HOME > mediasエリアニュース

 2018年08月 (41)
 2018年07月 (94)
 2018年06月 (79)
 2018年05月 (109)
 2018年04月 (93)
 2018年03月 (92)
 2018年02月 (93)
 2018年01月 (90)
 2017年12月 (93)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (81)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【2月28日】宣言文でいじめを撲滅

東海市芸術劇場で27日、第4回東海市子どものいじめ防止サミットが開かれました。このサミットは東海市が一昨年3月に「東海市子どものいじめ防止条例」を定めたことをきっかけに始まりました。

ムービーを見る

 

【2月28日】地域のまつり 大盛況!

東海市にある上名和公民館で25日、上名和公民館まつりが行なわれました。これは上名和町内会が毎年この時期に行なっているもので、今回で42回目になります。会場ではチャリティーバザーのほか、農産物、綿菓子、みたらし団子の販売が行なわれました。

ムービーを見る

 

【2月28日】おひなさまがズラリ

知多市歴史民俗博物館で毎年恒例のひなまつり展が開かれ、今年は江戸時代の錦絵なども紹介されています。会場には江戸時代から昭和にかけて作られたひな人形300体が展示されています。

ムービーを見る

 

【2月28日】一足早くひなまつり気分

大府市立若宮保育園で27日、おこしものづくりが行なわれました。これは園児と地域の高齢者がひなまつりのお供えもの「おこしもの」を一緒に作って交流しようと毎年この時期に行なわれているものです。

ムービーを見る

 

【2月28日】誰もが楽しめるコンサート

おおぶ文化交流の杜アローブで25日、大府市民吹奏楽団によるファミリーコンサート2018が開かれました。この日のコンサートではテレビゲームの挿入歌を演奏したほか、20世紀を代表するアメリカの作曲家ルロイ・アンダーソンの「タイプライター」を実際にタイプライターを使って演奏しました。

ムービーを見る

 

【2月27日】 高齢者の運転による事故のリスクと対策

交通事故や交通死亡事故は減少傾向にあるものの、75歳以上の高齢者が加害者となる事故は減っていないことが問題となっています。高齢ドライバーが事故を起こさないため、交通事故の原因と対策を紹介し、本人・そして家族ができることを考えます。

ムービーを見る

 

【2月27日】伝統芸能を楽しむ

知多市立八幡小学校に通う兄弟が全校生徒を前に伝統芸能「尾張万歳」を披露しました。披露したのは伝統芸能を受け継いでいこうと1年前から稽古に励んでいる松橋富宇多さんと梄さんです。2人は尾張万歳の一つ門付万歳を披露しました。

ムービーを見る

 

【2月27日】歌って楽しく食育学ぶ

子どもたちに食べることの大切さを知ってもらおうと24日、東浦食育の会が歌って学ぶ食育コンサートを開きました。小さな子どもを持つ親が子どもと一緒に楽しみながら学べるようにと、今回企画されました。

ムービーを見る

 

【2月26日】知多市議会 開会

平成30年第一回知多市議会定例会が、2月26日から3月22日までの 25日間の会期で始まりました。 初日をむかえた今日は、宮島知多市長の施政方針演説を行われました。

ムービーを見る

 

【2月26日】「不益便」で認知症・フレイル予防

認知症やフレイル予防について学ぶセミナーが国立長寿医療研究センターで行われました。

ムービーを見る

 

【2月26日】まいごの○○さんを探そう!

