HOME > mediasエリアニュース

 2018年08月 (41)
 2018年07月 (94)
 2018年06月 (79)
 2018年05月 (109)
 2018年04月 (93)
 2018年03月 (92)
 2018年02月 (93)
 2018年01月 (90)
 2017年12月 (93)
 2017年11月 (103)
 2017年10月 (99)
 2017年09月 (86)
 2017年08月 (79)
 2017年07月 (90)
 2017年06月 (81)
 2017年05月 (95)
 2017年04月 (83)
 2017年03月 (94)
 2017年02月 (78)
 2017年01月 (74)
 2016年12月 (82)
 2016年11月 (90)
 2016年10月 (82)
 2016年09月 (80)
 2016年08月 (66)
 2016年07月 (71)
 2016年06月 (79)
 2016年05月 (80)
 2016年04月 (73)
 2016年03月 (65)
 2016年02月 (68)
 2016年01月 (52)
 2015年12月 (67)
 2015年11月 (74)
 2015年10月 (59)
 2015年09月 (75)
 2015年08月 (37)
 2015年07月 (75)
 2015年06月 (63)
 2015年05月 (65)
 2015年04月 (68)
 2015年03月 (66)
 2015年02月 (61)
 2015年01月 (65)
 2014年12月 (65)
 2014年11月 (63)
 2014年10月 (73)
 2014年09月 (66)
 2014年08月 (52)
 2014年07月 (66)
 2014年06月 (59)
 2014年05月 (65)
 2014年04月 (69)
 2014年03月 (67)
 2014年02月 (73)
 2014年01月 (71)
 2013年12月 (76)
 2013年11月 (75)
 2013年10月 (81)
 2013年09月 (74)
 2013年08月 (63)
 2013年07月 (88)
 2013年06月 (76)
 2013年05月 (81)
 2013年04月 (75)
 2013年03月 (81)
 2013年02月 (73)
 2013年01月 (72)
 2012年12月 (72)
 2012年11月 (76)
 2012年10月 (82)
 2012年09月 (72)
 2012年08月 (63)
 2012年07月 (77)
 2012年06月 (70)
 2012年05月 (80)
 2012年04月 (76)
 2012年03月 (78)
 2012年02月 (66)
 2012年01月 (64)
 2011年12月 (67)
 2011年11月 (84)
 2011年10月 (67)
情報募集! 番組表はこちら
検索キーワード:

【5月31日】知多海苔の美味しさを広める

知多市役所で、市内の小中学校に海苔を寄付したとして知多乾海苔問屋協同組合に感謝状が贈られました。 これは知多乾海苔問屋協同組合が6月19日の愛知を食べる学校給食の日に出される海苔8千食分を寄付したことに伴い贈られたものです。 知多半島周辺で採れた海苔が「知多海苔」と呼ばれ、生産量は時代とともに減少傾向にあるものの現在も生産が行われています。今回寄付された海苔は手巻き寿司用の海苔としてこども達に食べてもらうということです。

ムービーを見る

 

【5月31日】夢を持つことの大切さ

東海市立名和小学校で、サッカー国際主審でプロフェッショナルレフェリーの佐藤隆治さんによる講演が行われました。佐藤さんは阿久比町在住のサッカー国際主審で、6月14日から始まる「ロシアワールドカップ」の主審にも東アジアから唯一選ばれています。 自身の夢が実現したタイミングに合わせ、6年生142人に向けて「夢を持つことの大切さ」をテーマに話をしました。

ムービーを見る

 

【5月31日】施設の良さを知ってもらい

大府市にある追分デイサービスで日本の伝統工芸品一閑張りづくりが行われました。デイサービスの雰囲気や活動を市民にも知ってもらおうと今回初めて地域住民を招き開催されました。追分デイサービスでは、大府市在住の杉本純子さんを講師に迎え、16年前から施設利用者に一閑張りを教えてもらっています。今回の体験会は、杉本さんの提案により実施されました。

ムービーを見る

 

【5月31日】新作紙芝居ぜひ読んで!

おおぶ文化交流の杜図書館で現在、大府市在住の男性が制作した紙芝居の特設コーナーが設けられています。紙芝居を制作したのは大府市在住の絵本作家相羽正康さんです。すでに図書館で貸し出しされている自作の紙芝居33作品に加え、今回10作品を寄贈しました。

ムービーを見る

 

【5月30日】地元産レモンを生かして

東海市荒尾町にある障がい福祉サービス事業所「さつき」の利用者が製造・販売を手掛けるクッキーがあります。味は8種類と豊富ですが、その中の1つレモンクッキーが今年3月の新しく生まれ変わりました。

ムービーを見る

 

【5月30日】人権とは何かを考える

東浦町立西部中学校で28日、中学生人権サポーター委嘱式が行われました。町内の3つの中学校で毎年持ち回りでサポーターが選出され、今年は西部中学校の生徒9人に委嘱されました。

ムービーを見る

 

【5月30日】玉ねぎ、収穫しました!

