラ」を作ります。お菓子は、材料の量や温度、手順などを守らないと、失敗してしまうため、子どもたちは、バターを湯煎で溶かしたり、生地を滑らかになるまで混ぜたりとどの作業も丁寧に進めていました。

ムービーを見る

 

【2月10日】競技かるたをやってみよう

東海市の上野公民館で、市民大学「平成嚶鳴館」の4月から始まる新講座を体験する講座が開かれました。今回は、平成26年4月から始まる新しい講座を“ちょこっとかじって”もらおうと、「ちょこかじよるかじSDK」という体験講座が企画されました。この日は、社団法人全日本かるた協会の理事加藤誠さんが講師を務める「競技かるたをやってみよう」という講座の体験が行われました。市民大学の体験講座とあって、幅広い年代の参加者が集まり、競技かるたの世界に触れていました。

ムービーを見る

 

【2月7日】ソチ五輪開幕!地元選手木原選手を応援しよう!

いよいよ開幕する第22回冬季五輪ソチオリンピック。 期間中はスキー、スケート、アイスホッケー、カーリングなど7競技98種目が行なわれ、日本からは男女合わせて113人の選手が出場します。 フィギュアスケートのペア種目には地元東海市出身の木原龍一選手が出場します。 そんな木原選手の母校、名和中学校の生徒会の皆さんから憧れの先輩に応援メッセージをもらってきました。

ムービーを見る

 

【2月7日】二分の一成人式

大府小学校で今年度10歳になる小学4年生の二分の一成人式が行なわれました。 児童は「今までの自分」をテーマに思い出の写真を投影しながら生まれたときのことや名前の由来などを発表しました。 またここまで成長した自分の姿を仲間に見てもらおうと、現在頑張っていることを発表しました。

ムービーを見る

 

【2月7日】伝統の衣裳を学ぶ

大府高校で「十二単 直衣の着付け講習会」が開かれました。 授業では、平安時代の衣裳の説明が行なわれたほか、男性・女性の衣裳、直衣と十二単の着付の実演が行なわれました。 この日授業を受けた生活文化課の2年生はみな日本伝統の衣装に興味を深めた様子でした。

ムービーを見る

 

【2月7日】おいしい豆腐ができました!

石ヶ瀬小学校で児童が自分たちで育てた大豆で豆腐を作る授業が行なわれました。 この授業は、3年生の総合学習の一環として豆腐の原料である大豆から豆腐を実際に作るというもので、 平成16年から毎年この時期に行なわれています。 収穫された大豆とJAあいち知多から提供された大豆を使って豆腐作りが行なわれました。

ムービーを見る

 

【2月6日】短歌に思いを込めて

平成25年度NHK全国短歌大会ジュニアの部で大賞を受賞した 東海市立加木屋小学校1年生の榊原華音さんと 2年生の市成優莉夏さんの2人が 報告のため、東海市役所を訪れました。 2人は、全国から集められた18511首の中から 中学生3首、小学生3首、合わせて6首が選ばれる大賞を ともに受賞しました。

ムービーを見る

 

【2月6日】それぞれの視点で

知多市勤労文化会館で 「Photo Group S&J 第13回写真展」が開かれています。 13回目となった今年の写真展の会場には 花や風景、祭りの写真などおよそ90点が展示されています。

ムービーを見る

 

【2月6日】【このまちリサーチ】思い出の○○○○を かわいい小物に

思い出のつまったある物を かわいい小物に変える大府市の女性を取材しました。

ムービーを見る

 

【2月5日】毎日の見守り活動に感謝

知多市旭南コミュニティ新舞子南地区の 見守りボランティアグループ 「新南こどもの安全登下校を見守る会」が、 このほど、日頃の活動を評価され、 愛知県交通安全推進協議会から感謝状を受けました。 会では、発足以来毎日、地域の小学生の見守り活動をしていて、 来年で10周年を迎えます。

ムービーを見る

 

【2月5日】春フキ出荷始まる

日本一のフキ生産地である知多半島で、 2月2日から、特産の「愛知早生ふき」の出荷が始まりました。 3日には、JAあいち知多知多営農センターで 生産農家が出荷規格を確認する「目ぞろえ会」が開かれました。 春フキは、3月から4月にかけて出荷のピークを迎え、 5月中旬まで主に関東方面へ出荷されるということです。

ムービーを見る

 

【2月5日」自分だけのマイ磁石!

東海市立渡内小学校で、 地元企業愛知製鋼による出前授業「鉄の教室」が開かれました。 児童の磁石作りをサポートするのは、 愛知製鋼の入社1年目の社員です。 児童は、自分だけの磁石を作り、 ものづくりの楽しさや鉄について学んでいました。

ムービーを見る

 

【2月5日】地域の人で作るステージ

大府市にある神田公民館で、 地域で活動する文化団体が練習の成果を発表する 「神田コミュニティ芸能&カラオケまつり」が開かれました。 これは、神田コミュニティ推進協議会が 地域の人の交流の場を設けようと、30年以上続けている恒例行事です。 毎年出演している地域住民も多くいて、 会場からは、頑張る仲間の姿に大きな拍手が贈られていました。

ムービーを見る

 

【2月4日】子どもたちが日頃の練習の成果を発表

東海市立文化センターで「子ども芸能発表会」が開かれ、東海市内で活動する子どもたちが日頃の練習の成果を発表しました。 この日は、子どもたちの成長を見ようとおよそ1000人が訪れ、声援を送っていました。

ムービーを見る

 

【2月4日】アルコール問題について考える

知多中部断酒会の結成25周年記念大会が開かれました。 参加した断酒会の会員やその家族などおよそ320人は、アルコール依存症の恐ろしさと克服することの大切さを実感している様子でした。

ムービーを見る

 

【2月4日】国境を越えて交流

大府市役所で外国人と地域住民のふれあいを目的としたイベント「国際交流デー」が開かれました。 今回のテーマは「オーストラリアとの出会い」。今年はオーストラリアの食や音楽が紹介されました。

ムービーを見る

 

【2月4日】職場見学 大田小学校

東海市立大田小学校の5年生が知多メディアスネットワークに職場見学に訪れました。 参加した児童68人は、アナウンサーやスイッチャーの役割を体験し情報の伝え方を楽しく学んでいました。

ムービーを見る

 

【2月3日】豆まきしたよ!

園児61人が通う東浦町立森岡保育園で、 豆まきが行われました。 豆まきには、園内に併設されている 児童発達支援事業「なかよし学園」の子どもたち25人も参加しました。 園児たちは、保育士手作りの劇で なぜ豆まきをするのかを学び、 園庭で元気いっぱい豆をまきました。

ムービーを見る

 

【2月3日】大智院 節分豆まき式

知多市にある大智院で節分豆まき式が行われました。

ムービーを見る

 

【2月3日】駅伝を通して生まれた絆

大府市にあるあいち健康の森公園で 大府市スポーツ少年団の駅伝大会が開かれました。 47回目となる今回は、市内で活動する サッカーや野球、バドミントンなどのスポーツ少年団 70チームからおよそ560人が出場しました。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