認知症の人を発見したときにどのように声掛けをするのかなど基礎的なことを学ぶイベントが開かれました。

ムービーを見る

 

【2月26日】どぶろく飲んで一年無病息災

大府市にある長草天神社で、どぶろくまつりが行われました。

ムービーを見る

 

【2月26日】化学を楽しく学ぼう

東海市立名和小学校で、化学を学ぶ出張授業が行われました。

ムービーを見る

 

【2月23日】自転車事故にご注意

自転車が歩行者に衝突する事故により、高額な損害賠償を負うケースが全国で相次いでいることなどを受け、大府市では今年1月に、交通安全条例の一部を改正しました。条例では、自転車損害賠償保険などへの加入を市民に促す項目が記載されています。これを受け22日には、JR大府駅で、条例と自転車の安全利用をPRする啓発活動が行われました。

ムービーを見る

 

【2月23日】みんなに優しいまちになるように

建物や日用品に取り入れられているユニバーサルデザインについての講座が22日、大府市石ヶ瀬会館で開かれました。この講座はユニバーサルデザインを学ぶことで、住みやすいまちづくりに役立ててもらいたいと、大府市社会福祉協議会が企画したものです。この日の講座には日本福祉大学の村井裕樹准教授が講師として招かれ、足でボタンを押せるエレベーターや、手が不自由でも使いやすい文防具などを紹介しました。

ムービーを見る

 

【2月23日】「夢のくるま」のモデルカーを贈呈

大府市役所で22日、夢のくるまコンテストでグランプリ及び準グランプリを受賞した2人の小学生に、夢のくるまのモデルカーが贈呈されました。このコンテストは子どもたちの自由な発想をいかして、モノづくりの楽しさを感じてもらおうと、大府市が毎年開いているものです。今回、969件の応募があり、豊田自動織機や大府市教育委員会の審査員らによって、グランプリなど、14の受賞作品が決まりました。このうち、グランプリと準グランプリの作品には、豊田自動織機長草工場のカーモデラ―が原画をもとにモデルカーを完成させました。

ムービーを見る

 

【2月23日】個性豊かな作品がずらり

東海市立文化センターで東海市の絵画造形教室「辻の会」の作品展が開かれています。17回目を迎えた今回は、油彩画や水彩画、パステル画のほか色とりどりの造形作品など合わせて200点以上が展示されています。

ムービーを見る

 

【2月23日】春の訪れ感じる盆梅展

東浦町文化センターで梅の盆栽を楽しむ「第3回東浦盆梅展」が開かれています。これは東浦町の盆栽愛好家グループ「相生梢風会」が企画したもので、会場には会員や有志の盆梅、合わせておよそ60点が展示されています。また、展示会の期間中毎日二回、地元のウクレレ演奏家「ウクレレしょうべい」さんによるミニライブも行われ、この日は昭和の歌謡曲などが披露されました。

ムービーを見る

 

【2月23日】開館9年目 20万人達成!

大府市にある市民活動センターコラビアで、開館しておよそ9年目で来館者20万人を達成しました。

ムービーを見る

 

【2月22日】子ども・子育て会議

東海市では市が策定した「子ども・子育て支援事業計画」に基づいた子育て事業が進められています。 この事業計画は5年ごとに策定されていますが、現在進められている事業計画が策定された平成27年以降、 女性の就労機会の増加により、保育を希望する人数が当初の見込みを上回っています。 市は事業計画の一部を修正し、学識経験者や市の保育関係者らで構成される「子ども・子育て会議」に報告 され、意見が交わされました。

ムービーを見る

 

【2月22日】助け合いの心を持つ

東浦町にある勤労福祉会館でコンビニエンスストアの従業員を対象にした 認知症サポーター養成講座が開かれました。 地域住民にとって身近なコンビにで働く従業員に 認知症に対する基礎知識を学んでもらうことで 地域の見守りを推進しようと初めて開かれました。

ムービーを見る

 

【2月22日】10年間の感謝を込めて

知多市立新田小学校で成人になる20歳の半分 10歳を迎えた4年生の児童を対象に 二分の一成人式が開かれました。 児童113人は生まれてからこれまでを振り返り 両親への感謝の気持ちを伝えました。

ムービーを見る

 

