HOME > mediasエリアニュース

 2017年12月 (50)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (84)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【3月31日】いざというときのために

知多市にある巽が丘第一集会所で、28日、巽が丘町内会主催の防災訓練行われました。これは住民が一丸となって防災に強い地域にしようと毎年行われているのもです。今年は知多市消防本部の署員4人が応援に駆けつけ、消火栓の説明や、AEDの講習など、より実践的な訓練が行われました。巽が丘は高台にあり、地震の際には津波の危険は少ないと言われていますが、火災などから身を守る必要があります。訓練には子どもからお年寄りまで、およそ60人が参加し、消火器の体験などを行っていました。

ムービーを見る

 

【3月31日】きむらワールドへようこそ

イオンモール東浦で、28日、絵本作家「きむらゆういち」さんのトークショーとサイン会が開かれました。きむらさんは東京都で生まれ、多摩美術大学を卒業。造形教育の指導、幼児向けのテレビ番組の企画などを経て、現在は絵本作家として活動しています。この日は絵本製作の誕生秘話などが話されたほか、きむらさんによる自身の作品の読み聞かせ、サイン会が行われました。

ムービーを見る

 

【3月31日】花だより なたね&桜

東浦町緒川にある、なたね畑で、なたねの花が見ごろを迎えています。このなたね畑は東浦町在住の浅田昌昭さんが去年から栽培し始めたものです。一方知多市にある旭公園では桜が見ごろを迎えています。旭公園にはソメイヨシノやしだれ桜、八重桜など9種類の桜がおよそ700本植えられています。

ムービーを見る

 

【3月30日】新キャンパス完成

大府市江端町で建設が進められていた「人間環境大学大府キャンパス」の竣工式が開かれました。大学は看護学部と大学院の看護研究学科が新設され4月からおよそ400人の学生が通う予定です。

ムービーを見る

 

【3月30日】津波から市民を守る

東海市の名和町で「千鳥津波避難所及び千鳥健康交流の家」の完成式が行われました。鉄骨造5階建てで1、2階が交流の家、3〜5階が津波避難所として機能します。

ムービーを見る

 

【3月30日】ヘリを使った防災訓練

公立西知多総合病院でヘリポートを使用して搬送方法を検証することを目的とした共同防災訓練が行われました。訓練は南海トラフ大地震が発生、新宝緑地運動公園グラウンドにいる負傷者から救護要請を受けたという想定で行われました。

ムービーを見る

 

【3月27日】知多半島で更なる協力体制を

知多半島5市5町の間で「知多地域災害時相互応援協定」が締結されました。この協定は、知多半島5市5町を協定市町とし、協定市町内で洪水などの局地的な災害が発生した際に被害が少ない市町が迅速な支援活動を行うというものです。

ムービーを見る

 

【3月27日】地区の発展と祈願成就を願って

知多市八幡にある薬王山法海寺で、26日、去年12月に建設された護摩堂の落慶祝典とこれを記念した稚児行列が行われました。1歳から小学生までの稚児とその家族、あわせておよそ1000人が列をなし、西平井公会堂から法海寺にかけての道を練り歩きました。行列が到着した後、今回建設された護摩堂で落慶祝典が行われました。

ムービーを見る

 

【3月27日】地域に根差した資料館を目指して

大府市歴史民俗資料館が、21日、リニューアルオープンしました。中央図書館に併設されていた大府市歴史民俗資料館は、図書館を兼ね備えた大府市の新文化施設「おおぶ文化交流の杜アローブ」の完成を受け、このたび、改修を行いました。今回の改修工事では、旧図書館部分の2階に多目的ホールと会議室を新設しました。大府市歴史民俗資料館は4月から開館時間を午前9時から午後6時までに拡大するということです

ムービーを見る

 

【3月26日】どんな壁面花壇になるかな

毎年1回開かれる全国の花と緑の祭典「全国都市緑化フェア」 32回目を迎える今年は愛知県で開催されます。 サテライト会場のひとつである大府市役所では高さ2m、幅7mの 壁面花壇を企画し、そのデザインを大府市内の小学生から募集しました。応募総数194点から優秀賞と特別賞の5人が選ばれました。 壁面花壇には優秀賞の谷口雄一朗くんのデザインが採用されます。

ムービーを見る

 

【3月36日】美味しく食べてくれるかな?

