HOME > mediasエリアニュース

 2017年12月 (50)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (84)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

市民が奏でる素敵な演奏

大府市勤労文化会館で27日、大府市民吹奏楽団による 定期演奏会が開かれました。 毎年この時期に定期演奏会を行っていて、 今回で36回目となります。 聴いてくれる人との一体感を大切にしている というこの演奏会。 今回は、ライオンキングのメドレーや ウルトラマンの曲など聴き馴染みのある曲 9曲が演奏されました。

ムービーを見る

 

想いを英語でスピーチ

東海市にある日本福祉大学東海キャンパスで 今月26日「第23回 愛知県高等学校英語スピーチコンテスト」の知多地区予選が行われました。 毎年この時期に開かれている知多地区予選は、愛知県大会への参加者を決めるもので、県大会で上位に入賞すると、東海地方大会、全国大会へと参加できます。 今年の参加者は、知多半島内にある高校に通う9人の高校生。 持ち時間はおよそ5分。 参加した高校生たちは、海外での経験談などを身振り手振りを交えながら英語で話していました。

ムービーを見る

 

石浜を探検しよう

東浦町の石浜地区で27日、 「石浜たんけん」と題されたイベントが開かれました。 これは地域にある神社仏閣、名所などを歩いて廻ることで地元に愛着をもってもらおうと開かれたもので今回で2回目となります。 石浜地区では今年度から地域課題の解決を目的に 「石浜コミュニティまちづくり実行委員会」を立ち上げました。 人工が少しずつ増えている石浜地区。 そのため、石浜の歴史や文化を知らない住民も多いといいます。そんな現状を踏まえ企画された「石浜たんけん」。

ムービーを見る

 

二輪車の事故を防ぐために

東海市浅山にあるクラウン自動車学校で二輪車交通安全講習「セーフティライダースクール」が開かれました。 愛知県警察は9月から11月の二ヶ月間、二輪車の交通事故防止を目的とした「セーフティライダースクール」が県内16箇所が会場となっています。 ライダーのマナーや車体の大きさによる目測速度の狂いなどを学ぶ講義が開かれたあと、白バイ隊員経験者や二輪安全運転特別指導員を講師に迎え、一本橋や傾斜のある道を走行する実技訓練が行われました。

ムービーを見る

 

【9月29日】文化の向上に期待して

知多市勤労文化会館で26んち、知多市文化協会の設立30周年記念事業が開かれました。知多市文化協会は、知多市勤労文化会館の開館にあわせ、知多市の文化の発展と向上を目的に昭和5*9年に設立されました。文化協会は、音楽、芸能、美術などの各分野分かれていて、あわせて82団体、およそ1500人が所属し、各団体、公民館や集会場で活動しています。今回の記念事業では、表彰式が行われたほか、芸能大会や作品展示なども行われました。

ムービーを見る

 

【9月29日】30周年の節目を祝う

知多市勤労文化会館で、27日、「知多市シルバー人材センター」の設立30周年記念式典が行われました。知多市シルバー人材センターは、地域の高齢者の知識や経験を活かした就業機会の場を提供しようと、昭和60年10月1日に設立されました。設立当初、会員数は150人でしたが、平成26年度には457人にまで増加しました。会員達は、地域の草刈や、木の枝の剪定、公園清掃や、広報配布、またイベントのブース出展など様々な業務を行い、地域に根ざした活動を続けています。この日は、表彰式が行われたほか、アトラクションとして、国の重要無形民俗文化財である「尾張万歳」が披露されました。

ムービーを見る

 

【9月29日】温かい目で見守る

東海市で、今月26日、発達障がいについて考える講演会と、パネルディスカッションが開かれました。これは、発達障がいについて情報発信などを行っている団体「アスペディア」が団体の発足記念イベントとして開いたものです。この日は、基調講演とパネルディスカッションが行われました。

ムービーを見る

 