【2月22日】心を込めて作りました

東海市にある社会福祉法人さつき福祉会の 生活介護支援事業を行う「さくら」で 利用者の作品を展示した「さくら展」が開かれています。 この日は利用者がよさこいを楽しむ機会も設けられ 歌に合わせながら鳴子を鳴らし楽しんでいる様子でした。

ムービーを見る

 

【2月22日】楽しくアクセサリー作り

大府市にある柊山ガーデンで「カフェdeハンドメイド」と題された イベントが開かれました。 これは知多メディアスネットワークが発行するフリーペーパー 「ちたまるスタイル」の読者や広告掲載店舗に日頃の感謝を伝えることを 目的に企画したものです。 参加者は紙で作るバラのアクセサリー「ロザフィ」作りに挑戦しました。

ムービーを見る

 

【2月21日】誰もが安心して避難所で過ごせるように

19日、東海市では14箇所目となる福祉避難所の設置、運営に関する協定の締結式が東海市役所で行われました。今回協定を結ぶのは、東海市養父町の施設を運営するNPO法人「東海市在宅介護家事援助の会 ふれ愛」です。

ムービーを見る

 

【2月21日】巧妙な手口に騙されないで

イオンモール東浦で20日、サイバー犯罪被害防止啓発キャンペーンが行われました。これは「サイバー空間の脅威に立ち向かう社会全体の意識の向上」を目的に半田警察署と愛知県警察が合同で行ったものです。

ムービーを見る

 

【2月21日】目で耳で心で聴く

大府市にある横根公民館で18日、人間関係を良好に保つ傾聴入門講座が開かれました。これは市内の老人ホームを中心にボランティアを行っている「傾聴ボランティアおおぶ」が相手の話を遮らずに常に関心を持って耳を傾け続ける「傾聴」の重要性を多くの人に知ってもらおうと開いたものです。

ムービーを見る

 

【2月21日】はだしで遊んで育ち合おう

親子で一緒に遊び心と体を育てるイベントが18日、あいち健康プラザで開かれました。この催しは県内各地で活動するNPO法人「アイデアC体創協会」が創立20周年を記念して開いたものです。

ムービーを見る

 

【2月20日】お仕事を楽しく学ぼう!

名鉄太田川駅前のどんでん広場で「ドリームこども商店街」と題されたイベントが開かれました。これは子どもたちに職業体験をしてもらい、お金の大切さや社会の仕組みなどを学んでもらおうと4年前に始まりました。イベントではブースを運営している子どもたちが商品を買ってもらおうと大きな声で「いらっしゃいませ」と呼びかけていました。

ムービーを見る

 

【2月20日】良い夫婦・家庭を築くために

東海市芸術劇場で17日「我が家の家事・育児シェアを考えよう!○○家作戦会議」と題された講座が行われました。これは家事と仕事を両立させるために家庭内でどのようなことを話し合えば良いのか考えてもらおうと東海市が行ったものです。講師は育児休暇中の女性を支援する活動などしているNPO法人「Smiley Dream」の櫻井雅美さんが務めました。櫻井さんは夫婦で上手く家事を回す秘訣として「人には苦手なことやできないことを理解し、ちょうどいい分担を決めることです」と話しました。

ムービーを見る

 

【2月20日】地域の歴史を語り継いでいく

おおぶ文化交流の杜allobuで18日、「第14回ふるさと講座」が開かれました。これは大府市に関わる題材を地域住民に学んでもらうことを目的に2014年から行われています。今回の題材は「村木砦と日本鉄砲史」。郷土歴史家の廣江安彦さんが講師として招かれ、戦国時代に大府城を支配した水野氏が隣の東浦町で今川氏と戦った村木砦とその後の地理の変化について話しました。

ムービーを見る

 