大府市民活動センター内にある「こらび庵」で 大府市内の小学生が考えたランチメニューが登場しています。 この企画はこらび庵と、子ども料理コンクール「ビストロおぶちゃん」がコラボしたものです。 「ビストロおぶちゃん」で入賞したメニューを食べてもらおうと始まった今回の企画、登場するメニューは8つで小学生が考えたレシピをもとに、その日のシェフグループが料理を作ります。

ムービーを見る

 

【3月26日】マントウ馬まつりに向けて

大府市吉田町にある七社神社の春の祭礼に向けて地元の若者たちが練習に励んでいます。 マントウ馬まつりは100年以上の歴史があり豊作や家内安全などを願い境内で駆け馬を奉納します。 まつりに向けて地元に住む14歳から23歳の若者グループ「半月若連」のメンバーがお囃子の練習に励んでいました。

ムービーを見る

 

【3月25日】ライトアップ夜桜

大府市を流れる石ヶ瀬川沿いで、夜桜のライトアップが始まりました。このライトアップは、大府市商工会議所の吉森支部が去年初めて行ったもので、好評だったことから、今年も行われることになりました。石ヶ瀬川沿いではおよそ500mの桜並木に150個のぼんぼりが取り付けられ、桜を照らしています。

ムービーを見る

 

【3月25日】製塩土器を知ろう

知多市歴史民俗博物館で、収蔵品展「古代の塩作り」と題された展示が行われています。この展示は、近年この地域で古代の塩作りに使われたという製塩土器が多く出土した事をきっかけに、製塩土器について地域の人に深く知ってもらおうと初めて企画されたものです。展示では、古墳時代から平安時代までの土器の形の変化などが紹介されています。

ムービーを見る

 

【3月25日】自然の色を活かして

東海市にあるギャラリートータクで、籐編の作品展が開かれています。作品を展示したのは、岐阜県可児市に住む太田順子さんです。太田さんは、籐細工を始めて40年程だといい、現在は可児市にある工房で作品作りに励んでいます。ギャラリートータクでの作品展は今回が初めてで、会場には籐で作ったカバンや財布、アクセサリーなどが並びました。

ムービーを見る

 

【3月24日】1年間頑張りました!

愛知県内のほとんどの公立小中学校で 修了式が行われました。 このうち、東浦町立森岡小学校では 1年生から5年生の児童あわせて374人が 修了認定を受けました。 式では、矢倉校長が挨拶に立ち、 「1年間よく頑張りました。 身体に気をつけて楽しい春休みを過ごしてください。 4月にまた元気な姿を見せてください」と話しました。

ムービーを見る

 

【3月24日】大学の名を轟かせるために

東海市大田町にある名鉄太田川駅前どんでん広場で 「第1回ふくでん祭」と題されたイベントが開かれました。 このイベントは、日本福祉大学の東海キャンパスが 開校することを受け、 来年からキャンパスに移設される経済学部と国際福祉開発学部の 学生が中心となって開いたものです。 会場には、この地域の日本酒を取り扱う日本酒Barや 出店などが並び、盛り上がりを見せていました。

ムービーを見る

 

【3月24日】allobu春祭り

おおぶ文化交流の杜allobuで 「allobu春祭り」が開かれました。 ホールでは、地元の中学生による企画 「OBU中学生LIVE!!」が行われました。 出演したのは、大府市内に住む中学生です。 2月下旬に行われたオーディションを通過した11組が それぞれダンスや歌などを披露しました。

ムービーを見る

 

【3月23日】新病院への期待高まる

5月1日に開院が予定されている「公立西知多総合病院」で21日と22日の2日間、市民に向けた見学会が行われました。 公立西知多総合病院は東海市民病院と知多市民病院を統合した新病院で着工してからおよそ1年半で完成を迎えました。 見学会には2日間でおよそ1万人以上が訪れ病室からの見晴らしを楽しんだり機械設備を見学し新しい病院に期待を寄せている様子でした。

ムービーを見る

 