【9月29日】それいけ!アンパンマンと仲間たち

大府市にあるげんきの郷で、26日、子供たちを交通事故から守るため、交通ルールやマナーを楽しく学ぶ、「JA共済アンパンマン交通安全キャラバン」が開催されました。この交通安全キャラバンは、JAあいち知多が、平成21年から開いていて、今回で6回目の開催となります。

ムービーを見る

 

伝統を変わらぬ姿で継承

東海市横須賀町にある愛宕神社で、 今月26日と27日、秋の例祭「尾張横須賀まつり」が行われました。 300年以上前から続く「尾張横須賀まつり」。 まつりの目玉となるのは愛宕神社南側で 行われる「大どんてん」です。 どんてんは、楫取と呼ばれる若衆が、 重さ5トンの山車を担ぎ、前輪を浮かせたまま 方向転換をするという力技です。 観客は、絢爛豪華な山車をまわす力技に 歓声をあげていました。

ムービーを見る

 

夜の船津神社大祭

東海市名和町にある、船津神社とその周辺で 26日と27日、「船津神社大祭」が行われました。 船津神社大祭は、江戸時代末期に 五穀豊穣、子孫繁栄を願い始まったもので 今日まで続いています。 初日の試楽の日には、提灯行列が行われました。 上名和、北脇、南脇の3つのまつり組が 高張り提灯などを持ち、太鼓や笛を演奏しながら 各まつり組の拠点から、船津神社まで歩き、集合するというものです。

ムービーを見る

 

迫力満点の駆け馬

東浦町にある村木神社で27日、 毎年恒例秋の「おまんと祭り」が開かれました。 500年ほど前から五穀豊穣と地域の安全祈願のため 行われてきた「おまんと祭り」。 東浦町では、町内5つの神社で毎年この時期に 順番に行われています。 この日は、高校生から20歳代の 若衆たちと、そのOB、およそ60人が参加し、 走る馬に次々と飛びついていきました。 訪れた人々は、馬の迫力と祭りの歴史を 肌で感じている様子でした。

ムービーを見る

 

思いをシャッターに切って

大府市勤労文化会館で、現在、 「大府市写真同好会」の第11回合同写真展が開かれています。 「大府市写真同好会」は、共長公民館で開かれた、 写真講座をきっかけに、その時の講師、 大島鈴男さんのもと、平成元年に結成されました。 現在は、共長、森岡、横根の3つの支部に 合わせて38人が所属。 11回目の今回は、地元の風景や 旅先で撮影した作品など41点が展示されました。

ムービーを見る

 

【9月25日】会長賞に選ばれました

知多市立旭南小学校が全国都市緑化あいちフェアの花壇デザインコンクールで会長賞を受賞しました。24日、報告のため朝日南小学校6年生2人が知多市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【9月25日】先輩に続け!

日本福祉大学東海キャンパスで24日、「先輩に続け!国際ボランティアに行こう!」と題されたJICA青年海外協力隊の説明会が開かれました。日本福祉大学では、これまで、103人の卒業生が青年海外協力隊に参加。現在も11人がカンボジアなどで活動しています。説明会は、学生達に国際ボランティアに興味を持ってもらい、世界各国で活躍している先輩達に続いてもらおうと、青年海外協力隊の募集が始まるこの時期に毎年行われています。今回は国際福祉開発学部の学生らが説明会に参加。青年海外協力隊の活動内容や、派遣されるまでの工程が説明されました。

ムービーを見る

 

【9月25日】交通安全に貢献

知多警察署で24日、「交通安全功労者および、交通安全奉仕顕彰の表彰伝達式」が行われました。これは、交通安全の推進活動に功労がある人や団体、また、自動車の模範的な運転をした人に対し、警察本部長、交通安全協会長が表彰を行うというものです。今年は、交通安全活動に貢献したとして、市内の個人、団体あわせて43人に、表彰状が手渡されました。

ムービーを見る

 

【9月24日】小さな落語家 登場!