【2月20日】大府市民に愛されて40周年

創立40周年を迎えた「大府ばやし・小唄保存会」の記念大会が18日、大府市勤労文化会館で開かれました。「大府ばやし・小唄保存会」は、大府市の伝統民踊「大府ばやし」「大府小唄」「大府音頭」を披露するグループで、現在はおよそ100人が活動しています。この日の記念大会では保存会のメンバーが郷土愛に満ちた演技で会場を魅了していました。

ムービーを見る

 

【2月19日】東浦町来年度予算案発表

東浦町役場で19日、平成30年度当初予算案が発表され、およそ149億円の一般会計予算を含む総額およそ233億円が計上されることになりました。

ムービーを見る

 

【2月19日】いざというときに備えて

下水を汲み上げるマンホールポンプの緊急時の操作法を学ぶ訓練が16日、大府市の職員を対象に行われました。訓練には下水道課の職員6人が参加して停電で動かなくなったポンプに発電機をつなぎ、稼動させる方法をポンプを管理している委託業者から学びました。

ムービーを見る

 

【2月19日】日常の不思議が物語に

知多市立中央図書館で17日、児童向けの絵本や童話を書いている、児童文学作家の富安陽子さんの講演会が行われました。これは知多市立中央図書館が年に数回企画しているものです。

ムービーを見る

 

【2月19日】寺を地域の集いの場に

知多市にある大興寺で17日、大興寺音楽祭&マルシェが開かれました。これは知多半島春の国際音楽祭知多市実行委員会が地域の賑わいづくりと、寺を身近な場所に感じてもらおうと毎年開催しているものです。

ムービーを見る

 

【2月19日】雛人形の今、昔

江戸時代から平成までの雛人形を集めた展示会が、東浦町うのはな館で開かれています。会場にはうのはな館が所蔵しているものや、個人が所有しているものなどおよそ50点が展示されています。

ムービーを見る

 

【2月16日】インフルエンザ 特徴と予防法

インフルエンザの流行が拡大しています。 今回は、大府市にある「やすい内科」の 安井 直 院長に、今年のインフルエンザウイルスの特徴と 効果的な予防法について伺いました。

ムービーを見る

 

【2月16日】認知症の人や家族をサポート

認知症の初期の段階から住民の支援をする 「認知症初期集中支援チーム」の取り組みが ほかの自治体に先駆けて東浦町で始まっています。 東浦町の支援チームはこれまでに34人の対象者を支援しています。 対象となる人は40歳以上の在宅者で これまでに認知症の診断を受けていない人 継続して医療サービスを受けていない人などです。

ムービーを見る

 

【2月16日】新しい土産で東浦町をPR

東浦町の新しい土産品を発掘し 推奨品を認定する選定会が開かれました。 これは東浦町観光協会が観光や産業の振興をはかるために 3年に1度開いています。 今回は出品された19品全てが 新しい東浦町観光みやげ品推奨品に認定されました。

ムービーを見る

 

【2月16日】学区のお年寄りと楽しく触れ合い

東浦町立緒川小学校の3年生の児童が 地域のお年寄りと楽しく触れ合う交流会を開きました。 この催しは東浦町社会福祉協議会が 緒川小学校に協力を呼びかけて実現しました。 児童たちは練習してきた楽器演奏やダンスを披露し 高齢者も笑顔で手拍子を送っていました。

ムービーを見る

 

【2月16日】桜いっぱいのまちを目指して

大府市内にある河川緑地で桜の植樹が行われました。 これは大府市内で造園業を営む近藤さんが 市内を様々な桜でいっぱいにしようと 毎年続けている取り組みで今年で22年目を迎えました。 植樹したのは全国各地の桜50種類71本です。 今回の植樹により全国にある「しだれ桜」全17種類が 大府市内に揃いました。

ムービーを見る

 

【2月15日】スラックライン世界一細江樹さん

幅5センチのベルトの上でアクロバティックな技を競う「スラックライン」で2017年9月に世界一になった東浦町の高校3年生、細江樹さんの新たな夢への挑戦と強さの秘密に迫ります。