【3月23日】大東最終処分場竣工式

大府市大東町に不燃ごみの埋め立て施設が完成し3月21日に竣工式が行われました。 これまで大府市、豊明市、東浦町、阿久比町を管轄とする、ごみ処理施設「東部知多クリーンセンター」から出た不燃ごみは現在の西尾市にある埋立地で処理されてきましたが管轄内の市町で処理できるようにしようと建設が決まったものです。 この処分場には埋立地に降った雨による汚水をろ過する浸出水処理施設も併設されています。

ムービーを見る

 

【3月23日】歌で病院に別れを告げる

公立西知多総合病院の開院に伴い閉鎖が決まっている知多市民病院で最後の院内コンサートが開かれました。 このコンサートは患者やその家族などに楽しんでもらおうと平成15年から開かれています。 47回目となる最後のコンサートでは「涙くんさよなら」や「贈る言葉」など別れの歌などが披露されました。

ムービーを見る

 

【3月20日】希望を胸に旅立ち

愛知県内のほとんどの公立小学校で 卒業式が行われました。 このうち、知多市立新田小学校では、 男子65人、女子60人、あわせて125人の6年生が 卒業の日を迎えました。 式の終盤では、卒業生全員が 小学校での思い出やこれまでの感謝の気持ちを 一人一人発表していきました。

ムービーを見る

 

【3月20日】風情溢れる作品展

東浦町文化センターで 水墨画グループの作品展「美墨会展」が開かれています。 この展示は、 東浦町内に4つの教室を持つ水墨画グループ「美墨会」が 19年前から欠かすことなく年に2回、春と秋に開いているものです。 なかには、絵のイメージに合う布を使って 掛け軸そのものを手作りしたこだわりの1品も並びます。

ムービーを見る

 

【3月19日】愛知県代表として頑張ります

3月28日から3日間東京都などを会場に開かれる「東日本大震災復興支援第28回都道府県対抗ジュニアバスケットボール大会2015」に愛知県選抜チームとして知多中学校の竹本結依さんが選ばれました。

ムービーを見る

 

【3月19日】全力で感謝の想い届けます

東浦町立卯ノ里小学校で児童がお世話になっている先生へ感謝の気持ちを伝える会が開かれました。この会は卒業を間近にした6年生が学校のためにできる行事として考案、6年生と関わりを持った常任の先生が招かれました。

ムービーを見る

 

【3月19日】ロコモ体操を体験

ロコモ体操の体験が開かれました。この会は東海市を中心に活動しているNPO法人先進医療を考える会が企画したものです。ロコモ体操は加齢による運動器の障害で要介護のリスクが高い状態「ロコモティブシンドローム」を予防する体操です。

ムービーを見る

 

【3月18日】卒園おめでとう!

今日、知多市内にある梅が丘幼稚園と東部幼稚園の2つの公立幼稚園ではそれぞれ卒園式が行われました。そのうち138人の園児が通う梅が丘幼稚園では44人の年長児童が卒園を迎えました。

ムービーを見る

 

【3月18日】エンジョイ ダンス!

東海市富木島町にあるダンススタジオ「フローレス」で「ONE NIGHT ONLY」と題されたダンスイベントが行われました。19回目となった今回は25のダンスチームが参加し様々なジャンルのダンスを次々に披露しました。

ムービーを見る

 

【3月18日】最強チームで目指せ 世界大会!

大府市を始め、県内に6つのスタジオを持つダンススタジオ「SPGチアダンスプロジェクト」の選抜チーム2チームが、今月末の全国大会に向けて、練習に励んでいます。「SPGチアダンスプロジェクト」にはおよそ300人が所属していて、毎年行われるオーディションで勝ち抜いた小学4年生から中学2年生のメンバーが選抜チームとして大会に出場します。

ムービーを見る

 

【3月17日】大府市初の国の登録有形文化財

春につつじまつりが開かれることで知られる大倉公園の建造物が国の登録有形文化財に登録されました。大倉公園は、もともと大正8年に名古屋市に本社を置く世界最大級の陶磁器メーカー、ノリタケカンパニーリミテドの初代社長である大倉和親さんの別荘として作られたものです。今回登録されたのは休憩棟と茅葺門。大府市での国の登録有形文化財への登録は今回が初めてです。

