HOME > mediasエリアニュース

 2017年12月 (50)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (84)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【6月30日】トマトを使って健康に

東海市荒尾町にあるスーパーマーケット「FEELホームタウン」で6月29日、東海市が発祥の地であるカゴメ株式会社がトマトを使った食育やPRを目的としたイベントを開きました。このイベントは今年4月に東海市とカゴメ株式会社が結んだ「トマトde健康まちづくり協定」をうけて開催されたものです。会場には東海市長から「特命トマト係長」に任命された「とまてぃーぬ」も登場しました。

ムービーを見る

 

【6月30日】落語で大笑い

知多市佐布里の佐布里ダム記念館で6月28日、アマチュア落語家による落語会が開かれました。「佐布里落語会」と題されたこの落語会は知多市に住む小林幹政さんが地域の人に落語に親しんでもらおうと昭和53年からはじめたもので今回で73回目の開催をむかえました。

ムービーを見る

 

【6月27日】花を育て心優しい児童の育成目指す

知多市立旭南小学校が小中学校などを対象とした花壇コンルール「フラワー・ブラボー・コンクール」で名誉大賞を受賞しました。中部地方7つの県で行われるフラワーブラボーコンクールは学校環境の美化や豊かな情報教育などを目的に昭和39年にはじまった歴史ある花壇コンクールで、毎年春と秋に行われています。

ムービーを見る

 

メディアスインフォメーション7月

ムービーを見る

 

【6月26日】願いが叶いますように

佐布里緑と花のふれあい公園内梅の館で知多市立佐布里保育園の園児たちが七夕の笹を飾り付けました。梅の館では平成13年の開館以来、地域住民や地元保育園児らが飾りつけた七夕の笹を展示していて、期間中およそ20本の笹が会場を彩ります。

ムービーを見る

 

【6月26日】ダンスの楽しさ感じて

東海市富木島町にあるダンススタジオ「フローレス」でおよそ20組のダンスグループが登場するイベント「ONE Night Only」が開かれました。このイベントはフローレスが年に数回開いているもので、今年で18回目になります。

ムービーを見る

 

【6月25日】全国の舞台で演奏

知多市に住む小学生4人が第6回グレンツェンピアノコンクール全国大会への出場を決め、報告のため知多市役所を訪れました。全国大会へ出場するのは知多市立岡田小学校1年生の由利環奈さん、4年生の相羽咲来さん、6年生の相羽慶人さん、知多市立新田小学校6年生の横山蒼さんです。

ムービーを見る

 

【6月25日】東海市吹奏楽団 定期演奏会

東海市吹奏楽団の定期演奏会が6月22日、知多市勤労文化会館で開かれました。東海市吹奏楽団は、現在の上野中学校吹奏楽部のOBを中心に発足し、来年で創立50周年を迎える歴史ある吹奏楽団です。

ムービーを見る

 

【6月25日】茅の輪をくぐって夏を健康に

大府市にある山之神社で地元の園児が茅の輪くぐりを体験しました。山之神社では10年ほど前から毎年、大府市内で唯一境内に茅の輪を作り夏を健康に過ごすための儀式「夏越の祓い」を行っています。

ムービーを見る

 

【6月24日】男女がいきいきと輝く

6月23日から29日までは男女共同参画週間と定められています。性別に関係なくそれぞれの個性と能力を発揮できる社会を実現するため全国でざまざまなイベントが開かれています。大府市にある「ミューいしがせ」でも期間中、さまざまなイベントが企画されていて初日の23日には「育児・介護と仕事の両立」と題された講演会がひらかれました。

ムービーを見る

 

【6月24日】森のマーケットin summer

東浦町石浜にあるガーデニング事業などを行うモデルガーデン「ぬく森」で食品や手作り雑貨などが販売されるイベント「森のマーケットin summer」が開かれました。イベントにはカフェを併設するぬく森を始め、知多半島や三河地方などで店を構える15店舗が集まり手作りスイーツや雑貨、アクセサリーなどを販売しました。

ムービーを見る

 

【6月23日】みんなのプール 再会!