ムービーを見る

 

【2月15日】高校生が研究成果を発表

東海商業高校で3年生の生徒による課題研究発表会が行われました。この発表会は3年生が取り組む商業科目「課題研究」で1年間学んだことを発表するものです。生徒達は工夫を凝らしたプレゼンで全校生徒に研究成果を発表しました。

ムービーを見る

 

【2月15日】独占禁止法について学ぼう

知多市立中部中学校の生徒たちが公正取引委員会の職員から独占禁止法について学びました。この教室は市場経済の仕組みや企業同士による競争の必要性を知ってもらおうと全国の高校や中学校で 開かれています。

ムービーを見る

 

【2月14日】イチゴ狩りのできる農場を目指して

去年9月知多市こうの巣でイチゴハウス栽培を始めた知多市在住の西尾知美さん。小学生の子どもを4人育てながら1反の土地で1人、日々試行錯誤を重ねながらイチゴを栽培しています。

ムービーを見る

 

【2月14日】避難所での即戦力育成のために

東海市立平洲小学校で13日防災学習が行われました。この授業は中学校への入学を前にした6年生に災害時、避難所の戦力になってのらおうと開かれたものです。

ムービーを見る

 

【2月14日】春の旬野菜 出荷始まる

日本一のフキの生産地である知多半島で、4日から春フキの出荷が始まりました。今年のフキは冷え込みや日照不測で収穫にやや遅れがありましたが、病害虫の被害もなく例年通り品質は良好ということです。

ムービーを見る

 

【2月14日】カーネーションの活用を見出して

知多半島内に多いときでおよそ20軒あったカーネーション生産農家。現在は14軒ほどに減少しました。JAあいち知多ではそんな地元のカーネーションのブランド力を高めようと、カーネーションを使ったインテリア商品の販売を始めました。

ムービーを見る

 

【2月14日】盤上で熱戦

知多メディアスネットワークで12日、毎年恒例となった囲碁大会が行われました。今年は知多半島北部の市町から囲碁愛好家84人が参加しました。

ムービーを見る

 

【2月13日】お互いを支え合う社会を

日常生活や災害時の住民同士の支え合いの在り方を学ぶことを目的とした研修会が、12日知多市勤労文化会館で開かれました。知多市では70ある自治会・町内会のうち67の地区で住民が地域の中で安心して暮らせる支援体制「あんしんとなり組」を行っています。

ムービーを見る

 

【2月13日】「はたらく」ことはおもしろい

知多市民体育館で11日、知多市まちづくり会議『あのひとの「はたらく」はなぜおもしろい』と題されたワークショップが開かれました。ワークショップには高校生から50歳代までのおよそ30人が参加しました。

ムービーを見る

 

【2月13日】地域でつくる芸能祭

大府市の吉田公民館で11日、第35回吉田まちづくり芸能祭が開かれました。この催しは吉田地区で活動している団体に日頃の成果を披露してもらおうと、毎年この時期に開いているものです。

ムービーを見る

 

【2月13日】梅の香りに包まれて

大府市の大倉公園で現在毎年恒例の「大府盆梅展」が開かれています。27回目となる今年は、樹齢30年を越えるものをはじめ、紅白の花をつけた大小様々な盆梅、およそ70点が会場に並びました。

ムービーを見る

 

【2月13日】地域の憩い バレンタインライブ

知多市にある南粕谷ハウスで12日、地元アーティストによるバレンタインライブが開かれ、地域の人たちが楽しい時間を過ごしました。出演したのは知多半島や三河地域で活動する「みなちゃんず」で懐かしの昭和歌謡などを中心に10曲ほど歌いました。

ムービーを見る

 

【2月12日】医療の視点で防災を考える

東海市の市民活動センターで10日、医療の視点から防災について考える講演会が開かれ、東海市の市民など100人ほどが参加しました。

ムービーを見る

 