大府市内の園児たちが29日、玉ねぎの収穫体験をしました。玉ねぎを育てたのは、大府市を拠点に農作物などを育てている「おおぶ楽農クラブ」のメンバーで、10年前から地元の園児や障がい者施設の利用者を招いて収穫体験を行っています。

ムービーを見る

 

【5月30日】中世のやきもの「山茶碗」を紐解く

大府市歴史民俗資料館で現在、企画展「中世山茶碗展」が開かれています。「山茶碗」は東海地方で大量に作られ、東海地方に限定して流通したとされる中世のやきものです。

ムービーを見る

 

【5月29日】皆を導く存在へ

今年2月大府第3団ボーイスカウト隊でボーイスカウトの進級過程の最高章「菊スカウト章」を取得した中学生が、28日岡村秀人大府市長を訪問しました。 菊スカウト章は、小学6年生から中学校3年生までが所属するボーイスカウト隊の活動の中でキャンプなどの技術が長けているほか、班長として優れたリーダーシップを発揮できるメンバーが取得できるものです。 大府市の石ヶ瀬小学校と吉田小学校の地区で活動するボーイスカウト大府第3団では今年、4人の中学生が取得しました。 菊スカウト章の取得は難しく、大府第3団の中では6年ぶりの取得で4人同時の取得は今回が初めてだと言います。

ムービーを見る

 

【5月29日】地域の健康をサポートするために

大府市にあるスギ薬局大府センターで、消費者や地域住民を対象にしたイベント「ウェルネスフェスタ」が開かれました。 会場にはスギ薬局が取り扱っている健康食品や飲料メーカーのブースが並び、担当者がサンプル品などを渡しながら、商品を紹介していました。 ステージでは健康をテーマにした体操の紹介が行われたほか、屋内では骨密度の測定や血管年齢測定などが行われ、多くの人が参加していました。 今後は各店舗でも健康チェックや健康講座を開催し、より地域に根差した薬局を目指していくとのことです。

ムービーを見る

 

【5月29日】大府の文化一堂に

大府市文化協会の会員の活動を披露する毎年恒例のイベント「文協まつり」が愛三文化会館で開かれました。 27日には、芸能祭が開かれ、民謡や和太鼓、ダンスなど52組がステージに上がりました。 それぞれの団体は大府市内の各公民館を拠点に活動していて、この芸能祭で日ごろの成果を披露しています。 このほか、会場では文化協会の会員が作った様々な作品が展示されました。

ムービーを見る

 

【5月29日】昭和歌謡を声高らかに

懐かしの昭和歌謡をみんなで歌おうというイベント「懐かしの歌声喫茶」が東浦町文化センターで開かれました。 およそ250人が集まり、生バンドの伴奏で青春を過ごした曲や当時大ヒットした歌など、25曲を声高らかに歌っていました。

ムービーを見る

 

【5月29日】ずらりと並ぶ1点もの小物

東浦町森岡にあるギャラリーカフェ「みんなのギャラリーWA」で現在、「手仕事のWA」と題された作品展が開かれています。 「手仕事のWA」は年に2回開かれている作品展で、ハンドメイド作品の展示と即売を行っています。 3回目の開催となる今回は、愛知県内で活動するハンドメイド作家13人が様々なジャンルの小物を出展しました。

ムービーを見る

 

【5月28日】町外から見る東浦町の魅力

26日、東浦町緒川に名城大学の学生が訪れ、景観調査を行いました。調査に訪れたのは、街の景観調査を行う都市情報学部都市情報学科 海道清信教授と古い建物が並ぶ街並みを調査する、理工学部建築学科 米澤貴紀助教授の研究室の3、4年生20人です。

ムービーを見る

 

【5月28日】地域を歩いて健康なカラダ

東海市にある富木島診療所が27日、患者や地域の人たちを対象に、ウォーキングイベントを開きました。富木島診療所では、地域の人たちに健康で長生きしてもらえるように、日ごろから健康講座やウォーキングを行っています。

ムービーを見る

 

【5月28日】市民活動を広めていくために

知多市緑町にある市民活動センターで25日「waiwai交流会」と題された講演会が開かれました。これは市民活動をしている団体や、市民活動に興味を持つ人が互いに交流し、情報の共有やネットワークづくりを応援するもので、10年前から行われています。

ムービーを見る

 

【5月28日】地域と笑顔で触れ合って

知多市障がい者活動センターやまもも第一で26日、すまいる☆まつりと題されたイベントが開かれました。このイベントは地域住民と施設利用者との交流を目的に、社会福祉法人知多福祉会に属するやまもも第一、やまもも第二、なごみ苑の3つの施設合同で開いているものです

ムービーを見る

 

【5月25日】いじめを未然に防ぐために

大府市立大府北中学校で24日、いじめ予防出張授業が行われ、2年生243人がいじめと人権について学びました。大府北中学校では、愛知県弁護士会に協力を仰ぎ、この授業を去年から行っています。授業では、「いじめと人権」をテーマに行われ、実際にあった「いじめ」の話を元に、いじめの原因や仕方がないものなのかどうかなど問いかけ、考えさせる場面もありました。