整備工事のため、長期休館していた東海市営温水プールが6月23日から通常利用できるようになりました。東海市営温水プールは昭和56年の建設から30年以上が経過していて、かねてより老朽化が指摘されていました。去年7月に天井部材の腐食した金属片が剥がれて落下する事故が発生。利用者の安全確保のためおよそ1年間にわたり休館し工事を進めていましたがこのたび再開することになりました。

ムービーを見る

 

【6月23日】地域に根ざした40年

東浦町のあいち健康プラザで21日、大府青年会議所の創立40周年記念式典が行われました。大府青年会議所は大府市と東浦町を明るい豊かなまちに形成することを目的に活動している非営利団体です。式典には会員をはじめ大府市長や東浦町長など関係者およそ250人が出席し40周年を祝いました。

ムービーを見る

 

【6月23日】書の魅力を伝伝えたい

東海市名和町にあるギャラリートータクで書家 沢村澄子さんの作品展が開かれました。会場には沢村さんの作品88点が所狭しと並べられました。

ムービーを見る

 

【6月20日】大府保育園 園舎立替え

大府保育園が昭和45年に現在の場所に移設され44年が経過し、老朽化が進んだことから建て替えられることになりました。新しく建てられる園舎は鉄骨造り2階建てで延床面積およそ2,600平方メートルとなり市内でもっとも広い保育園となります。

ムービーを見る

 

【6月20日】cafe kaya ワークショップ

大府市共和町にある「cafe kaya」でホメオパシーと言われる自然療法のワークショップが開かれました。「cafe kaya」では店内のスペースでライブやヨガなどのイベントを開いていて、店ではワークショップを開く人を募集しています。

ムービーを見る

 

【6月19日】エネルギーをテーマにした感動作

東海市にあるガスエネルギー館で制作された短編映画「薪とカンタとじぃじぃと。」が東京で行われたアジア最大級の国際映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」の「地球を救え!」部門で優勝賞を受賞しました。作品はおよそ15分間の人形アニメーションで、ガスエネルギー館の来館者向けに制作されたものです。

ムービーを見る

 

【6月19日】リサイクルの大切さを学ぶ

知多市立旭東小学校で家電リサイクルの仕組みを学ぶ「小学校環境教育」授業が行われました。講師を務めたのはシャープ株式会社の安田 明さんです。家電リサイクルにも力を入れているシャープではこれまで全国3000校で授業を実施。子どもたちに環境保全を訴えかけています。この日は、4年生の児童32人が環境に関するクイズに挑戦をしたり実験コーナーでリサイクルの仕組みについて学びました。

ムービーを見る

 

【6月18日】初夏の教育のつどい

大府市にある石ヶ瀬会館「ミューいしがせ」で6月15日、「初夏の教育のつどい」と題された私立学校の学校教育を改めて考えるイベントが開かれました。イベントを開いたのは愛知県内の私立中学校や私立高校に通う生徒の保護者や教師などで組織される「私学をよくする愛知父母懇談会」の大府ブロックです。会では毎年、活動の一環として私立学校に通う生徒と地域住民が交流する場となる「初夏の教育のつどい」を開いています。

ムービーを見る

 

【6月18日】おおぶ文化交流の杜開館に向けて

大府市柊山町にあるリソラ大府で6月15日、「まちかどコンサート」が開かれ市内で活動するキッズダンスグループなどが練習の成果を披露しました。このイベントは大府市に7月にオープンする「おおぶ文化交流の杜」のプレオープニング事業として行われたものです。

ムービーを見る

 

【6月18日】東海市中心整備事業の現状

順調に工事が進んでいる名鉄太田川駅周辺の都市整備事業。現在の様子を取材してきました。

ムービーを見る

 

【6月17日】世界で戦う14歳

国内トップクラスのスラックライナーとして活躍する東浦町立東浦中学校3年の細江樹くんがこのたびスラックラインの国際大会に出場しました、スラックラインとはラインと呼ばれる幅5センチほどの綱の上でジャンプや回転技をする競技で、試合は1対1で対戦し相手より難易度の高い技やジャンプの高さを競います。

ムービーを見る

 

【6月17日】健康になろう

愛知県では毎月第3日曜日を「健康県民の日」と定めています。これにあわせ15日、あいち健康プラザで健康について考えるきっかけになればと「健康の日イベント」が開かれました。会場では生活習慣を見直すための健康度の測定や健康長寿の一大拠点の形成を目指す「ウェルネスバレー構想」を紹介するブースなどが設けられました。