【2月12日】仕事の仕組みと働く楽しみ

働いてお金を稼ぐ仕組みを体験する催し「Chitaドリームタウン」が10日と11日、知多市青少年会館で開かれました。この催しはこどものまちinちた実行委員会が開いたもので、小学1年生から中学校3年生までが対象となり、参加者はハローワークで仕事を探した後、働いて給料をもらいます。

ムービーを見る

 

【2月12日】大人も子どもも楽しく学べる

大府市立東山小学校で9日、地域住民や教員を対象とした「プログラミング」の体験会が行われました。これは2020年から全国の小学校で必修科目となる「プログラミング」の授業内容を教員や児童の保護者に知ってもらうことを目的に、大府市教育委員会が開いたものです。

ムービーを見る

 

【2月12日】スポーツで地域交流

地域住民がスポーツを通して交流を深めるイベント、スポーツフェスタいくじが10日、東浦町立生路小学校で行われました。このイベントは生路コミュニティ推進協議会が毎年開いていて、子どもから大人まで幅広い世代で交流を深めています。

ムービーを見る

 

【2月12日】梅の祭典始まる

知多市にある佐布里緑と花のふれあい公園で10日、毎年恒例の梅の祭典「第27回佐布里池梅まつり」が始まりました。開会初日となったこの日は、公園内にあるふれあい広場で開会式が行われました。

ムービーを見る

 

【2月9日】地元の応援 平昌に届け!

9日から始まった平昌オリンピックのフィギュアスケートと団体戦でペアに出場する東海市出身の木原龍一選手を応援するパブリックビューイングが東海市芸術劇場で開かれました。木原選手は難易度の高いトリプルルッツを決め自己ベストで8位となりました。

ムービーを見る

 

【2月9日】早咲きの菜の花

大府市一屋町にある早咲きの菜の花が見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【2月9日】もっとお店をPRしよう!

東浦町商工会で経営者などを対象にした販売促進セミナーが開かれました。この日、講師を務めたのは広告の印刷やデザインを手掛けている有限会社「P&T」代表の岡田政広さんです。岡田さんは「会社を売り込むためには、テレビや新聞など様々なメディアを活用することが大切だ」と話していました。

ムービーを見る

 

【2月9日】危険をリアルに感じる体験

東海市にある大同特殊鋼知多工場で「労災防止のための危険体感塾」が行われました。これは仕事をする上で安全への意識をより強く持ってもらおうと、東海商工会議所が行ったものです。危険体感塾では、大同特殊鋼で普段、危険体感塾の講師を務めている職員が、実際にあった事故の再現と原因、対策が解説されました。

ムービーを見る

 

【2月9日】狙いは「さっぱり美味しく」!

東浦町内の小中学校で児童が考えた献立が学校の給食として登場しました。児童が考えた献立は「ちりめんときゅうりのさっぱりあえ」です。児童たちは同級生が考えた献立を美味しそうに食べていました。

ムービーを見る

 

【2月9日】力を合わせてぺったん!

東海市立名和小学校で6日、餅つき大会が行われました。この餅つき大会は、日本の伝統文化を学んでもらうと共に、地域住民との交流を目的に行われていて、今回で7回目になります。児童らは大きな杵を両手で持ち、大人と協力しながら一生懸命、餅をついていました。

ムービーを見る

 

【2月8日】寒玉キャベツ

愛知県内で4番目のキャベツ出荷量を誇る大府市。この季節、葉が詰まり甘みを増したキャベツを「寒玉」と呼びます。そんな寒玉キャベツの出荷が現在行われています。大府市には、現在およそ50軒のキャベツ生産者がいて、この日はそのうち6軒の生産農家が朝8時から大府農営センターに寒玉キャベツを運び入れ、出荷作業を行いました。

ムービーを見る

 