ムービーを見る

 

【3月17日】千夜一夜物語をあなたに

東浦町中央図書館で「アラビアンナイト 千夜一夜物語をあなたに」と題されたコンサートが開かれました。このコンサートは今月15日まで知多半島の各地で開催されてきた「知多半島春の音楽祭2015」の一環として開かれたものです。コンサートには、この地域で中東アラブの文化や音楽、踊りを披露しているグループ「ラカリ・エル・ウンス」が出演。アラブ音楽で使用される楽器の演奏とともに、千夜一夜物語 アラビアンナイトの読み語りが行われました。

ムービーを見る

 

【3月17日】練習の成果を踊りに込めて

おおぶ文化交流の杜allobuで、大府市内にある有穂バレエスタジオが主催するバレエの発表会が開かれました。有穂バレエスタジオは1980年に創立したバレエスタジオで、3歳から60歳代までのおよそ60人の生徒が通っています。練習の成果を発表する場として年に1回ほど発表会を開いていて今回で18回目となります。

ムービーを見る

 

【3月16日】地域医療の中核に

15日、およそ1年半前から建設が進められていた「公立西知多総合病院」の竣工式が行われました。公立西知多総合病院は東海市民病院と知多市民病院の医師不足や経営悪化の解消を目的に、両市民病院を統合してつくられた新病院です。式には病院の管理者である鈴木淳雄東海市長や、副管理者の宮島壽男知多市長を始めとした関係者が出席しました。式の後には内覧会が行われました。西知多総合病院は地下1階、地上9階の建物で、27の診療科と468の病床を備えています。また、免震構造を備えていて、災害に強い病院となっています。

ムービーを見る

 

【3月16日】市民交流プラザまつり

東海市の市民交流プラザで、14日、市内で活動する市民団体が一堂に集うイベント「2015市民交流プラザまつり」が開かれました。市民交流プラザまつりは、市民交流プラザにある、市民活動センターと、子育て支援センターに登録している団体が、日ごろの活動を紹介するほか、練習の成果を披露する場として、2013年から始まりました。今回はおよそ40団体が参加、ブース展示や、ステージ発表などが行われました。

ムービーを見る

 

【3月16日】知多半島初のプロジェクションマッピング

あいち健康の森公園で、15日、「ウェルネスバレーフェスタ」が開かれました。これは大府市と東浦町が、あいち健康の森公園を中心に健康長寿の一大拠点とする「ウェルネスバレー」をPRしようと、去年初めて開かれたものです。イベントでは、あいち健康プラザをの建物を使って、知多半島初となるプロジェクションマッピングが披露されました。

ムービーを見る

 

【3月13日】からあげグランプリ出場!

東海市富貴ノ台にあるからあげと惣菜の持ち帰り専門店、「からあげ!ごっち」が日本一おいしいからあげを決める「第6回からあげグランプリ」に出場します。日本からあげ協会が5年前から開いているからあげグランプリでは、全国各地のからあげ専門店が部門ごとにエントリーし、日本一を競います。今年でオープン3年目になる「からあげ!ごっち」には、基本のからあげから、手羽先、砂肝、鶏皮せんべいなど10種類以上のメニューが並びます。からあげグランプリに3年連続でノミネートしている「からあげ!ごっち」去年は見事、「塩ダレ部門」で金賞を受賞しました。

ムービーを見る

 

【3月13日】生命力UP!

健康体操の魅力を広める「NPO法人生命の貯蓄体操普及会」が現在、今月18日に開かれる、健康イベントに向けて準備を進めています。「生命の貯蓄体操普及会」は運動法と食養法を通して健康な体作りを目指す「生命の貯蓄体操」を広めているNPO団体です。今月18日に名古屋市で開かれる「健康笑顔フェスティバル」で、会のメンバーが「生命の貯蓄体操」を披露するため、昨日12日、大府支部のメンバー10人が懸命に練習に励んでいました。

ムービーを見る

 

【3月13日】花だより 河津桜見ごろ

大府市横根町にある二ツ池公園で、現在、河津桜が見ごろを迎えています。河津桜はソメイヨシノより花の色が濃く、早い時期の開花が特徴的で、春の訪れをより早く感じることができる桜です。

ムービーを見る

 

【3月12日】世界の舞台で活躍期待!