大府市役所で小学生の子どもたちによる落語会が開かれました。大府市では、日本の伝統文化に親しんでもらうことを目的に、こども落語教室「大府の笑学校」を開いていて、今年で11年目を迎えます。対象は、大府市内に住む小学生で、今年は1年生から5年生までの11人が参加しました。教室の最終回には、練習の成果を発表する場として落語会を開いていて、この日は、子供たちが、順番に「けちべえさん」や「じゅげむ」などを披露しました。

ムービーを見る

 

【9月24日】東浦五ヶ村虫供養

東浦町森岡にある妙法寺で田畑の農作業で犠牲となった虫を供養する「東浦五ヶ村虫供養」が行われました。東浦五ヶ村虫供養は、毎年、秋の彼岸に行われる伝統行事です。知多市・常滑市・阿久比街の虫供養と共に「知多の虫供養」と呼ばれ、昭和58年に、愛知県の無形民俗文化財に指定されました。

ムービーを見る

 

【9月24日】もうすぐ船津神社大祭

今週末、東海市名和町にある船津神社で秋の祭り「船津神社大祭」が行われます。祭りを3日後に控えた子どもたちが、当日披露するお囃子の最後の練習に励みました。船津神社大祭は、江戸時代末期から続く秋の伝統行事で、方策を祝って行われます。祭りでは、空想上の生き物「猩猩」が竹の棒「バリン」を持って登場するほか、地元の子供たちが、お囃子を演奏しながら、地区内を練り歩きます。上名和・北脇・南脇の3つのまつり組みがあり3組あわせて、およそ200人の子供たちが参加しています。

ムービーを見る

 

【9月24日】温もり溢れる作品ズラリ

大府市の吉田公民館で、大府市を拠点に活動する絵手紙サークル「ゆりの会」の作品展が開かれています。3年前に結成された「ゆりの会」では毎年1回、会員の腕を披露する場を設けようと、吉田公民館で作品展を開いていて、今年は、およそ300点の力作が飾られました。

ムービーを見る

 

【9月23日】東海地区の頂点を目指して

大府市の至学館大学で東海地区28の大学生が出場する「第122回東海大学第37回東海学生新人バドミントン選手権大会」が開かれました。1部リーグには日本福祉大学東海キャンパスに通う大口さんが登場。今年4月の大会でシングルスで優勝し、この日も大差で勝利をつかみました。

ムービーを見る

 

【9月23日】多彩な音色に満たされて

大府市にあるおおぶ文化交流の杜アローブでカリブの輝きスティールパンコンサートが開かれました。このコンサートは日本各地で活動する団体「ワイワイ スティール バンド」が開いたものです。来場者はスティールパンの奏でる多彩な音色に聴き入っていました。

ムービーを見る

 

【9月23日】水彩画に魅せられて

東海市のしあわせ村で上野公民館で活動する水彩画グループ「上野水彩画クラブ」の作品展が開かれています。上野水彩画クラブには60歳代から91歳までの男女13人が所属しています。会場にはメンバーの力作33点が所狭しと並べられました。

ムービーを見る

 

【9月22日】初めての演奏会

知多市勤労文化会館で、知多市民オーケストラの第1回演奏会が開かれました。知多市民オーケストラは知多市勤労文化会館の自主事業として今年7月に発足した団体です。初めての演奏会となる今回は、ベートーヴェンの交響曲第3番「英雄」をはじめ、モーツァルトのオペラ曲などオーケストラファンに聞きなじみのある楽曲3曲が演奏されました。

ムービーを見る

 

【9月22日】シルバーフェスタ2015

東浦町文化センターで「来て、見て、遊べるシルバーフェスタ2015ひがしうら」と題されたいイベントが開かれました。このイベントは、東浦町を中心に活動しているボランティアグループ「チーム・にじ」が地域のつながり作りを目的に今回初めて開いたものです。イベントには、地域で活動する介護団体、体操教室、ボランティア団体などが参加。団体紹介や健康相談のコーナーなどシルバー世代にまつわるブースが並びました。

ムービーを見る

 