ムービーを見る

 

【6月17日】ホタルの光に誘われて

大府市森岡町にある「ほたるの里」で現在、ほたるの鑑賞会が行われています。「ほたるの里」では失われつつあるほたるの光を復活させようと地域住民などで組織された「森岡ほたる保存会」によって平成16年から毎年ほたるの幼虫の放流が行われています。

ムービーを見る

 

【6月16日】海水浴シーズン到来

知多市にある海水浴場ブルーサンビーチで6月14日、浜開き式が行われました。ブルーサンビーチは名古屋市からもっとも近い海水浴場として知られ、年間10万人以上の海水浴客が訪れます。

ムービーを見る

 

【6月16日】心一つにサムライブルーを応援

先週12日に開幕したFIFAワールドカップブラジル大会。日本代表の初戦となった15日、大府市月見町にあるスポーツカフェ「フォアローゼス」でパブリックビューイングイベントが開かれました。

ムービーを見る

 

【6月16日】トマトで健康

東海市にある大池公園内の売店「ふらっと」がこのたび開店5周年を迎えました。それを記念し14日、トマトで健康づくりを推進しようとトマトを用いたイベントを開催しました。

ムービーを見る

 

【6月13日】玄関先でリサイクル

大府市役所で宅配便を活用した使用済小型家電の回収に関する協定の締結式が行われました。協定を結んだのは大府市と、大府市に本社があり小型家電のリサイクル事業などを行うリネットジャパン株式会社です。

ムービーを見る

 

【6月13日】好きな料理をどうぞ

東海市富木島町にある飲食店「WaiG」で地域の福祉施設の利用者を招待したランチバイキングイベントが開かれました。イベントに招待されたのは大府市にある社会福祉法人「大府福祉会」の4つの施設の利用者と職員およそ70人です。

ムービーを見る

 

【6月13日】子育ての悩みを解消

東浦町石浜にあるひがしうら総合子育て支援センターうららんで「町のお医者さんに聞いてみよう」と題された講演会が開かれました。この講演会は東浦町子育て応援プロジェクト「ゆめいろ」が今回はじめて開いたものです。

ムービーを見る

 

【6月12日】日本へようこそ

東海市立商工センターで11日、東海市国際交流協会がノーステキサス大学の学生歓迎会を開きました。今回日本を訪れたのはアメリカにあるノーステキサス大学で日本語を学んでいる学生10人で、日本の文化などを学ぶために東京や京都、奈良、東海市などに1カ月ほど滞在します。

ムービーを見る

 

【6月12日】待ちに待ったプール開き

大府市立石ヶ瀬小学校で10日、プール開きが行われました。気温27度、水温26度と絶好のプール日和となったこの日、児童は待ちに待ったプールの授業を存分に楽しみました。

ムービーを見る

 

【6月12日】個性光る作品ズラリ

東海市にある喫茶ギャラリー「茶房じゅん」で川端一生さんの墨彩画展と江間充祐さんの折鶴展が同時開催されています。

ムービーを見る

 

【6月11日】木綿蔵ちた 国の文化財に登録

知多市岡田にある「木綿蔵ちた」が今年4月25日、国の登録有形文化財に登録されました。大正時代前期に建築されたという「木綿蔵ちた」は明治30年に創業した竹内虎王商店の木綿蔵として使われていましたが、その後平成7年に、知多木綿と機織を後世に伝えるための施設「手織りの里 木綿蔵ちた」として生まれ変わりました。今回、荷物の積み下ろし用の滑車や広い軒など、木綿蔵としての特徴を残し、当時の地場産業である、木綿産業を支えた木綿問屋の様子がうかがえる建物であると、登録が決まりました。

ムービーを見る

 

【6月11日】お父さんいつもありがとう

6月15日の父の日を前に、現在、東浦町内のそれぞれの児童館では父の日プレゼント作りが行われています。このうち生路児童館では、色画用紙や折り紙を使ったメモ帳作りが行われていて、授業を終えた子どもたちがプレゼント作りを行っていました。

ムービーを見る

 

【6月11日】柔らかな筆のタッチに魅せられて

大府市勤労文化会館で、現在、大府市で活動する水彩画グループ「長草水彩会」が作品展を開いています。会場には旅先の風景のほか、花や野菜など身近なものを描いたメンバーの力作46点が所狭しと並べられました。