東浦町立緒川小学校6年生の榊原深那さんが、今月21日から行なわれるソフトボールの国際親善試合へ出場を決め、報告のため神谷明彦東浦町長のもとを訪れました。深那さんは、名古屋市を拠点に活動しているソフトボールチーム「大宝SBC」に所属していて、去年8月に県大会で3位に入賞。チームの勝利に貢献した成果が讃えられ、全国で22人の選抜メンバーに選ばれました。

ムービーを見る

 

【3月12日】知多半島のうまいもんを知ろう

大府市吉田町にあるげんきの郷で、知多半島の食材や愛知の伝統野菜を使った料理の食べ比べイベント「知多半島うまいもん祭り」が開かれました。このイベントは、知多半島の食材の味を知ってもらおうと毎年開かれていて、今回で8回目を迎えます。この日は、食彩処だんらん亭と南知多町日間賀島の日間賀ホテル、碧南市の日本料理店「碧南小伴天」のそれぞれの料理長が考案したこの日限りのディナーが参加者に振る舞われました。

ムービーを見る

 

【3月12日】歌声響く喫茶店

大府市勤労文化会館で、童謡や昔懐かしの曲を歌いながらティータイムを楽しむイベント「歌声喫茶大府店」が開かれました。33回目の開催となった今回は、春をテーマとした曲や別れ、希望をテーマとした曲20曲をおよそ160人の参加者全員で合唱しました。

ムービーを見る

 

【3月11日】心ひとつに3.11

大府市民活動センター「コラビア」で東日本大震災復興支援イベントが開かれました。 このイベントは大府市を拠点に活動している4団体が共同で開いたもので「つながる、学ぶ、想いつづける」をテーマに東北物産市や展示・体験・飲食コーナーが設けられました。 会場の一角には岩手県陸前高田市の商工会女性部が中心となって作った「ねがい桜」も展示されました。

ムービーを見る

 

【3月11日】新あんかけパスタ販売

東海市にあるパスタ・デ・ココ東海富貴ノ台店で新メニュー「トマトde豚しょうが〜あんかけスパ〜」の販売がスタートしました。 これは東海市制45周年記念事業「トマトde健康まちづくり」事業の一環として行われ東海市とカゴメ株式会社、パスタ・デ・ココが共同でメニューを開発したものです。

ムービーを見る

 

【3月11日】一手に集中!

東浦町にある緒川児童館で小学生が参加する将棋大会が開かれました。 緒川児童館では落ち着きと先を読む力を兼ね備えた子どもを育成しようと将棋部を設けていて児童が放課後将棋に励んでいます。 対局が終わった児童は指導者や地域の老人会のメンバーなどにアドバイスを貰ったりして将棋大会を満喫している様子でした。

ムービーを見る

 

【3月10日】東海南高校 福祉実践教室

愛知県立東海南高校で、1年生の生徒319人を対象とした「福祉実践教室」が開かれました。この教室は、災害時のボランティアや福祉について学ぶことで、高校生の力でできる支援の仕方を考えてもらおうと開かれました。教室の内容は大きく3つに分かれ、生徒がそれぞれ学びたい内容を選択します。「避難所において高校生ができること」の教室では、東日本大震災の被災者による体験談が語られました。

ムービーを見る

 

【3月10日】カタールってどんな国?