【9月22日】ミニバスケットボールで交流

東海市民体育館で「東海市ミニバスケットボール教室近郊大会」が開かれました。今回で5回目の開催となるミニバスケットボールの大会には東海市のチームのほか、大阪府や福井県など全国から16チームが参加しました。地元、東海市からは「東海市ミニバスケットボール教室」が参加。大会では、三重県伊勢市のチームと対戦し、交流を深めました。

ムービーを見る

 

【9月21日】ありがとうの気持ちを込めて

イオンモール東浦で、21日、オリジナルハンカチを作ろう、と題されたイベントが開かれました。このイベントは、敬老の日にあわせ、子供たちに、工作を楽しんでもらいながら、おじいちゃんおばあちゃんへのプレゼント作りに挑戦してもらおうと、今年初めて開かれました。

ムービーを見る

 

【9月21日】健康をPR!

東浦町にある、あいち健康プラザで、19日と20日の2日間、あいち県民健康祭が開かれました。このイベントは健康について考えるきっかけとなればと、毎年開かれているもので、あいち健康プラザが企画する中で、もっとも大きなイベントです。会場には様々なブースが並んだほか、ステージイベントや、認知症に関する講演などが行われました。

ムービーを見る

 

【9月21日】地域一丸で交通安全

今月21日から30日までは、秋の全国交通安全運動の期間です。これに先立ち18日、名鉄太田川駅前どんでん広場で、交通安全の啓発活動が行われました。この活動は秋の全国交通安全運動をPRしようと、知多メディアスネットワークと東海警察署が共催したものです。啓発活動の会場では、愛知県警察広報大使を務めるアイドルグループ「BOYS AND MEN」のメンバー3人によるクイズ大会が行われました。さらにこの日は東海警察署管内にある企業が、夕暮れ時から夜間にかけて、立哨活動を行いました。

ムービーを見る

 

【9月21日】世界中をきれいに

20日、大府市内にある池や川などの水辺で「クリーン・アップ・ザ・ワールドin大府」と題された清掃活動が行われました。クリーン・アップ・ザ・ワールドは1989年にオーストラリアで始まった清掃活動で、現在では、世界130カ国で取り組まれています。オーストラリアのポートフィリップ市と姉妹都市関係にある大府市も、毎年取り組みに参加していて、今年も4つの地区で、池や川沿いのゴミ拾いが行われました。

ムービーを見る

 

【9月18日】尾張横須賀まつりに向けて

東海市にある愛宕神社で9月26日と27日に開かれる「尾張横須賀まつり」を前にお囃子やからくりの練習が行われています。今年山車の先頭である出番車を務める「大門組」では小学1年生から中学3年生までのおよそ40人が練習に励んでいます。

ムービーを見る

 

【9月18日】知多市の歴史が学べる

知多市歴史民俗博物館で企画展「知多市のあゆみ」が開かれています。この企画展は今年市制45周年を迎える知多市の歴史を写真などで振り返りながら楽しんでもらおうと企画されたものです。会場には知多市に3つの村があった時代から現在に至るまでの写真108点と知多市が節目を迎えた際に作られた記念品など77点が並びます。

ムービーを見る

 

【9月18日】MID-FMマラソン大会

11月7日にあいち健康の森公園でマラソンとグルメが同時に楽しめるイベントが開かれます。

ムービーを見る

 

【9月17日】小学校でタブレットを使った授業

大府市内の全小中学校で授業に電子黒板やタブレット端末を取り入れた「ICT教育」が始まりました。これは児童が社会に適応していくために電子機器を使った情報活用能力を養うことを目的に今年の2学期から取り入れられました。児童はより意欲的に授業に取り組んでいる様子でした。

ムービーを見る

 

【9月17日】昔の暮らしを体験しよう

東浦町立緒川小学校で3年生の児童が昔の暮らしを体験しました。小学校では地元の老人会「緒川東楽会」のメンバーをゲストティーチャーとして招いています。この日は3年生の児童73人が七輪体験や鬼まんじゅうづくりなどを体験し世代を超えた交流を図っていました。

ムービーを見る

 

