HOME > ちたまるある記

情報募集! 番組表はこちら

ちたまるある記2015年5月:みどりや

JR大府駅東口から歩いてすぐにある「みどりや」。 100年以上の歴史があるという みどりやさんは和菓子屋さんとして創業。 現在では、洋菓子も始め、長く地域の方に愛されています。そんな中、今回のおすすめ商品は和クレア。エクレア生地に大納言、カラメルクリームとコーヒークリームのハーモニー。和と洋の絶妙なコラボレーションが楽しめます。そして、お店にはカフェコーナーも併設。こだわりのブレンドコーヒーは、注文ごとに豆を挽き、ドリップした淹れたて。爽やかなゆずの香りが楽しめるゆずティー、ユジャロンは女性に人気だそうですよ〜。※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ちたまるある記2015年5月:麺家神明

大府高校近くにある麺家神明。屋台から創業したという麺家神明さんは、本格横浜家系ラーメンのお店。ランチタイムには、なんと漬け物の食べ放題サービスも。お店の一番人気はとんこつラーメン。濃厚でありながらさらっとした口当たりのスープは、横浜から直送された中太麺によく絡みます。そして次に人気なのが、黄金つけ麺。全粒粉を使った極太麺は、食物繊維たっぷりで女性にもオススメ。魚粉の入った濃厚なスープにつけて頂きます。そして締めには、残ったスープで作るチーズリゾット! 焼き石を投入し、スープを温め直し、ご飯とチーズを入れれば完成 大満足な一品です。※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ちたまるある記2015年5月:ローザンヌ

大府市江端町にある洋菓子のお店 ローザンヌ。 小さなお子さんにも安心安全なお菓子で主婦の方々を中心に人気のお店です。そんなローザンヌで人気なのが似顔絵デコレーションケーキ。 写真やデータを持ち込むと、世界でただ一つの、自分だけのケーキを作ってもらちゃいます。そしてご主人のおすすめは、「まったりショコラ」。 小麦粉を一切使用していないまったりショコラは、口溶け抜群の一品です。※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ちたまるある記2015年5月:キッチンnoeru (ノエル)

国道155線沿いにあるにあるキッチンノエル。 卵をつかった料理に絶大な自信を持つ街の洋食屋さんです。 おすすめメニューはとんかつパスタ。とんかつの下にはふんわり卵とスパイスのきいた特製ルー。パスタとの相性が抜群の一品です。 そして、オムレツライス。チキンライスの上には、ふわっふわ、トロットロのオムレツが!赤ワインの効いたデミグラスソースに絡めて頂けば、至福の時が訪れます。※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ちたまるある記2015年5月:お菓子の店きこり

国道155線から一本入った場所にある「お菓子の店 きこり」。 道路から見えるように設置されたショーケースが特徴です。お店のおすすめは純生ロールケーキ。素材の味を活かすために、バターを一切使用していません。卵本来の味を活かしたロールケーキは、ふわっふわで素朴な味わいです。※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ちたまるある記2015年5月:だんらん亭

げんきの郷の中にある和食レストラン だんらん亭。 地元で採れた旬のこだわり食材を、季節ごとの料理で楽しめるお店なんです。今回のおすすめは5月限定メニューのあなご重。 南知多で水揚げされたあなごを贅沢に使った味わい深い一品です。 ※2015年5月放送

ムービーを見る

 

ナビって店ちゃう2015年1月:五稜亭

かに海隻「五稜亭」は、北海道から直送している毛ガニを始め、ズワイガニやタラバガニを食べられるかに専門店。 料理と共に人気なのが、店内の雰囲気なんです! 個室には全て番地がふってあり、一部屋一部屋が一軒の家のような 演出が施してあります。※2015年1月放送

ムービーを見る

 

ナビって店ちゃう2015年1月:はるばる

イタリアミラノから直輸入した窯で焼くピッツァと鉄板メニューが楽しめるバル居酒屋「はるばる」。 人気のもっちり生地のナポリピッツァランチはミニサラダ、ドリンク、アイス付き!ピザのテイクアウトも好評です。※2015年1月放送

ムービーを見る

 

ナビって店ちゃう2015年1月:foxtail

半田街道沿いに去年11月下旬にオープンしたfox tail。店内には、雑貨はもちろん、メニュー看板から時計、インテリアまで、 いたるところに猫!猫!猫!雑貨好き、猫好きにはたまらない空間になっています。※2015年1月放送

ムービーを見る

 

ナビって店ちゃう2015年1月:novatann

通りから一本入った場所にオープンした「cafe Novatann」。 一歩お店に踏み込むと、昭和にタイムスリップしたような純和風の趣のある空間が広がります。 ランチで使う野菜は、誰でも安心して食べられるように、できるだけ地元の農家から仕入れた野菜を使っています。 ※2015年1月放送

ムービーを見る

 

戻る

ページトップへ