知多市にある青少年会館で、知多市が交流を続けているカタールについて学ぶ講座が開かれました。知多市とカタールは、2005年に開かれた愛知万博のフレンドシップ事業をきっかけに、市民団体を派遣するなど交流を続けています。今回の講座は、「カタール人から観たカタール」と題し、カタール人のアリ・アル・バケールさんを講師に招いた講演が行われました。

ムービーを見る

 

【3月10日】ファミリーコンサート2015

大府市柊山町にあるおおぶ文化交流の杜で、大府市吹奏楽団の「ファミリーコンサート」が開かれました。大府市吹奏楽団は、秋の定期演奏会と、子どもから大人まで楽しめるファミリーコンサートの2回の演奏会のほか、産業文化まつりや大府市のイベントでの演奏会、施設の慰問演奏などを行っています。この日は、「ご長寿番組大人メドレー」と題し、テレビ番組の名作テーマソング20曲を披露しました。

ムービーを見る

 

【3月9日】ラスパ太田川 竣工式

今月20日にオープンする予定のショッピングモール「ラスパ太田川」の竣工式が、7日に行なわれました。ラスパ太田川は、ユニー株式会社が運営、管理するショッピングモールで、東海市の名鉄太田川駅前にオープンする予定です。ラスパとは、フランス語で「笑顔の人が集まる場所」という意味です。

ムービーを見る

 

【3月9日】市民の生活・命を守る消防団

8日、知多市の緑広場で「平成26年度知多市消防団観閲式」が行われました。これは知多市で活動する消防団が日頃の訓練の成果を披露する場として、また、市民の防災意識向上を図る場として毎年行われている恒例行事です。

ムービーを見る

 

【3月9日】音楽活動が評価されて

東海市を拠点に活動するアマチュア吹奏楽団「ウインドアンサンブル東海」が、このほど、音楽活動を評価され、ヤマハの支援事業の対象団体に選ばれました。ウインドアンサンブル東海は、東海市立横須賀中学校の卒業生で発足された団体で、現在はおよそ50人が所属しています。今回ウインドアンサンブル東海が、支援対象に選ばれたのは、ヤマハ株式会社が行っている「地域音楽活動支援」事業です。地域音楽活動支援は、地域の音楽の普及活動に貢献した団体などに支援金を贈るというもので、今年度は、残酷各地の音楽に関わりのある77団体が対象に選ばれました。

ムービーを見る

 

【3月6日】素敵な看護師を目指して

知多市新知にある公立西知多看護専門学校の卒業証書授与式が執り行われました。式では晴れ着やスーツに実を包んだ卒業生28人に卒業証書が手渡されました。西知多看護専門学校は、今年5月に東海市と知多市の両市民病院を統合した「西知多総合病院」が開院することを受け、去年4月に「知多市立看護専門学校」から「西知多看護専門学校」に名前を改め、地域の更なる医療充実を図っています。今回は名前を改めてから初めての卒業証書授与式となりました。

ムービーを見る

 

【3月6日】全国大会頑張るぞ!

東海市立平洲中学校に通う4人の男子生徒が、中学生野球の軟式大会、第23回ヤングリーグ春季大会への出場を決め、2日、報告のため、東海市役所を訪れました。4人は阿久比町を拠点に活動する軟式野球チーム「東海球友会」に所属しています。東海球友会は去年12月に行われた「ヤングリーグ春季大会」の予選大会で、順調に勝ち進み、3年ぶりとなる全国大会への出場を決めました。

ムービーを見る

 

【3月6日】描き方を工夫して

知多市にある地域文化センターで墨彩画の作品展が開かれています。常滑市にある「ギャラリーナルタ」で開かれている教室のメンバーが作品を展示しました。作品展は年1回開かれていて、12回目を迎える今年は、25人のメンバーが1人3点ずつ展示しました。

ムービーを見る

 

【3月5日】思い出を振り返って

愛知県内のほとんどの公立中学校で卒業式が行われ、東浦町にある西部中学校でも、卒業生99人が旅立ちの日を迎えました。式では、在校生代表が「送別の辞」として3年生への想いを語った後、卒業生代表の山口ユイさんが答辞を述べました。式の最後には、在校生、卒業生がそれぞれ卒業の歌を披露した後、全員で校歌を合唱しました。

ムービーを見る

 

【3月5日】世界王者 タイトルマッチへ!