【9月17日】新たなごみ処理施設建設のために

知多市役所で14日東海市と知多市が共同で利用する新しいごみ処理施設の建設候補地に関する合意書の締結式が行われました。東海市と知多市では平成35年度の完成を目途とする新しいごみ処理施設の建設を進めています。

ムービーを見る

 

【9月16日】子どもたちの成長のために

9月16日(水) 知多半島をエリアとする「知多ブロック子ども会連絡協議会」主催の、年少リーダー研修会が、今月31日、知多市にある大智院で開かれました。年少リーダー研修会は、子どもたちに成長してもらおうと、毎年開かれていて、今年は知多市で開かれました。研修会には知多半島内のそれぞれの子ども会から代表の子どもとその親およそ60人が参加しました。

ムービーを見る

 

【9月16日】美しい歌声響かせて

知多市勤労文化会館で、13日、市内で活動するコーラスグループが出演する「マイシティコンサート」が開かれました。コンサートには、知多市文化協会第一部門に所属する10団体、あわせて180人ほどが出演しました。

ムービーを見る

 

【9月16日】30年の集大成

大府市勤労文化会館で現在、油絵の作品展が開かれています。作品展を開いているのは小島富江さんです。小島さんは30年前から絵を描き始め、毎年、大府市民美術展に出展するなど腕を磨いていきました。絵をを描き始めて30年目の記念として、友人の勧めにより個展を開くことになりました。会場には、静物画や風景画を中心に油絵47点が飾られています。

ムービーを見る

 

【9月15日】ウェルネスバレーフェスタ

大府市のあいち健康の森公園でウェルネスバレーフェスタが開かれました。イベントはおよそ1,000人が参加するサイクリング大会「おいなぁ、サイクリングin知多半島」を皮切りにスタートしました。ほかにも会場には市内の飲食店など31ブースが並びました。午後7時からはイベントの目玉企画である花火の打ち上げが行われました。

ムービーを見る

 

【9月15日】ジャンボ梨収穫始まる

大府市にある久野梨園で大府市の特産品ジャンボ梨「新高」の収穫が始まりました。新高は直径15センチほどの大きな梨で甘みが強く主に贈答用の果物として親しまれています。今年は春先に気温が低い日が続いたため数は少ないですが大きい梨が多いそうです。

ムービーを見る

 

【9月15日】ローグリーの全てを見せます

地元知多半島出身のアコースティックデュオ「ローグリー」が初のワンマンライブを行いました。ローグリーは知多市出身の橋川さんと半田市出身の久村さんの2人組で2011年に結成されました。訪れた観客およそ200人は大いに盛り上がっていました。

ムービーを見る

 

【9月14日】郵便局 オープン!

東海市大田町にある東海大田郵便局が新築移転され、14日、竣工式が行われました。東海市大田郵便局は昭和47年に大田町に建設され、長年にわたって地域住民に利用されてきましたが、建物の老朽化や建物内部が狭くなってきたことが懸念されていました。このほど名鉄太田川駅周辺の中心街整備にあわせ、旧局舎から南へ10mはなれた土地に移転されることとなり、ゴールデンウィーク明けの工事開始から、およそ4ヶ月でオープンを迎えました。

ムービーを見る

 

【9月14日】元気に長生き

大府市民体育館で12日、「平成27年度大府市敬老会」が行われました。大府市敬老会は9月第3月曜日の「敬老の日」にあわせ、市内の高齢者の長寿を祝おうと、毎年開かれているものです。参加対象者は大府市在住で、今年の12月31日までに70歳を迎える高齢者12,766人。会にはこのうちおよそ1,500人が出席しました。

ムービーを見る

 

【9月11日】海外派遣で成長しました

大府市役所で、夏休み期間中に行なわれた海外派遣事業の帰国報告会が行なわれました。 大府市では、毎年夏休み期間中に市内の中学生の有志を、 姉妹都市であるオーストラリアのポートフィリップ市などに派遣しています。 報告会では、参加した生徒一人一人が、 スライドに映る写真に合わせて海外派遣で学んだことや感じたことを報告しました。

ムービーを見る

 

【9月11日】大府の観光みやげ決定!