【2月8日】フェンシングカウンターボード製作に係る感謝状贈呈式

今年8月にフェンシングのインターハイが知多市で行われます。この際使われるカウントダウンボードを製作した高校生へ感謝状が贈呈されました。

ムービーを見る

 

【2月8日】いざという時に備えて

知多市で5日、災害時における応急生活物資供給等の協力に関する協定締結式が行われました。知多市と協定を結んだのは市内に本社を構える試験機製造会社「東明工業株式会社」です。この協定により、東明工業株式会社が製作した強化段ボール製の簡易トイレや簡易ベッドが災害時に優先的に受け取ることができるようになります。

ムービーを見る

 

【2月8日】明治・昭和のひなまつり

大府市歴史民俗資料館で現在、「第9回歴史民俗資料館ひなまつり」と題された展示会が開かれています。会場には明治4年から昭和43年までの雛飾りや親王飾りなどが展示されています。

ムービーを見る

 

【2月8日】釜石の味をご賞味あれ

東海市観光物産プラザで現在、岩手県釜石市の物産品を取りそろえた釜石フェアが開かれています。

ムービーを見る

 

【2月7日】認知症カフェ〜地域の人の輪広がる〜

高齢化が進む日本は、2025年までに5人に1人が認知症になるといわれています。これを受けて国が設置を推進しているのが「認知症カフェ」。この地域でも自治体や医療機関などの公的機関はもちろん、NPO法人や社会福祉法人などの民間団体による認知症カフェも増えています。

ムービーを見る

 

【2月7日】将来を見つめるきかっけに

大府市役所で3日、認知症と在宅医療推進について考えるフォーラムが開かれました。大府市では現在、認知症の予防と支援、在宅医療の推進に取り組んでいてその活動の一環として行われたものです。

ムービーを見る

 

【2月7日】新しくなる医療の拠点

大府市にある国立長寿医療研究センターで5日、新しい外来棟が完成し記念式典が行われました。新しい外来棟は地上7階、地下1階で、延べ床面積はおよそ1万6200平方メートル。一般外来の各診療科を超えて総合的な治療に当たる「ロコモフレイルセンター」と「感覚器センター」を新設しました。

ムービーを見る

 

【2月7日】 芸能発表で楽しい一日

大府市の共長コミュニティの住民が楽器演奏やカラオケを披露する、第39回芸能祭が4日、大府市勤労文化会館で開かれました。芸能祭は毎年勤労文化会館で開催されていて、今年は保育園児から高齢者まで幅広い世代から33の団体が出演しました。

ムービーを見る

 

【2月6日】地域の商工業 発展のために

東海市の商工センターで5日、「商工会議所の賢い活用法」と題された講習会が行われました。これは、会員や非会員、新規事業者に向けて商工会議所の役割や活動を紹介し、商工会議所を活用してもらおうと、東海商工会議所組織情報委員会が企画しました。

ムービーを見る

 

【2月6日】ワールドカフェで世界に触れよう

北山公民館で4日、多国籍の若者が集まる交流会「ワールドカフェ、イン北山」が開かれました。この日は大府市で日本語教室などを開いている地域文化ネット「WKY」をナビゲーターに迎え、「世界・地域で自分を語ろう!」をテーマに行われました。

ムービーを見る

 

【2月6日】日頃の成果を披露

知多市勤労文化会館で4日、吟剣詩舞道・日本舞踊発表会が開かれました。およそ25年続くこの発表会は、知多市文化協会芸能第一部門に所属する団体が、日頃の練習の成果を発表する場として2月と7月の年に2回開かれています。

ムービーを見る

 

【2月6日】東海市の子供たちが芸能を披露

東海市内の子供たちが練習してきた芸能を披露する、第8回子ども芸能発表会が4日、東海市芸術劇場で開かれました。子供たちは学校の部活動や地域の祭り保存会、ダンス教室などで練習を重ねてきました。

ムービーを見る

 

【2月6日】校庭で熱気球体験

東浦町の生路小学校で3日、熱気球に乗る体験が行われ、児童200人ほどが参加しました。気球の体験を行ったのは東浦町に事務所を置く「はっぴーはーつバルーンクラブ」のメンバーです。児童は6人から8人ほどのグループに分かれて気球のゴンドラに乗りました。

ムービーを見る

 

【2月5日】輝く未来に向かってテイク・オフ!