ムービーを見る

 

【5月25日】いち早く安全を確保するために

知多市南浜町にある出光興産愛知製油所で25日、南海トラフ地震などの災害が原因で原油タンクなどが火災を起こした際に使用する消火設備「大容量移動式泡放射システム」のお披露目会が行われました。「大容量移動式泡放射システム」は13万キロリットルタンクの火災まで対応でき、今回、出光興産は2基導入しました。企業単独での所有は国内で初めてとなります。

ムービーを見る

 

【5月25日】おいしく食べて健康に

市内の飲食店と協力して市民の野菜不足を解消しようと、知多市で平成27年から提供されている「野菜たっぷりヘルシーメニュー」。今年度は市内14店舗、19メニューが市の認定を受けました。

ムービーを見る

 

【5月25日】きれいな環境を市民の手で

JR大府駅周辺で22日、タバコのポイ捨てゼロ運動「幸せ拾い」と題された清掃活動が行われました。活動を主催したのは大府駅周辺で清掃活動を行うおおぶ禁煙パトロール隊です。パトロール隊は月に三回ほど清掃活動の日を設けてタバコの吸い殻などを拾いながら大府駅周辺の禁煙エリアの呼びかけを行っています。今回は市内のボランティアの他に、名古屋市や岐阜県恵那市など市外からの参加者も合わせておよそ30人が駅周辺で活動をアピールしながらゴミを拾いました。

ムービーを見る

 

【5月25日】色彩豊かな作品並ぶ

東海市立文化センターで「稲穂会 グループ展」が開かれています。現在10人が所属している稲穂会では年に二回作品展を開いていて、今回は合わせて50点が展示されました。作品展には身近な風景や植物の他に、今回共通テーマの「手」に関する作品が並んでいます。

ムービーを見る

 

【5月24日】高齢者を支えていくために

東浦町福祉課と東浦町社会福祉協議会が、地域の通いの場など高齢者の生活に役立つ情報を集約した冊子、「ひがしうらアクティブシニア応援ガイド助さん」を作成しました。

ムービーを見る

 

【5月24日】これまでの功績たたえて

大府市に住む市民3人が瑞宝単光章や藍綬褒章などの叙勲を受け、この報告のため21日大府市役所を訪問しました。瑞宝単光章を受章したのは、大府市芳川町に住む野田みや子さんと、共栄町に住む中村直子さんの2人です。また藍綬褒章を受章したのは、大府市米田町に住む早川和仁さんです。

ムービーを見る

 

【5月24日】通勤時の交通事故防止を呼びかけ

大府市に本社のある愛三工業が22日、通勤や通学途中の歩行者に交通事故防止を呼びかけました。参加したのは愛三工業の役員や社員、東海警察署、トラック協会の関係者など40人ほどです。

ムービーを見る

 

【5月24日】個性光る切り文字

大府市江端町にある幸齢ゆめハウスで、折り紙から文字をはさみで切り抜き色紙などに貼り付けた切り文字の作品展が開かれています。切り文字を作っているのは、大府市在住で重度の自閉症をもつ鈴置隆志さん49歳です。

ムービーを見る

 

【5月24日】思いが詰まった風景画

知多市新知にあるNPO法人ゆいの会で、油絵展が開かれています。この展示会を開いているのは、知多市在住の山口登さん90歳です、会場には山口さんが描いた国内やヨーロッパの風景が30点が飾られています。

ムービーを見る

 

【5月23日】絵双六から見る女性教育

絵双六は江戸時代後期から昭和初期にかけて流行した遊具で、1枚の紙の上に描かれたコマを巡るゲームで す。 絵双六にはその時代の風俗が描かれ、子どもたちへの教育目的にも使用されました。 その中でも明治時代の少女向け雑誌の付録として作られた絵双六は、女性のあるべき姿など当時の考え方が 反映されています。 遊び道具の絵双六から見える、女性教育を学びます。

ムービーを見る

 

【5月23日】空家問題を専門家と解決

全国的に増加している空家の対策を進めるため 大府市と愛知県宅地建物取引業協会が 「大府市における空家等対策の推進に関する協定」を締結しました。 大府市と協会は互いに協力し合い空家の所有者などからの 相談を受ける体制を整備するほかインターネットなどを利用して 空家の情報を発信し流通を促進することなどに取り組みます。

ムービーを見る

 

【5月23日】地域に定着したイベントに

東浦町勤労福祉会館でフリーマーケットと講座が楽しめるイベント 「第8回おだい市&東浦セミナー」が開かれました。 イベントを主催した「おだい市&東浦セミナー実行委員会」には 町内在住の主婦や定年を迎えた人など 幅広い世代が参加していて、どの世代にも楽しんでもらえる イベントを企画し開催しています。 今回はおよそ40店舗が並び22の講座が開講されました。