大府市役所で、大府市の観光みやげ推奨品を認定する選定会が開かれました。 この選定会は、2年に1度開かれていて 大府市観光協会や、観光協会に加盟する地元企業の社員などを選定委員に招き、 土産品を審査します。 今年は、初めて一般募集枠も設けられ、 4人の市民も審査に加わりました。

ムービーを見る

 

【9月11日】墨で描くモノクロ世界

東浦町文化センターで、水墨画の作品展が開かれています。 作品展を開いているのは、水墨画グループ「美墨会」です。 美墨会は、40歳代から92歳までの男女51人が所属していて 年に2回、春と秋に作品展を開いています。 会場には、墨のみで濃淡が描かれた風情のある風景画41点が飾られました。

ムービーを見る

 

【9月10日】十人桃色の文化祭

愛知県立桃陵高校とその敷地内にある半田養護学校桃花校舎で、「桃華祭&桃花祭」と題された文化祭が開かれました。文化祭は半田特別支援学校桃花校舎が10年前に設立されて以来、毎年合同で開かれています。

ムービーを見る

 

【9月10日】大きな絵に思いを込めて

東海市立文化センターで「三冬男 作品展 油彩・新作と特集 わたしの海上の森 回顧」が開かれています。会場には三さんが描いた最大160号サイズの大きな油彩画作品25点が並びます。

ムービーを見る

 

【9月10日】大人から子供まで楽しめる写真展

ラスパ太田川で「写真クラブ・優良課 鉄道写真展」が開かれています。この写真展は趣味で鉄道写真を撮っている写真クラブ・優良課の秋元隆良さんが開いたもので、東海道新幹線や名鉄電車などの写真がおよそ150点展示されています。

ムービーを見る

 

【9月10日】9月11日は警察相談の日

9月11日は警察相談の日です。警察相談がどういったものか警察署の方にお話を伺いました。知多警察署では警察相談の日をPRするために、駅構内の会談に張り紙をしたり、地域の電光掲示板に表示したりと広く警察相談を呼びかけています。

ムービーを見る

 

【9月9日】東海市と米沢市を繋ぐ友好の証

東海市大田町に今月10月にオープンする複合施設「ユウナル東海」に、東海市とその姉妹都市である山形県米沢市との友好のシンボルとなるブロンズ像が設置されました。この像は、細井平洲と上杉鷹山の再開の様子を表したもので、去年の9月には米沢市に同じ像が設置されました。この日は、雨の中での設置作業となりましたが、像の製作者工藤潔さんを始め、鈴木淳雄東海市長や市の職員らが見守る中、1体ずつ像が台座へとはめ込まれていきました。

ムービーを見る

 

【9月9日】今週末はウェルネスバレーフェスタ

9月13日、大府市にあるあいち健康の杜公園周辺でウェルネスバレーフェスタが開かれます。イベントについて、実行委員会の伊藤昌彦さんと梶本典史さんに見どころをききました。

ムービーを見る

 

【9月9日】色彩豊かな作品展

東海市にあるしあわせ村で、水彩画の作品展が開かれています。作品を展示しているのは、東海市立文化センターを拠点に活動する女性10人のグループ、水彩画「稲穂会」です。会場には、植物や果物、風景など、彩り豊かな作品50作品が所狭しと並べられました。

ムービーを見る

 

【9月9日】大府の美術ここにあり

大府市勤労文化会館で油彩画と水彩画の作品展「第24回大美展」が開かれています。この展示会は、絵画グループ「大美展」が毎年この時期に開いているものです。24回目を迎えた今回の展示会には、メンバーがこの1年の間に描いた油彩画と水彩画の作品48点が並びました。

ムービーを見る

 

新施設オープン

大府市や豊明市で、医療・居宅介護支援事業を展開している 「医療法人 利靖会」が大府市北崎町に、 医療介護複合施設「ヴィラ北崎」を開設しました。 今回完成した施設は、総敷地面積およそ3千坪 鉄筋コンクリート4階建ての建物の中には、 介護老人保健施設「キュア北崎」や 「前原整形外科 リハビリテーションクリニック」など 複数の医療介護施設があり、 総称して「ヴィラ北崎」と名付けられました。