ムービーを見る

 

【6月10日】知多市の特産 梅の実収穫

知多市にある佐布里池周辺の梅林で知多市立佐布里小学校の児童が梅の実の収穫体験を行いました。この梅の実の収穫体験は佐布里小学校の児童が親子の野外活動の一環として毎年この時期に行っているもので今年で39回目となります。

ムービーを見る

 

【6月10日】地域で見守っていこう

知多市を中心に福祉の向上を目的に活動している「知多市手をつなぐ育成会」が地区別の懇談会を開きました。手をつなぐ育成会は全国各地にあり、このうち知多市手をつなぐ育成会は昭和44年に発足しました。会には現在、心身障がいをもつ人やその家族など知多市などに住むおよそ120世帯が入会していて会員同士の親睦をふかめたり、障がいの理解を深める活動をしたりしています。

ムービーを見る

 

【6月10日】一人前の落語家を目指して

大府市が主催する子ども落語教室「大府の笑学校」の平成26年度開講式が開かれました。大府の笑学校は普段あまり触れる機会のない日本の伝統文化に親しんでもらおうと大府市が平成17年から毎年開いているもので今年で10年目になります。

ムービーを見る

 

【6月9日】花しょうぶ見ごろ

知多市金沢にある旭公園で現在、花しょうぶが見ごろを迎えています。旭公園の南側には江戸系や肥後系、伊勢系など5種類 1400株ほどの花しょうぶが植えられていて、毎年この時期には白や紫、黄色などの美しい花を咲かせます。

ムービーを見る

 

【6月9日】楽しくお洒落に生きよう

大府市の石ヶ瀬会館で「おおぶ幸齢コレクション」と題されたファッションショーが開かれました。モデルとなったのは大府市シルバー人材センターの62歳から77歳の会員9人です。準備は3月から行われ会員はファッションショーのDVDを見て、プロのモデルの表情や歩き方を研究してきました。またヘアメイクも会員の手によって行われ300人もの観客の前でモデルたちは堂々とポーズを決めていました。

ムービーを見る

 

【6月9日】地域の安全を守る消防団

東浦町の北部グラウンドで東浦町消防団の消防操法大会が開かれました。東浦町の消防操法大会は消防団の日ごろの訓練の成果を発揮する場として毎年この時期に開かれていて今年で43回目になります。

ムービーを見る

 

【6月9日】くるまの未来を考えよう

大府市立東山小学校でものづくりの魅力を学ぶ「未来のくるま学習」が行われました。未来のくるま学習は「夢のくるま・夢の道具コンテスト」の事前学習として大府市内9校の5年生を対象に3年前から実施。この日は東山小学校の5年生76人がクイズに答えながら自動車産業を学び、ものづくりの魅力を感じたようでした。

ムービーを見る

 

【6月6日】強豪集う全国大会へ

東海市に住む中学生3人が空手の全国大会に向けて練習に励んでいます。出場するのは横須賀中学校1年生 木下誇汰朗さん、富木島中学校1年生 福田基貴さん、横須賀中学校1年生 本間司さんの3人です。3人は東海市の「実践空手道武源」で週に2回、切磋琢磨しながら練習に励んでいます。

ムービーを見る

 

【6月6日】夏を浴衣で楽しく過ごそう

知多市立旭南中学校で「浴衣の着付け授業」が行われました。旭南中学校では毎年夏祭りが行われるこの時期に1年生を対象とした、浴衣の着付けを学ぶ授業を行っています。講師をつとめたのは市内で着物の普及につとめる「装賀きもの学院知多南地区校」のみなさんです。

ムービーを見る

 

【6月6日】柔らかな光あふれる水彩画展

知多市地域文化センターで水彩画グループ「ひまわり会」の作品展が開かれました。ひまわり会は30年以上前に絵画を趣味とする地域の婦人部のメンバーが立ち上げ、週に1回公民館にあつまって絵画に親しんでいます。

ムービーを見る

 