ムービーを見る

 

【5月23日】女子硬式野球チーム誕生

日本少年野球連盟、愛知県中央支部にこの春 初の女子中学生硬式野球チーム「愛知セントレアガールズ」が誕生しました。 選手は愛知県内在住の女子中学生5人。 知多半島内の企業のグラウンドを借り週に2回程度練習を行っています。

ムービーを見る

 

【5月23日】世代間交流が出来る居場所を

大府市にある大峯集会所でボランティア団体「マナビのWA」が 主催する寺子屋が開かれました。 学びの場を提供することを目的に行われたこの日は 市内在住の小中学生2人が参加。 コミュニケーションをとりやすい雰囲気をつくるため 始めに体を動かすゲームをしたあと 持ち込んだ教材のわからないところを大学生に教えてもらいました。

ムービーを見る

 

【5月22日】笑顔が溢れるイベント

大府市にある住宅展示場ウッド・ビレッジで20日、「第5回山車まつり」と題されたイベントが開かれました。春のイベントには毎年手づくりの山車「敏車」が登場しイベントを盛り上げます。

ムービーを見る

 

【5月22日】住民が力を合わせ運動会

大府市の吉田小学校で19日、今年で45回目を迎える吉田区民運動会が開かれました。主催した吉田まちづくり協議会は、地区の住民の交流の場にしようと、毎年運動会を開いています。

ムービーを見る

 

【5月22日】収穫を楽しみに

東浦町緒川にあるふれあい農園で19日、さつまいものつるさしが行われました。これは地域の人の交流の場を作ろうと、緒川コミュニティのふれあい部会が企画してもので、およそ30年前から続く地域に定着したイベントです。

ムービーを見る

 

【5月22日】市民の健康長寿を目指して

JR大府駅構内に新たにできた健康にぎわいステーションKURUTOおおぶで21日、講演会が開かれました。初めての開催となる今回は「健康長寿の秘訣」をテーマに講演が行われました。

ムービーを見る

 

【5月22日】皆と楽しく学習

知多市勤労文化会館で20日、NPO法人市民大学ちた塾の今年度前期開講式を兼ねた15周年感謝祭が開催されました。ちた塾は市民同士が学び教えながら、生涯学習を行うことが出来る市民大学で前期と後期の2回講座が開かれます。

ムービーを見る

 

【5月21日】アルコール依存症について考える

東浦町文化センターで20日、断酒について考える「知多中部断酒会結成30周年記念大会」が開かれました。大会でははじめに神谷明彦町長が挨拶に立ち「会員が幸せになるために断酒の誓いを続けていってほしい」と述べました。

ムービーを見る

 

【5月21日】「もったいない」で生まれたペコドレ!

知多市の特産品として知られる小さな玉ねぎペコロスを広く知ってもらおうと、市内にある企業がペコロスのドレッシングその名も「ペコドレ」を製品開発し、販売を行っています。

ムービーを見る

 

【5月21日】フレッシュな新社会人!

18日、知多市勤労文化会館で今年4月に知多市内の企業に入社した新社会人の歓迎会が開かれました。この歓迎会は、新社会人の新しい門出を祝うとともに、職場での活躍を願って知多市が毎年この時期に開いているものです。

ムービーを見る

 

【5月21日】色相で描く11の世界

東浦町緒川にあるカルチャーサロン「色彩空間 ラ・フランス」でカラーコーディネート講座を受講する3人の生徒による作品展が開かれています。会場には、色彩の知識を学ぶ上で基本となる10色やモノトーンをテーマに作られたコラージュ作品33点が飾られています。

ムービーを見る

 

【5月21日】天然石の美しさを見て

知多市にあるちっちゃな美術館ミュゼで現在、天然石のクラフトジュエリー展が開かれています。作品展を開いたのは岐阜県高山市在住の八木優子さんです。会場にはネックレスやブレスレット、ピアスなど200点以上のアクセサリーが展示されています。

ムービーを見る

 

【5月18日】「暮らしの保健室」がオープン

生活での困り事などを相談できる「暮らしの保健室」が16日、大府市にあるキョーワ薬局の中にオープンしました。「暮らしの保健室」は、医療や病気の予防法を学んだり、住民同士が交流したりと、気軽に立ち寄れる場所になっています。常設の「暮らしの保健室」は知多半島では大府市が初めてとなるそうで、事前予約をすれば管理栄養士や看護師が相談に応じるなど、多くの人に親しまれる場所にしていくとのことです。

ムービーを見る

 

【5月18日】ヤマホウシ見頃

知多市大興寺のヤマホウシが見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【5月18日】災害に備えて地域で確認

大府市では毎年5月にしない10ヵ所に設置されている災害対策支部の総点検を行っています。17日には東山公民館で共和東支部の総点検が行われました。この日は東山公民館に設置されている同報無線の点検と使い方の確認がされた後、地区内の危険個所を車で巡り、確認しました。参加した地域住民や災害対策支部の関係者は、災害時に備え、防災意識を高めた様子でした。