ムービーを見る

 

世界平和を目指して

東海市立勤労センターで、 世界平和青年連合南愛知連合会が主催する サマーフェスティバルが開かれました。 知多半島地域をエリアとする南愛知連合会では、 地域との交流を図りながら、国際貢献活動を活発化させようと 去年12月のクリスマスイベントを皮切りに活動を進めてきました。 この日は、活動報告をはじめ、在日外国人との交流、 多文化交流の場になればと、東海市を会場に サマーフェスティバルを初開催しました。

ムービーを見る

 

笑顔あふれるまつり

知多市新知東町にある「ふれあいプラザ」で 「ふれあいプラザ祭」が開かれました。 あいにくの天気となりましたが、 模擬店などが並んだほか、射的やエアポリン、プラパン製作体験など たくさんの企画が用意され、多くの子供たちで賑わいました。 また、2階会議室では、公民館を利用する団体による 作品展示も行われました。 ホールではチアダンスチーム 「PEACH☆CHEERS」が登場し、華やかな衣装で ステージを彩りました。

ムービーを見る

 

【9月7日】ウォータークーラー贈呈式

大府市立吉田小学校に、このたびウォータークーラーが寄附されました。 これは、大府市の吉田小学校の評議員を務めた、花井博和さんの家族が贈ったものです。 花井さんは、大府市米田町で不動産業を営んでいて2005年から人権擁護委員を、 2007年から吉田小学校の評議員を務め、今年5月に、67歳で亡くなりました。 妻の世津子さんは、その姿を受け「学校に何か贈りたい」と、 いつでも冷たい水が飲めるウォータークーラー2台を寄附しました。

ムービーを見る

 

【9月7日】人気のからあげ集結!

名鉄太田川駅前どんでん広場で、東海地方の人気からあげ店18店舗が集まった「からあげ王選手権 太田川の戦い」が開かれました。 イベントでは金券を購入すると付いてくる投票券を一番美味しかったと思う店に投票し、得票数でグランプリを決めます。 訪れた人たちは、からあげを食べ比べて一票を投じていました。

ムービーを見る

 

【9月7日】憧れのステージを目指して

9月27日に開かれる、知多市制施行45周年記念「宝くじふるさとワクワク劇場in知多」の中で行われる 「ほのぼのコメディ劇場」の出演者を決める公開オーディションが開かれました。 「ほのぼのコメディ劇場」は、テレビ・舞台で人気の吉本新喜劇のメンバーと知多市民が共演するコメディ劇です。 オーディションには知多市や東海市などに住む4歳から70歳代までの19人が参加し、審査員にアピールしていました。

ムービーを見る

 

【9月7日】黄色いハンカチで安否確認

大府市石ヶ瀬自治区で、地域住民が参加する防災訓練が行われました。 訓練では、市職員による防災出前講座が行われたほか、初期消火訓練やAEDを使った救急蘇生法講習が行われました。 今年の訓練では、「黄色いハンカチ」を使った安否確認訓練が行われました。 これは大規模災害時に家族全員が無事の家庭は、門など目につくところに「黄色いハンカチ」を提示し、 より迅速な安否確認ができるよう導入したものです。 参加者は、防災への意識を高めた様子でした。

ムービーを見る

 

【9月4日】経営を学ぶ

大府商工会議所で 「新社会人学舎 滝谷経営塾」と題された セミナーが行われました。 大府商工会議所では、平成22年から毎年 市内の事業所で働く管理職や次期経営者候補の 人材育成を目的としたセミナーを開いています。 それぞれの回でテーマを設けていて、 4回目となったこの日は 「成果を達成するための方法と評価 モチベーションのありかた、 経営者の人格など」をテーマに開かれました。

ムービーを見る

 