世界王者に輝いた知多市出身のキックボクサー大和哲也選手が、アメリカのロサンゼルスで開かれる世界タイトルマッチを前に宮島壽男知多市長を訪問しました。知多市立佐布里小学校、中部中学校出身の大和選手は、去年11月に日本人初の快挙となるムエタイの世界王者に輝きました。3月27日には、キックボクシングタイトルマッチ「LION FIGHT 21」に出場し、新たなタイトルの獲得を狙います。

ムービーを見る

 

【3月5日】春の訪れ感じる癒しのコンサート

東海市の名鉄尾張横須賀駅構内にある「化粧品のニシマルヤ」で、「ハ〜トフルコンサートPianoSalon♪」と題された演奏会が開かれました。ニシマルヤでは、地域の人に心休まるひと時を過ごしてもらおうと、定期的にコンサートを開いています。出演したのは、ニシマルヤの常任ピアニスト山本多恵佳さん。この日は、久石譲やドビュッシーなど名高い作曲家が手掛けた曲や春をテーマとした曲など全7曲が披露されました。

ムービーを見る

 

【3月4日】平成27年東海市議会第1回定例会

平成27年第1回東海市議会定例会が、3日から25日までの23日間の会期で始まりました。市税自主財源が74%と県内でも有数の優良市である東海市。平成27年度の予算規模は、市街地再開発事業補助金などが減少したことを受け、一般会計が419億1,100万円、総額656億6,237万円となりました。

ムービーを見る

 

【3月4日】平成27年大府市議会第1回定例会

大府市でも平成27年第1回大府市議会定例会が、3日から23日までの21日間の会期で始まりました。大府市の平成27年度の予算の総額は、前年度に比べ4%増の418億8,899万9千円。極めて健全な財政状況にあるとした上で、必要なサービスを精査し、限られた財源を効果的に配分した質の高い予算編成となりました。

ムービーを見る

 

【3月4日】平成27年東浦町議会第1回定例会

東浦町では、平成27年第1回東浦町議会定例会が、3日から18日までの16日間の会期で始まりました。東浦町の平成27年度の予算総額は、前年度より0.4%減の233億3,841万1千円です。このうち、一般会計は、141億4,100万円を計上しました。

ムービーを見る

 

【3月3日】演歌パラダイス

知多市勤労文化会館で演歌のステージショーが開かれました。 これは演歌歌手の嶋かおるさんが主催するイベントで今回で8回目となります。 今回のイベントには嶋さんの教室に通う生徒など150人以上が出演し次々と自慢の歌声を披露しました。

ムービーを見る

 

【3月3日】ラグビーワールドカップを釜石で

ラグビーワールドカップ2019の開催都市を発表するパブリックビューイベントが東海市の姉妹都市である岩手県釜石市で開かれました。 ラグビーワールドカップは世界各地域の予選を勝ち抜いた強豪チームが熱戦を繰り広げる大きな大会です。 次回2019年は日本での開催が決まっており立候補した15の都市の中から釜石市を含む12会場が選ばれました

ムービーを見る

 

【3月3日】みんなで作るコラビアまつり

大府市民活動センターコラビアで毎年恒例のイベント「コラビアまつり」が開かれました。 これはコラビアを利用する団体による手作りのイベントで商品の販売や展示などで日頃の活動を来場者にPRします。 子どもから大人まで誰でも気軽に体験できるコーナーもあり人気を集めていました。

ムービーを見る

 

【3月2日】3月1日 JR武豊線 電化

3月1日にJR武豊線が電化され、大府駅で出発式が行われました。電化工事は平成22年から行われました。電化されたことで名古屋都市圏への利便性の向上や二酸化炭素の排出量の削減などが期待されます。

ムービーを見る

 

【3月2日】交通安全意識向上を目指して

知多半島全域で警察署員や自治体などによる「知多半島縦断交通安全広報活動」が行われました。東海市では名鉄太田川駅前で行われ、啓発品のティッシュを配りながら交通安全を呼びかけたということです。

ムービーを見る

 

【3月2日】生まれ変わった地域のお寺

東浦町の明徳寺で、住職就任の儀式である晋山式と本堂の改修を祝う落慶法要が行われました。改修したのは本堂と境内で、このような大規模な改修はおよそ200年ぶりだといいます。また、これを記念して稚児行列も行われました。

ムービーを見る

 

【3月2日】ひなまつり展

知多市歴史民俗博物館でひなまつり展が開かれています。今年のテーマは「おひなさまと婚礼の道具」。期間中には十二単の試着体験もできます。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