ムービーを見る

 

【5月18日】ゴミの量を減らすために

大府市立共和西小学校で17日、「環境学習出前講座」が開かれました。これは正しいごみの分別方法を学び、ごみの減量につなげようと大府市役所環境課が開いているもので、市内の小学校4年生を対象に毎年開催しています。この日は共和小学校4年生118人が講座を受講しました。児童たちは講座を通して、ごみの分別方法や、ほとんどのごみが資源として再利用できることなどを学びました。

ムービーを見る

 

【5月18日】ホタルを見てみよう

大府市立米田保育園で17日、ホタルの鑑賞会が行われました。これは大府市でヒメボタルの研究を行う深谷豊さんが企画したもので、毎年市内の保育園で鑑賞会を行っています。今年で30回目となる鑑賞会では、市内を流れる五箇村川周辺で採取したヒメボタルを鑑賞。園児たちはホタルの光や動きを見て、楽しみながらその生態を学んでいました。

ムービーを見る

 

【5月17日】家庭に水が届くまでを学ぶ

知多市立八幡小学校の4年生児童が、社会科授業の一環として知多浄水場を見学しました。

ムービーを見る

 

【5月17日】大田公園 バラ

大田公園のバラが、見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【5月17日】時刻表の見方を学ぶ

時刻表の見方を学びながら、鉄道や旅の魅力を感じてもらうサロンが開かれました。

ムービーを見る

 

【5月17日】美味しいお芋ができますように!

大府市立米田保育園の園児と、地域住民がさつまいもの苗を植えました。

ムービーを見る

 

【5月17日】キャンパスの隅から隅までちぎり絵で

東海市で活動するちぎり絵のグループ「ちぎり絵白美」の作品展が、東海市芸術劇場で開かれています。

ムービーを見る

 

【5月16日】今年度の活動に活かすため

東浦町で平成27年度から始まった東浦町パートナーシップ推進事業。昨年度、東浦町からの助成を受けて事業を行った団体の報告会が、東浦町勤労福祉会館で行われました。

ムービーを見る

 

【5月16日】東海市を食で盛り上げよう!

東海市富貴ノ台にある唐揚げ専門店「からあげ!ごっち」の店長甲斐淳一さんが、日本唐揚協会専務理事の八木?一郎とともに、活動報告のため市長を訪問しました。

ムービーを見る

 

【5月16日】全国の舞台を経験し

東海市役所で14日、サッカーの全国大会に出場した市内在住の中学生の報告会が行われました。報告に訪れたのは、名和中学校3年生の瀬川翔太さんです。

ムービーを見る

 

【5月16日】心のおもむくままに

東浦町森岡にあるみんなのギャラリーWAで、油彩画の作品展が開かれています。作品を出展しているのは、東浦町在住で全国規模の美術団体一線美術会に所属する、古川満春さんです。

ムービーを見る

 

【5月16日】独自の世界観を作品に

大府市の愛三文化会館で現在、古典絵と油彩画・フェルト作品の作品展が開かれています。古典絵を出展しているのは、名古屋市在住の古典絵作家 荒川夏朶さんです。一方フェルトを使った作品と油彩画を出展しているのは、岡崎市在住の山本和夫さんです。

ムービーを見る

 

【5月15日】楽しく運動を実践!

東浦町体育館では「子ども体育教室」が開かれています。テレビゲームの普及や生活習慣の変化など子ども達が体を動かす時間が減少していることが原因で\子ども達の体力不足と運動能力の低下が問題になっています。東浦町ではおよそ30年前から子ども達の体力向上を目的にこの教室が始まりました。

ムービーを見る

 

【5月15日】元浜公園 バラ見頃

東海市にある元浜公園のバラが見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【5月15日】園児がのびのび過ごせる場所に

大府市の荒池保育園の新園舎建設工事の起工式が行われました。荒池保育園では老朽化大作や地区の人口増加に伴う定員拡大を目的に新園舎の建設が予定され、来年3月から運用される予定です。

ムービーを見る

 

【5月15日】全国の舞台で頑張ります

競泳の全国大会に出場する竹内碧さんの激励会が東海市役所で行われました。竹内さんは第19回津田チャンピオンズカップに50メートル自由形に出場。標準記録を突破したため全国大会「JAPAN OPEN2018水泳競技大会」の出場を決めました。

ムービーを見る

 

【5月15日】安全安心のまちを目指して

東海市役所で平成30年度東海市防犯・青少年育成・交通安全大会が開かれました。これは地域や学校、企業の協力のもと交通事故のない、安全で快適なまちづくりを進めようと東海市がこの時期に開催しています。

ムービーを見る

 

【5月15日】ハンドメイド作品一堂に

東海市勤労センターでハンドメイドフェアー「MADE IN わたし」が開かれ多くの人で賑わいました。このイベントはものづくりを楽しむ人の作品を紹介する場になればと、およそ8年前から1年に2回開催され、今回で15回目となりました。

ムービーを見る

 

【5月14日】最期をお家で迎えるために

大府市民活動センターコラビアで、12日「お家で死にたい、在宅看取り」と題された講座が行われました。在宅看取りに興味のある人や実際に身近な人が在宅看取りを希望していて、対応に戸惑っている人など、およそ30人が参加しました。

ムービーを見る

 

【5月14日】旭公園 シャクヤク見頃

知多市旭公園のシャクヤクが見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【5月14日】1日を館内で楽しもう!