【9月4日】セルフディフェンスを学ぶ

大府市立大東小学校で 自分を大切にするための授業 「セルフディフェンス講座」が行われました。 この講座は、子どもたちに いじめや虐待、不審者への対応など さまざまな事例に対して 自分を守るための具体的な知識や技能を学んでもらおうと 今回初めて行われたものです。

ムービーを見る

 

【9月4日】新舞子の夏の花火

知多市新舞子のブルーサンビーチで、 「第2回新舞子ビーチフェスティバル」が開かれました。 このイベントは新舞子の夏を盛り上げようと 企画されたもので、 去年から始まり、今回で2回目となります。 ステージでは、開会セレモニーをはじめ 地元アイドルやオーケストラ、知多市出身アーティストによる ミュージックイベントが行われました。

ムービーを見る

 

全国の舞台で優秀賞

知多市消防署の消防士 加藤弘樹さん22才が、 全国消防救助技術大会に出場し、 結果報告のため知多市役所を訪れました。 加藤さんは29.44秒を記録し、 優秀賞を獲得しました。

ムービーを見る

 

Be a smile!

大府市一屋町にある、 広川レディスクリニックで 交流会が開かれ、およそ20組の親子が参加しました。 交流会は、お母さんたちが楽しく子育てが できるためのサポートをしている 「大府あたたかい心を育てる会」が企画したものです。

ムービーを見る

 

太田川のどまつり 盛大に!

名古屋を中心として行われる 日本最大級の踊りの祭典、「にっぽんど真ん中祭り」 通称「どまつり」が県内各地で行われました。 3年前から地域会場の一つとなった 名鉄太田川駅前で行われ、42チームが 踊りを披露しました。

ムービーを見る

 

「梅」が市の花に

2日、知多市議会9月定例会が27日間の 会期で始まりました。 初日となるこの日は、議員らが 「梅子ポロシャツ」を着用し、会議を行いました。 これは、9月1日に知多市市制施行45周年を迎え、 市の花に新たに梅が加わったことを記念し、 今回初めて企画されたものです。

ムービーを見る

 

交通死亡事故をなくそう

東海警察署で、交通事故の抑止を目的とした 緊急出陣式が行われ、 パトカーや白バイ、青パトなどが 勢ぞろいしました。 式のあとには、職員らが見守る中、 白バイ、パトカー、青パト合わせて12台が 夕方のパトロールに出発しました。

ムービーを見る

 

子ども先生から学ぼう!

知多市立新知小学校で 小学生が先生となって授業を行う 「おいじゃあサマースクール」が開かれました。 小学校高学年の児童が先生となって、 「こんな授業あったらいいな」を自分たちの力で企画します。

ムービーを見る

 

写真と俳句のコラボレーション

知多市にある、 佐布里緑と花のふれあい公園の梅の館で 写真と俳句がコラボレーションした 「写真と俳句展」が開かれています。 知多市に住む前田健三さんと 林津喜枝さんによるもので、 前田さんが写真、林さんが俳句を担当し、 写真と俳句がセットで展示されています。

ムービーを見る

 

長い2学期が始まる

愛知県内ほとんどの公立小中学校では、 1日に2学期の始業式が行われました。 このうち882人の児童が通う 知多市立八幡小学校では、42日間の長い休みを終えた 児童が元気に登校しました。

ムービーを見る

 

大府市 市制45周年

大府市勤労文化会館で 大府市市制45周年記念式典が開かれました。 式典には久野孝保大府市長を始め、 大府市の関係者、市民およそ550人が出席しました。

ムービーを見る

 

知多市 市制45周年

知多市制45周年を記念する式典が 知多市勤労文化会館で執り行われました。 宮島壽男知多市長が式辞を述べ、 45周年を迎えた想いや、これからの まちづくりへの取り組みなどを話しました。

ムービーを見る

 

遂に発売!ウイスキー「知多」

アルコール飲料や清涼飲料水を製造、販売する 企業サントリーから11年ぶりとなる 新ブランドのウイスキーが登場しました。 その名もサントリーウイスキー「知多」

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