【6月5日】祝!都市対抗野球本大会出場

東海市の拠点に活動する「新日鐵住金 東海REX」がアマチュアの硬式野球大会で最高峰といわれる都市対抗野球大会の本戦出場を決め、4日に祝勝会が開かれました。都市対抗野球大会本戦への出場は新日鐵名古屋製鉄所硬式野球部の頃から実に16年ぶり、本戦は7月18日から東京ドームで行なわれます。

ムービーを見る

 

【6月5日】痴漢撲滅を訴える

6月2日から5日までの「電車内における痴漢対策強化月間」に合わせて名鉄太田川駅で痴漢の撲滅を訴えるキャンペーン活動が行われました。駅利用者が増え始まる時間帯に行われた今回は、東海警察署員、東海市職員、地元高校生、名鉄職員およそ40人が参加。利用者に声を掛け痴漢撲滅を訴えました。

ムービーを見る

 

【6月5日】お寺の中のステンドグラス

東海市にある寺院「妙乗院」でステンドグラスの展示会が開かれています。展示されているのは名古屋市にあるステンドグラス工房「ファンタジオナゴヤ」の生徒たちの作品。ステンドグラスでできたオブジェや時計などおよそ300点が会場に並びました。

ムービーを見る

 

【6月5日】4Kスーパーハイビジョン体験

株式会社コミュニティネットワークセンターが6月2日から名古屋市にある電気文化会館に「4Kスーパーハイビジョン」を視聴体験できるブースを開設しました。

ムービーを見る

 

【6月4日】鉄人が知多半島を駆け抜ける

「アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパン」が知多市と常滑市を舞台に行われました。この大会は2010年から常滑市と中部国際空港が開催しているトライアスロンの国際大会で、去年から知多市も主催に加わりました。

ムービーを見る

 

【6月4日】泥に親しみ農業楽しむ

大府市立北山小学校の5年生が田植えを体験しました。北山小学校では5年生を対象に食べ物の大切さを知ってもらおうと総合的な学習の時間を使って田植え体験を行っています。

ムービーを見る

 

【6月4日】山の素晴らしさを伝えたい

知多市新知東町にある夢屋書店知多店で「日本の山稜」と題された山岳写真展が開かれました。写真展を開いたのは知多市に住む久野巌さんです。久野さんは高校の授業で山登りの楽しさを知り、山の雄大な景色を多くの人に知ってもらいたいと山岳写真を撮り始めました。

ムービーを見る

 

【6月3日】口から考えるからだの健康

大府市役所で歯と体の健康について考えるイベント「おおぶWELL噛む健康祭」が開かれました。これは口の中ノ健康と身体の健康が大きく関わっていることを広く知ってもらおうと大府市が3年前から開いているものです。

ムービーを見る

 

【6月3日】ジャズとともに素敵な時間を

大府市にあるライブカフェ「マチにでよう」と題されたライブイベントが開かれました。このイベントは地域貢献活動を行っている大府ライオンズクラブが今回初めて開いたものです。

ムービーを見る

 

【6月3日】個性光る作品ズラリ

東海市内で活動する「ちぎり絵白美」の作品展が東海市役所で開かれています。ちぎり絵白美は東海市内7か所の市民館や公民館で活動しているちぎり絵グループで講師の白石久子さんのもと75人の生徒が作品制作に励んでいます。

ムービーを見る

 

【6月2日】東海プレミアム商品券発売

東海市内の店舗で使える「東海プレミアム商品券」が6月2日から販売されています。東海プレミアム商品券は去年に引き続いての販売で今年は6月と11月の2回販売されます。今回から使用できる店舗が50店ほど増え409店舗となり、店舗によっては商品券利用者向けの特典も用意されています。

ムービーを見る

 

【6月2日】大府の文化と芸能の祭典

大府市の文化と芸能の祭典「大府市文協まつり」が大府市勤労文化会館で開かれました。大府市文協まつりは大府市の文化活動を広く市民に知ってもらうとともに市の文化協会に加盟する文化、芸能団体の日ごろの活動の成果を発表する場として毎年この時期に開かれています。

ムービーを見る

 

【6月2日】子どもの健康を願って

知多市八幡にある大乗院で子どもの無病息災や虫封じを祈願する「井戸のぞき」が行われました。これは、井戸の中の水に映る自分の顔や体から清らかな心を映し見るとともに、井戸の水を飲み、煩悩や穢れを洗い落とすことで健康を祈願する儀式です。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