航空会社「エアアジア・ジャパン」が、知多市立南粕谷小学校で、特別授業を開きました。授業では、客室乗務員が講師となり、教室を飛行機に見立てて、アジアの国々を巡りながら、就航先の言葉や文化を紹介していきました。

ムービーを見る

 

【2月5日】映画で大府の発展につなげる

来月3月16日から18日の3日間、大府市でショートフィルムフェスティバルが開かれます。これに向けて、審査委員長を務める鳥井邦男監督が大府市役所を訪れました。

ムービーを見る

 

【2月5日】恒例!大智院の節分豆まき

メガネ弘法として親しまれている知多市の大智院で、恒例の節分豆まき式が行われ、今年も大勢の人が福を招きました。

ムービーを見る

 

【2月5日】みんなで桜のある公園に

知多市の新舞子マリンパークで、桜の植樹を行うイベントが行われました。

ムービーを見る

 

【2月5日】どうして火は燃えるの?

知多市にある中部電力の知多電力館で、小学生を対象にしたサイエンスイベントが行われ、「なぜ火は燃えるのか」をテーマに、様々な実験が行われました。

ムービーを見る

 

【2月2日】 「佐布里」をPR その活動が認められる

知多市立佐布里小学校では、2年前から知多市佐布里でとれた佐布里梅と米を使った 起業体験を行っています。 6年生が佐布里梅をPRするアプリの開発を、5年生が佐布里梅と米を使った商品開発を進めてきました。 こうした活動が認められ、去年京都で行われた起業教育のコンテストで入賞しました。 その報告のため、代表児童が知多市役所へ訪れました。

ムービーを見る

 

【2月2日】まつりの魅力を伝えていく

知多市立岡田小学校で31日、岡田のまつりに関する体験学習が行われました。

ムービーを見る

 

【2月2日】節分の雰囲気を楽しんで

大府市にある石ヶ瀬会館で1日、大府ライオンズクラブが障がい者支援施設の利用者を招き 豆まきを楽しみました。

ムービーを見る

 

【2月2日】10周年記念の吊るしびな展

知多市にある八幡台集会所で現在、吊るしびなの展示会が開かれています。

ムービーを見る

 

【2月1日】スノーボードで平昌五輪に出場

東浦町北部中学校出身で、現在は阿久比町在住の國武大晃選手15歳が、今月9日に開幕する平昌オリンピックに出場します。これにともない1月31日、東浦町役場を訪れ神谷明彦町長に出場を報告しました。

ムービーを見る

 

【2月1日】瓢箪ストラップで交通安全PR

大府市にあるアピタ大府店で30日、交通安全啓発運動が行われました。これは大府愛瓢会が大府市を管轄する東海警察署などと一緒に行ったものです。

ムービーを見る

 

【2月1日】最高の演奏を目指して

大府市役所で1月31日、大府市在住の奥田明里さんが、去年出場したピアノ全国大会の結果報告のため岡村市長を訪問しました。今回奥田さんが出場したのは「第27回日本クラシック音楽コンクール」と「第11回ベーテン音楽コンクール」の2つの大会です。奥田さんは、「第11回ベーテン音楽コンクール」で5位入賞を果たしました。

ムービーを見る

 

【2月1日】鉄について知ろう!

東海市立横須賀小学校で、東海市に本社を構える愛知製鋼株式会社の出張授業「鉄の教室」が行われました。鉄の教室は2010年に愛知製鋼創立70周年の記念事業として始まったもので、今回で15回目の開催になります。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