大府市にある愛三文化会館で12日、「おやこまつりwithキネコ映画祭」と題されたイベントが開かれました。このイベントは会館の中で1日を通して親子で楽しんでもらおうと、大府市と愛三文化会館が主催したものです。

ムービーを見る

 

【5月14日】「笑い」で健康に

大府市民活動センターコラビアで13日、「笑いヨガお楽しみ会」と題されたイベントが開かれました。「笑いヨガ」は1995年にインド人の医師が開発したエクササイズの一種です。

ムービーを見る

 

【5月14日】みんなで苗を植えたよ!

10日、大府市立共長保育園の年長園児30人が田植えを体験しました。これはJAあいち知多青年部大府地域のメンバーが、子供達に米作りを通して食べ物の大切さを感じて欲しいと企画されたものです。

ムービーを見る

 

【5月11日】ナイチンゲールの意思を胸に

愛知県内で2校のみとされる衛星看護科をもつ大府市の桃陵高校で10日、3年生生徒の戴帽式が行われました。戴帽式は実際の医療現場で本格的な看護の専門教育を受ける『成人看護臨地実習』を控えた生徒に看護を学ぶ意思や自覚、責任を再確認してもらおうと毎年行われています。今年は40人の生徒が看護師の象徴であるナースキャップを授かりました。

ムービーを見る

 

【5月11日】大きな声で元気に挨拶!

大府市内のほとんどの幼稚園や保育園、小中学校で10日、一斉挨拶運動が行われました。この挨拶運動は心身ともに健康で知恵と愛をもつ子どもを育てようと大府市が進めている「きらきら」の取り組みの一環として行われたものです。この日、大府小学校では校門や昇降口前に教員や地域住民、大府市のマスコットキャラクター「おぶちゃん」が立ち、登校する児童と挨拶を交わしました。

ムービーを見る

 

【5月11日】貴重な経験を報告

東海市で10日、市内の中学生による海外体験学習事業の報告会が開かれました。東海市は平成23年から中学生を対象とした海外体験学習事業を行っていて、オーストラリアなどに訪問しています。報告会では、生徒たちが現地で学んだ文化や感じたことを一人ずつ発表しました。

ムービーを見る

 

【5月11日】竹林と共存していくために

知多市にある佐布里緑と花のふれあい公園梅の館で「竹林づくり講座」が行われました。これは知多市の市民活動団体「知多竹林づくりの会」が主催となり、年間を通して行っているものです。会のメンバーは竹林づくりの講座や小学生向けの授業を通して自然の大切さを伝えています。この日は座学のほかに、竹林の整備を行いました。

ムービーを見る

 

【5月11日】夫婦2人の作品を展示

東海市名和町にあるギャラリートータクで11日、中尾彰秀さん、恵津子さん夫妻の2人展が開かれています。2人はそれぞれ陶芸と帽子の作家として活動しています。会場には「美濃焼」の皿や茶碗などの食器を中心とした陶器およそ60点と、様々な色の帽子が展示されています。

ムービーを見る

 

【5月10日】小学生がゲームをプログラム

2020年から小学校では、プログラミングの授業が必修化されます。それに先立ち、いち早くICT教育を取り入れている東山小学校で、6年生児童が低学年児童のためのゲームを作る授業が始まりました。

ムービーを見る

 

【5月10日】ブルーべり狩り まもなく始まる

全国でもいち早くブルーベリー狩りを楽しむことができる東浦町の外山農園で、今週末ブルーベリー狩りが始まります。今年の出来などを取材しました。

ムービーを見る

 

【5月10日】上野台公園カキツバタ 見頃

東海市にある上野台公園のカキツバタが見頃を迎えています。

ムービーを見る

 

【5月10日】心に残る風景を写真に

大府市にある二ツ池セレトナで、大府市内で活動する写真愛好家グループによる写真展が開かれています。

ムービーを見る

 

【5月10日】お洒落なハーバリウムで癒されよう

東浦町の緒川コミュニティセンターで、ハーバリウムを作る講座が開かれました。

ムービーを見る

 

【5月9日】ひらめきで発明!

大府市にある株式会社カワグチで愛知県内外の発明家が集う「アイデア大学」定例会が行われました。アイデア大学は大府市でおよそ20年前に開校した発明クラブです。現在は発明や発明したものを商品化することに興味のある、20歳代から70歳代まで35人が所属しています。

ムービーを見る

 

【5月9日】 長年の功績が認められ

旭日双光章を受章した、大府市在住の加藤満さんと、瑞宝双光章を受章した久野一弘さんが、報告のために岡村秀人大府市長を表敬訪問しました。

ムービーを見る

 

【5月9日】生命の尊さを学ぶ

大府市立大府北中学校で7日、生徒が赤ちゃんとふれあう「0歳児ふれあい体験学習」が行われました。この授業は命の尊さを学ぶとともに、赤ちゃんの体の発達に関する知識を深めてもらおうと3年生の家庭科の授業の一環として、平成26年度から毎年行われています。

ムービーを見る

 

【5月9日】おいしいお茶の入れ方 学ぶ

東浦町立緒川小学校で7日、5年生の児童を対象にしたお茶の入れ方を学ぶ授業が行われました。「日本茶の達人になっ茶おう」と題したこの日の授業では、始めに児童たちはお茶の作られ方について話を聞いたり、用意された9種類のお茶の葉の香りを楽しみました。

ムービーを見る

 

【5月9日】美しい歌声高らかに

知多市こども未来館で常滑市を拠点に活動する合唱グループ「カンダービレひまわり」による45周年記念コンサートが開かれました。

ムービーを見る

 

【5月8日】感染広がる「はしか」の脅威

愛知県内でも感染が確認され、全国的に感染が広がりつつある「はしか」。症状が悪化すると合併症を併発し、重篤な状態に陥ることもある「はしか」について医師に話を伺いました。

ムービーを見る

 

【5月8日】こどもの日は無料で楽しもう

東海市にある元浜公園パターゴルフ場では、毎年5月5日のこどもの日に合わせ、誰でも気軽に遊ぶことのできるように無料開放を行っています。

ムービーを見る

 

【5月8日】心に響く歌声を

知多半島内外で活動している6つの女声合唱団が、東海市で行われるコンサートに向けて練習に励んでいます。

ムービーを見る

 

【5月8日】於大の方の生涯を振り返る

東浦町郷土資料館うのはな館で現在、春の企画展「家康の母於大の方のものがたり」が開かれています。

ムービーを見る

 

【5月8日】豪華な山車 勢いよく海へ

5月3日、半田市亀崎地区で「亀崎潮干祭」が行われました。300年以上の歴史を持ち世界遺産にもなった伝統行事を見ようと、今年も多くの人が会場に詰め掛けました。

ムービーを見る

 

【5月7日】受動喫煙対策について

毎月7日はmedias健康デーとして、健康に関する話題を紹介しています。5月のテーマは「受動喫煙対策」。この地域の飲食店の受動喫煙対策や、自治体の取り組みについてご紹介します。

ムービーを見る

 

【5月7日】ナイチンゲールに誓いを

公立西知多看護専門学校で、臨床実習を控えた2年生の生徒による、宣誓式が行われました。

ムービーを見る

 

【5月7日】勤文が子ども天国に

知多市勤労文化会館で、こどもの日に合わせたイベントが行われました。

ムービーを見る

 

【5月7日】GWを親子で楽しく

東浦町にあるあいち健康プラザで、親子で楽しむイベントが開かれました。

ムービーを見る

 

【5月4日】若手注目選手 澤井簾選手

5月5日はこどもの日ということで今週のエリアニュースでは 日替わりで、若手の有望選手を紹介します。金曜日ラストを飾るのは知多市在住で現在、全国最多優勝を誇る中京大中京高校硬式野球部キャプテンの澤井簾選手です。澤井選手は6歳から野球をはじめ、地元のチームで頭角を現し、15歳の時には国際大会に日本代表として出場して見事優勝を果たしています。去年、甲子園出場を果たした澤井さんは3年生になった現在、左の強打者としてプロからも注目される選手となっています。

ムービーを見る

 

【5月4日】生ごみの堆肥化に挑戦!

大府市立共長小学校で1日、生ごみの減量を学ぶ授業が行われました。授業では大府市内の婦人会のメンバーで構成される「菜の花クラブ」が5年生の児童に段ボール箱を利用した生ごみ処理機を使い、肥作りを教えました。

ムービーを見る

 

【5月4日】端午の節句を慈雲寺で

知多市岡田にある慈雲寺で現在、「端午の節句」と題されたイベントが開かれています。イベントを企画したのは「知多市歴史民俗研究会」「岡田ゆめみたい」「岡田を知ろう会」の3団体からなる「二つの節句の会」です。会では伝統行事の見直しや継承を目的に3月の桃の節句と5月の端午の節句に合わせて、展示会を開いています。また地域のボランティアによる紙芝居や絵本の読み聞かせや子どもたちの紙兜づくりも行われました。

ムービーを見る

 

【5月4日】熊本へ心いっぱいの愛を

おおぶ文化交流の杜アローブで30日、熊本応援チャリティーコンサートが開かれました。このコンサートは東浦町を中心に活動している音楽グループ「夢風船」が主催したものです。イベントではコンサートのほかにバルーンアートのパフォーマンスもあり、来場者は楽しくて暖かいコンサートを堪能していました。

ムービーを見る

 

【5月3日】若手注目選手 久湊菜々選手

5月5日はこどもの日ということで今週のエリアニュースでは 日替わりで、若手の有望選手を紹介します。 木曜日は大府市のバドミントンクラブチームに所属する 「久湊菜々」選手です。 日本国内で行われる様々な大会で上位入賞を果たしている久湊選手は、昨年10月にベトナムで行われたアジア選手権のU-15日本代表として出場し、ダブルスで3位という成績を収めました。 今年4月には、U-16ジュニアナショナルチームのメンバー入りも果たし、世界での活躍がさらに期待されます。 オリンピックで躍動する久湊選手の姿を観られることを楽しみにしましょう。

ムービーを見る

 

【5月3日】誰もが安心して暮らせるように

東浦町にある東和荘デイサービスで第38回オレンジカフェこころ屋が 開かれました。 これは認知症の高齢者や介護している家族のための 少人数制カフェです。 今回は3周年記念として東浦町にある藤沢医院の藤沢院長を講師に招き 「防災と医療」と題した講演会が行われました。

ムービーを見る

 

【5月3日】寺院めぐって健康祈願

大府市で「花まつり大府市寺院めぐり」が行われました。 これは釈迦が誕生した旧暦の4月8日に行われる「潅仏会」、通称「花祭り」に合わせて 開かれているもので25年以上続いています。 24の寺院のうち、天性寺では健康祈願として ほうろく灸が体験できるということです。

ムービーを見る

 

【5月3日】いろんな形の健康楽しんで

おおぶ文化交流の杜アローブ内にあるカフェが主催する 大型マルシェが開かれました。 初めての開催となる今回のイベントには 食品の販売や整体、占いなど21団体が参加しました。

ムービーを見る

 

【5月2日】若手注目選手紹介 冨田猛瑠さん

今週1週間の日替わり特集「若手注目選手紹介」 水曜日は東海市出身の柔道選手「冨田猛瑠」さんです。 東海市民体育館を拠点とする東海市少年柔道教室に今年3月まで通っていた中学校1年生 冨田猛瑠選手。年中園児の頃に柔道をはじめ、多くの大会で好成績を収めてきました。今年4月からは、これまでに多くのオリンピック出場選手を輩出している東京都の国士舘中学校に進学し、柔道の鍛錬に励んでいます。友人や親元を離れ新たなステップへと進んだ冨田選手が今後目指すものとは・・・

ムービーを見る

 

【5月2日】夜カフェで地域の絆

東浦で活動しているNPO法人「絆」が運営する地域の交流施設「グリーン・ラソ」で月に1度の夜カフェが開催されました。夜カフェはシニア世代で外出が少なくなりがちな男性を対象にお酒を飲みながら楽しく過ごしてもらおうと企画され、この日が4回目の開催です。

ムービーを見る

 

【5月2日】一人ひとりを大切にする活動を

毎年5月は日本赤十字社が定める赤十字運動月間です。これに合わせてイトーヨーカドー知多店で赤十字の活動をPRするキャンペーンが行われました。

ムービーを見る

 

【5月2日】美しい旋律で観衆を魅了

名鉄尾張横須賀構内にある化粧品のニシマルヤで「ハ〜トフルコンサート」と題したピアノサロンが開かれました。このサロンは若手演奏家の演奏機会と地域の人たちへの憩いと癒しの場を提供し地域の賑わいを作ろうと年に6回定期的に開催しています。

ムービーを見る

 

【5月1日】若手注目選手 体操 石塚結士さん

将来活躍が期待されるこのエリアの若手選手を紹介しています。今日紹介するのは、東海市で体操に打ち込む将来有望なスーパーキッズ、石塚結士さんです。

ムービーを見る

 

【5月1日】きれいな花が咲くように心込めて

大府市立共和西小学校で29日、「明るい社会づくり運動知多地区推進協議会 大府地域」のメンバーらによるハナモモの木の植樹会が行われました。植樹会には、明るい社会づくり運動大府地域のメンバーのほか、共和西小学校の児童などおよそ40人が参加しました。

ムービーを見る

 

【5月1日】げんきの郷 ふれあいフェスにぎわう

大府市にあるげんきの郷で4月28日から5月6日まで、ふれあいフェスティバルが開かれていて、地元特産品の販売や高校生のパフォーマンスなどで盛り上がっています。

ムービーを見る

 

【5月1日】サッカーで思いやりの気持ち育んで

小学生5年生までの子どもを対象にしたサッカー大会、JCカップの知多地域の予選大会が4月28日、知多市運動公園ふれあい広場で開かれました。この大会は知多青年会議所が知多市をサッカーの盛んな街にしようと今回初めて開催しました。

ムービーを見る

 

【5月1日】大きく花咲くクレマチス

大府市の吉田公民館で現在、クレマチス展示会が開かれています。展示しているのは吉田公民館で月に1回活動する60歳代後半から90歳代前半のメンバー8人からなる花とみどりの会です。

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